劇場公開日 2016年12月3日

  • 予告編を見る

「“地方”という名の地獄めぐり」アズミ・ハルコは行方不明 バッハ。さんの映画レビュー(感想・評価)

3.073
8%
31%
40%
15%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5“地方”という名の地獄めぐり

2016年11月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

悲しい

夢も希望も見えない疲弊した社会のリアルを一地方の片隅から切り取っていて、地方出身者には「あるある」の連続。いまの日本は地獄だなと改めて思う。

箸にも棒にも掛からない平凡人たちのあがきの物語だが、視点が高みからではなく、作り手もキャラクターも同じ地べたであがいているように思えるのがいい。

本作の最もファンタジックな要素は男を襲撃して回る女子高生集団の存在で、30代の安曇春子が彼女らに突破口と希望を見出すのもわかるし、自分の年齢を思って踏みとどまるのもわかる(原作とは微妙に異なっている)。

女子高生らの暴走を象徴する劇中アニメが出てくるが、原作ではハッキリと映画『スプリング・ブレイカーズ』が名指しされている。あの映画のクソビッチたちに「どこまでも行け!」と喝采したくなる感覚が、この映画にも宿っていた。「Break on through to the other side」な快作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
バッハ。
「アズミ・ハルコは行方不明」のレビューを書く 「アズミ・ハルコは行方不明」のレビュー一覧へ(全73件)
「アズミ・ハルコは行方不明」の作品トップへ