「国のトップを選ぶのは民衆」帰ってきたヒトラー じゅんさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

帰ってきたヒトラー

劇場公開日 2016年6月17日
全236件中、24件目を表示
  •  
映画レビューを書く

国のトップを選ぶのは民衆

忘れちゃいけない事実。国民が選んだ。国民にも責任の一端がある。日本の政治家は世論を気にして遠回しで遠慮がちな答弁や自分を良く見せようとカッコつけた演説しかしない。劇中のヒトラーは カメラの前でも過激な発言だろうとも堂々と演説している姿には素直に胸が熱くなったし当時彼を選んでしまった国民の気持ちも少なからずわかるような気がした。道化役に満足で?と問いにも「何の役でもいい。話を聞いてもらわなきゃ人の心をつかめない。道化役も喜んでやる」と言い切るシーンが心に残る。自分をもかえりみない姿勢は見習うべきだと思う。ヒトラー役は舞台俳優のオリバー・マサッチ だと言う事を忘れてしまうくらいヒトラーに似ててびっくり。

じゅん
さん / 2018年10月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 知的 難しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報