「自分の不幸と親の関係」パリ3区の遺産相続人 Momokoさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

パリ3区の遺産相続人

劇場公開日 2015年11月14日
全13件中、9件目を表示
  •  
映画レビューを書く

自分の不幸と親の関係 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

同じ人の事なのに、関係が違うと全く違う人のように思われる事がある。
マティアスの父で、マティルダの恋人だった人はもう亡くなっている。その父の遺産を目当てにマティアスはパリにやってくる。
マティアスにとっては、子どもの自分を愛していたとは思えない父。母を不幸にした父。
マティルダにとっては、生涯の唯一人の愛する人。彼の妻よりも彼の事を知っていると思っている。しかし、マティルダは他の人との結婚を維持しつつ、約20年の関係を続けていた。

マティアスは3回離婚しているが、関係に正直に生きてきた。

この遺産を息子に託した父の意図は何?
マティルダがまだ生きているから、存命中に父と子はわかりあえなかったのか?

正直に生きるには対価が必要。
でも、人生は裏切らない。
一見、上手くいった?のかもしれないが、マティルダの知らない、次の世代で、血や涙が流されていた。

マティルダが進行に連れて、自分中心のふてぶてしい人に見えてきた。

Momoko
さん / 2016年1月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報