恋妻家宮本のレビュー・感想・評価

メニュー

恋妻家宮本

劇場公開日 2017年1月28日
98件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

優しさを持って夫と接していきたいと思いました。天海さんが、しっかり...

優しさを持って夫と接していきたいと思いました。天海さんが、しっかりものから とても可愛い人に思いました

kazu
kazuさん / 2018年4月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正しさと正しさはぶつかるが

優しさはぶつからない。逆に大きくなる。
暗夜行路を読んだほうがいいのかも
デニーズ
大衆酒場 竜ちゃん
眼鏡の菅野美穂が可愛い
50歳、一人息子が結婚して2人だけになった熟年夫婦
特に何もないのに離婚の危機を迎える
すっぴんの天海祐希は上戸彩を彷彿とさせる。
相武紗季も柳ゆり菜も佐津川愛美も女子高生も奥貫薫も早見あかりも女優陣が皆可愛い。
エンディングに皆で歌う吉田拓郎はやりすぎ
佐津川愛美が一番歌が上手いんじゃないだろうか

e
eさん / 2018年4月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Rising Sun🌄🌅の如くスーパーエレガントな映画でした!

阿部寛の演技がテルマエロマエなみに面白かった❗😆何度も観てしまいたくなる映画ですね!😊

ライジングサン竹
ライジングサン竹さん / 2018年3月10日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

優しい映画

「正しさと正しさはぶつかるけど、優しさと優しさはぶつからない。優しさが出会うともっと大きな優しさになる。」心に染みる。

Momo
Momoさん / 2018年2月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほっこり。50代向け。むしろ若者には見せたくない。年取ってから見る...

ほっこり。50代向け。むしろ若者には見せたくない。年取ってから見る権利を与えて欲しい。テロップの件とかエンディングの演出とかいろいろ言われてるけど、ダサさが良くないだけで、演出としてはありかなと。

ボケ山田ひろし
ボケ山田ひろしさん / 2018年1月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後に心温まる

原作は知らずに鑑賞。
エンドロールに心温まりました。

bru
bruさん / 2018年1月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作潰し

映画は見損なったけど、原作を読んで楽しみにしていたが、がっかりだ、三人の主要登場人物が宮本ひとりになり、面白さも三分の一だった。よくこれを外国映画祭によく出したものだ、多分ハク付のためだけだったんだろう、あきれるよ。「君の味噌汁が飲みたい」は夏目漱石の「月が青いですね、或いは綺麗ですね」から取ったんだろうけど元本を使った方が効果的だったろう。エンドタイトルのおちゃらけも感心しなかった。

kouhei1813
kouhei1813さん / 2018年1月8日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こいづま

夫(阿部寛)は中学教師、専業主婦の妻(天海祐希)との間に一人息子がいたが、結婚して家を出ていく。
夫婦だけの生活が始まり、互いの人生を振り返ることに。
この設定によく似た環境なので、面白く物悲しく観させてもらった。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年1月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正しいことより優しいこと

ほっこりするようないい映画。
宮本がおばあさんに「正しいことは大事なことだが、優しいことも大事。」
という、言葉が印象的。
ついつい正しいということを主張するあまり、人に対して優しい気持ちを忘れてしまっていないか考えた。

まお
まおさん / 2017年10月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい映画でした。 子育てを終えた後の夫婦の関係性。 忙しい日々を終...

いい映画でした。
子育てを終えた後の夫婦の関係性。
忙しい日々を終えて、これから二人きりというこの時期のほうが、相手を大切に思わないといけないのであろうなと思いました。
主人公のような役は本当に阿部寛、ハマリ役。
天海祐希演じる美代子がいじらしくて可愛かった。

最後のみんなで「今日までそして明日から」を歌う場面、なんか古めかしい感じがしたのですが、個人的には好きです。

minori
minoriさん / 2017年9月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夫婦の過渡期

うーむ。あまり深く考えることの無いテーマで日本人には疎いところかも。私はもっとうまく言える自信があるが( ^∀^)

神代もきかず竜田川
神代もきかず竜田川さん / 2017年8月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作に救われつつ

演出家の監督らしい遊び心を楽しむつもりで見れば、楽しめる作品。
私たち、なんで夫婦なんだっけ?と思ってる夫婦の会話のきっかけになる作品だから評価は高めです。

ぁぃか
ぁぃかさん / 2017年8月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正義はぶつかるけど、優しさはぶつからない

今の我が身には染みる作品。
こんな風にはうまくいかないかな…。

上みちる
上みちるさん / 2017年8月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テレビに於けるバラエティ的なノリを、ふんだんに仕掛けて来て違和感バ...

テレビに於けるバラエティ的なノリを、ふんだんに仕掛けて来て違和感バリバリなのだが、それが次第に良い具合に嵌って来る。
当然貶される要素は満載で、ダメな人は絶対に受け付け無いであろうのは容易に想像出来る。
しかしこれは良作ですね。しっかりとエンタメしています。

(2017年1月31日 TOHOシネマズ日本橋/スクリーン1)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2017年7月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

~「正しいことは大切。でも、優しいことはもっと大事なこと。」~

【賛否両論チェック】
賛:長年連れ添った妻に湧いた疑惑を巡り、心優しい主人公が空回りしながらも奮闘する姿が、微笑ましくて楽しい。夫婦愛をステキな角度から切り取った作品。
否:テロップや回想シーンを駆使した演出には、どうしても好き嫌いがありそうか。展開も以外と淡々としている印象。

 優柔不断でどん臭く、優しいだけが取り柄の主人公・宮本陽平が、長年連れ添った妻の離婚届を発見したことから巻き起こる疑心暗鬼の連続が、不謹慎ながらもおかしくて笑ってしまいます。
 同時に、中学教師でもある陽平のクラスの生徒の家庭問題と向き合う中で、少しだけ頼りがいのある教師へと成長していく姿も、何故か不思議とカッコよく見えてくるから、また面白いです(笑)。
 沢山笑って少しホロッとして、最後にはまた笑って爽やかな気分になれる、そんな作品です。家族やデートでも安心して観られる作品ですので、是非ご覧になってみて下さい。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2017年3月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう終わっちゃうかなぁ〜ノリで鑑賞記録にて

基本的には,何処かの色んなトレンディドラマの延長じゃないか❕なんて指摘は頷くと,後から語れる事
をわりと見受けた,がしかし、(キャスティングで観る自分として,天下?の阿部寛と天海祐希の全く恋愛感情全く無しの「お父さん,お母さん」とココ自然体?で呼び合おうとしている会話が、堪らなくいかしていた。

サクちゃん
サクちゃんさん / 2017年3月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一緒にご飯を食べる相手

熟年離婚の危機を回避するためあれこれ悩む話

「家政婦のミタ」などで一世を風靡した遊川監督の映画デビュー作。残念ながら自分はドラマを一切見ないのでどの程度凄いのか全く分からないのだが、なんか面白くて有名なんだよね程度の認識。

コメディーで熟年離婚の話と言えば「家族はつらいよ」が頭に浮かぶ。話が被ってしまうかと心配したが、本作は夫婦間の問題を二人で解決するし、主人公の生徒の問題などもあるで丸被りではなかった。

主人公の阿部寛が優柔不断でなんともイライラさせられる性格なのだが、話が進むにつれて自分を見つめなおし大きく成長する姿が心に響く。
振り返って見れば、ダメダメだったな、なんて思いながらも立派に家庭を作り子どもも結婚した。決してスカスカの人生ではない事、ただ生きてきただけではない事を再確認する。
そして決断と行動を行う。自分の人生にも少なからずそんな瞬間がくるだろうなと思った。
あるドキュメンタリー監督が「ドラマのない人なんて居ない」と言っていたのを思い出した。

妻の天海祐希はグイグイいく性格で、怖い所も優しい所もあるいいお母さんだった。
いまいち離婚届を書いた理由が呑み込めなかったが・・・

回想シーンや学校、生徒の家庭、料理教室、スケールはこじんまりとしていたが、一個人を取り巻く世界では十分すぎるほど詰め込んでいたように思う。
だが決して無駄がなく、上手く主人公の性格、立ち位置などを表現していた。何度も心の声が聞こえてきたので説明多可だと感じる人もいるかもしれないが、心の成長がテーマなのだからこの仕様もいいのではないだろうか。

生徒の家庭問題を解決するエピソードはなんとも重い設定だが、これもコミカルに表現していて、あまり鬱展開ではなかったので良かった。
ムードメーカーのドン、おせっかいメイミー、クラスに一人はいたよねって感じのキャラクター達。空元気でごまかす男子、大人びていて若干上から目線、小生意気な女子。大人の視点ならそれらもかわいいものだ。

物語は以外にも料理の力で解決していく流れなのだが、食は万国共通の言語だし胃袋を掴めば物事はいい方向に進む!いいまとめ方だし自分としては納得できた。
劇中、くどいほどの料理説明があるので正直、料理映画かよとツッコミたくなったが、ラストへの持って行き方含め王道でいい感じだ。
映画「シェフ 三ツ星フードレストラン始めました」のセリフで「うまい食事といい音楽があれば、それだけで人生は幸せだ」的なことをいっている。美味しい食事が心と体を癒し、前へ進む力をくれるのだなと思った。

主人公と妻はお互い長い間夫婦として接してきたが、まだまだ心の内は理解し合えていない、でも心を開ける信頼関係が培われていたのは確実だしお互い必要としい理解しあおうとする姿は感動的だった。

エンディングはまさかのキャスト全員で歌う珍しい構成。ミュージカル調の長回しとカメラワーク、最近だと「ラ・ラ・ランド」の冒頭のシーンの縮小版的な演出もなかなか面白かった。
両作品に接点はないと思うけども。

鑑賞前は期待していなかったし、若干斜に構えて見ていたが、鑑賞中はいつも間にか姿勢を正していた。
絶対見たほうがいいとは言えないし、最高だなんて事はないけど、意外な良作として記憶に残そうと思う。

劇中セリフより

「これからも君の作った味噌汁が飲みたい」

一日頑張るための燃料、愛こそ最高の調味料

ごはんは美味しく楽しく食べたいものです。

フリント
フリントさん / 2017年3月12日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ソファー

我が家のと同じだった。
そして、宮本夫も外見以外は私と酷似していた。
結婚には向いていない・・・
良い夫ではない・・・
良い親ではない・・・
良い教師にはなれなかった・・・
宮本夫の言った、正しいけど優しくない!
全部私だった。
駅での宮本妻の言葉が胸に刺さった。
後半は、涙が止まらなかった。
エンドロールが短すぎて、
涙を拭う時間が足りないほどだった。
身につまされた。
妻との関係を再構築しようと思えた。
子育てを終えかけた夫婦、必見の映画!

みみず
みみずさん / 2017年3月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  萌える 幸せ 泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

じんわり来たー。

夫婦共に名演、
独身主義な自分ですが、
こんな夫婦になりたいと
思わされました。

最後出演者が歌を繋ぐ所が
ツボでした。

Booちゃん。
Booちゃん。さん / 2017年3月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣けた

自分と重なるところもあり、行く末を考えた。笑いあり。泣けるところあり。

クリント
クリントさん / 2017年3月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

98件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi