真田十勇士 インタビュー: 中村勘九郎&大島優子が明かす“若者からの目線”と“真田幸村が人気の理由”

ホーム > 作品情報 > 映画「真田十勇士」 > インタビュー > 中村勘九郎&大島優子が明かす“若者からの目線”と“真田幸村が人気の理由”
メニュー

真田十勇士

劇場公開日 2016年9月22日
2016年9月20日更新
画像1

中村勘九郎&大島優子が明かす“若者からの目線”と“真田幸村が人気の理由”

2014年に上演されて大ヒットした舞台を、演出を手掛けた堤幸彦監督が自ら映画化した「真田十勇士」が、9月22日から全国公開。舞台版に続いて主人公・猿飛佐助を演じた中村勘九郎と、佐助の幼なじみでくノ一の火垂を演じた大島優子が、新感覚エンターテインメント時代劇の見どころを語った。(取材・文/編集部、写真/堀弥生)

高視聴率を獲得しているNHK大河ドラマ「真田丸」を筆頭に、舞台、出版、ゲームなど、真田幸村にまつわる関連コンテンツが目白押しな今年は、まさに「真田イヤー」。勘九郎は「真田幸村は、どんな武将ランキングでも必ず上位に入ってくるじゃないですか。なんでそんなに人気があるんだろうなと思ってたんです。というのも、彼が活躍するのは大坂夏の陣だけ。なのにどうして?と思ったら、ゲームの『戦国BASARA』シリーズで(キャラクターとして登場して)人気なんですよね」と語り、従来の歴史、時代劇ファンだけではなく、若いファンからの視線を感じていると言う。「今回の映画は、幸村が評判とは違って実は腰抜けだったという設定ですが、真田幸村(の人気)は、(多方面からの)色々なものが重なって大きくなったというイメージなんですよね」。

若者の視線という意味では、「私自身、歴史ものは見る側としてあんまり得意じゃなかったんです。時代劇と聞くと敷居を高く感じてしまって、意気込まないと見られないという印象がありました」と明かした大島は、作品の“見やすさ”について感想を話す。「でもこの作品は、まったく意気込まなくてもすんなり入ってくるし、『嘘か真か分からない』というテーマ自体が現代社会にも言えてることだなと思ったんです。色んな便利なものや情報が飛び交いすぎて、どれが本当なのか分からない、歴史というものは今の人たちに通じるものがあって、すごく感情移入できる作品でしたから、老若男女問わず楽しんで見ていただけると思います」。

物語の舞台は、天下分け目の関ヶ原の戦いから14年後。実は運に恵まれただけの気弱な男だった真田幸村(加藤雅也)と運命的に出会った抜け忍の猿飛佐助が、同じく抜け忍仲間の霧隠才蔵(松坂桃李)と組んで「真田十勇士」を結成、幸村を名実共に天下一の武将に仕立て上げようとする姿をスペクタクルたっぷりに描く。

勘九郎と大島は初めての共演。撮影はストーリーの逆順で進められ、初めて現場で顔を合わせたのはクライマックスの撮影からだったという。「集中して、緊張感を漂わせないといけないシーンがいきなりでしたから、すごく密な時間でした」(勘九郎)、「勘九郎さんが全てを担っているなという印象でした。ムードメーカーとしてもそうだし、スタッフや共演者への気配りも全部やってらっしゃいましたし、弱音なんて吐かないですし、これが“座長”って言われる方なんだなと」(大島)。

勘九郎は「男だらけの現場でしたので、大島さんをみんなが欲してましたね。『今日は火垂は来ないのか』とか、『明日来るらしいぞ!』とか(笑)」と、紅一点の華やかさを持つ大島をたたえる。そして、「身体能力の高さしか(アピールできるものを)持ってないので、生かさざるを得ないです」と大島が謙そんするワイヤー・アクションについても、「火垂の登場シーンで、(壁に張り付いて)吹き矢を構えてるだけかと思ったら、良く見たら、ものすごく開脚してるんです。ピーン!って(笑)。ビックリしましたよ。そこからの、木の上を走るワイヤー・アクション。塀の上を飛び越えるのもそうだし、『闇の中から出てきて闇の中へ消えて』という(監督の)意味のわからない注文、すべてこなしてますからね」と絶賛を送る。

徳川家康(松平健)率いる20万人の軍勢に、わずかな兵で挑む真田幸村と十勇士たち。要塞「真田丸」の巨大セットが登場し、豪雨、炎、爆発にまみれる壮大なスペクタクルとアクションが大きな見どころだが、勘九郎は「火垂と壮介(伊武雅刀)だったり、淀殿(大竹しのぶ)と豊臣秀頼(永山絢斗)だったり、幸村と大助(望月歩)だったり、親子が結構出てくるんです。この親子の関係性・愛を見るのも、人間ドラマとしてとても素敵」とアピールする。「ドラマとしてもエンターテインメントとしても凝縮された映画になってると思いますので、小さい子からお年寄りまで楽しめると思います」。

そして大島は、「『男たるもの、こういうヤツになれ』という人ばかり。日本男児というものは本来はこういうものなんだろうなというのが伝わってきて、世の女性はすごくキュンキュンすると思います。勇ましい、格好いい、憧れるということがこの作品には存分に含まれているので、世の男性に『この作品を見て勉強してください』と言いたいですね。女性には、『この映画を見たら潤いますよ』って」と続けた。

関連コンテンツ

特集

ドラマ「真田丸」では描けない、次世代エンターテインメント時代劇!「真田イヤー」で増殖した《真田男子&女子》の“大本命”
特集

真田幸村に注目が集まる「真田イヤー」の大本命として、映画「真田十勇士」が9月22日に公開される。歴史・時代劇好きの年配にとどまらず、「真田男子/女子」と称される若者たちも巻き込んだ一大ブーム。映画でしか描けない大胆な発想と壮大なスケー...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全136件)
  • 名前負け 真田十勇士のタイトルに惹かれて観たものの、時代劇の荘厳さも無く、コメディとしても中途半端。役者も今ひとつパッとせず。 最初の10分は、楽しみに観に来た人を馬鹿にして、イラついた。 最後のカラ... ...続きを読む

    bunmei21 bunmei21さん  2018年9月30日 19:12  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 闘いの意味 色んな感情が混じり合い葛藤し合って、 戦う強さと格好良さ。 個人の自由<集団の利益 の時代の中で、 己の弱さを克服し、主君に忠誠し、命を散らす。 闘いの意味を知らされる作品。 ...続きを読む

    ayane ayaneさん  2018年6月23日 19:14  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 史実ではないのでエンタメとして ネタバレ! ...続きを読む

    やまま やままさん  2018年6月15日 21:42  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 来る 岡田准一&小松菜奈が初タッグ 中島哲也監督は怖い人?
  • インタビュー 斬、 池松壮亮&蒼井優“塚本晋也監督は真のインディペンデント作家”
  • インタビュー 鈴木家の嘘 「“家族”を改めて考えた」岸部一徳、野尻克己監督デビュー作で息子を亡くした父親を繊細に体現
インタビューの一覧を見る
Jobnavi