劇場公開日 2016年11月12日

  • 予告編を見る

この世界の片隅にのレビュー・感想・評価

4.3959
60%
32%
6%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全959件中、1~20件目を表示

5.0「描く」ことへのこだわりが革新的な映像表現を生んだ

AuVisさん
2016年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

楽しい

昭和の戦時の暮らしを描くアニメで、これほど新しい映像体験になるとは!郷愁、お涙頂戴のありがちな作品かと思いきや、当時を題材にした従来のアニメとは一線を画する傑作だ。

主人公すずは、描くことが大好きな女性。親に縁談を決められる時代、女性の自由意志がろくに認められない世界に、自分の存在を刻むかのように、目にしたものを絵に描く。すずが描く風景画は、時にアニメの中の実景を書き換える。その表現手法が新鮮だ。

小気味よい編集テンポも新味に貢献。市井の人々の生活を語るならゆるいペース配分もありだろう。だが、日常を淡々と、ごく短いカットで次々に描写を連ねる手法は、じっくりと共感することを拒むかのよう。しかし、物足りなさがあるからこそ、二度三度と観賞したくなる。

能年玲奈=のんの声の存在感も大きい。すずが「あまちゃん」のヒロインに通じる天然系キャラであることも、感情移入のしやすさに寄与している。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 53 件)
AuVis

5.0思い出すたびに涙が溢れてくる

2016年11月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

戦争の悲惨さを訴える従来の映画とはまるで違う。えも言われぬ幸福感、温かさを抱きしめながら、ふとこれはラブレターなのではないかと思った。あの時代を生き、必死に日常を耐え忍んだ人たち。それは観客一人一人にとって決して他人などではなく、誰もが世代をさかのぼればすぐに当人たちへと辿り着く。物心ついた頃には既にシワクチャだったおじいちゃん、おばあちゃんたち。彼らが初々しい少年や少女だった頃のことをこれまで考えたこともなかった。どんな風に成長し、新婚を迎え、戦火の中でどれほど大切なものを失い、そして新たに生まれた生命にどれほど希望を得たのか。すずさんの心の機微はきっと多くの日本人に共通していただろう。私の祖父祖母もとうに亡くなってしまったが、もっと当人から話を聞いておけばよかったと心が苦しくなる。だからこそ、こうしてこの映画へ足が向いてしまう。すずさんに会いたくてたまらなくなる。何度でも、何度でも。

コメントする
共感した! (共感した人 90 件)
ぐうたら

5.0観た人に語らせる力の凄まじさよ。

2016年11月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

知的

泣いた映画がいい映画とは思わないが、この映画は泣かせの演出はほぼないのに文字通り洟をすすりながら観た。自分は映画から入って原作を読んでまた映画を観た。原作ファンが映画の改変について物申したくなるのもわかる気がしたし、監督が原作カットしたプロットをあの手この手で行間やエンドクレジットに仕込んできたこだわりもわかった。

自分は映画単体で傑作だと信じているし、原作ファンもてんでダメなシロモノだったらこんなに反論や検証で盛り上がったりしなかっただろう。自分が思うことは、とにかく素晴らしい原作があり、映像でしかできない表現で映画化し、自分を含めた受け取った観客が平静ではいられないものができたということ。

言葉を尽くしても二時間強に込められたディテールを解析し切ることはできないし、エモーショナルな衝撃を説明することは不可能。ただこれほど繰り返し観て考える価値がある映画もないと断言しておきたい。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 64 件)
バッハ。

4.5リアルな表現はあまりないがとてもリアルに感じる素晴らしい映画

lanachamaさん
2020年1月4日
iPhoneアプリから投稿

私の親戚がいる、広島と呉が舞台の映画です。

この映画が公開された時、あまりリアルで残酷な表現が出てこない、悲しいが、健気に生きる美しい映画という評でした。実際そうです。が、とてもリアルに描かれてました。

ある程度原爆がどのような物が知らないと、さらっと描かれているのでリアルに感じないかもしれません。
親戚にいろいろ話を聞いたり、原爆資料館などで少々の知識があったため、これがあの現象だ!とかわかり、とてもリアルに感じました。

同級生のために絵を描いてあげるシーン、とても素敵でした。主人公の絵が好きで、景色がこんなふうに見えてるんだと。色鮮やかな時代から暗く危ない時代への移り変わりる表現が素晴らしい。

とてもよく考えられた、作り込まれた映画だと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lanachama

3.5戦争時代の厳しい時代でこその家族の大切さを描いた作品

2019年12月31日
スマートフォンから投稿

主人公の辿った人生を
物語るかのようにストーリーが
進んで行ってるのだと思います
解釈間違ってるかも(-、-;)

戦争が人々にもたらすのは苦しみばかりです
取り返しのつかない悲しみや
頑張って生きている事の虚しさなど
観ていてホントに悲しくなります

戦争で自分の人生において
大切にしていた物全てを失ってしまった
それなのに戦争に負けたという事実
いままでの苦しい生活や
取り戻すことの出来ない
失った大切なものはどうなるの?
一体何のために頑張って来たの?

ホントに虚しさと絶望的な気持ちになります

そして厳しい時代だからこそ
自分の事を見捨てずに
共に生きて行こうとしてくれる
家族の心の暖かさというものが
伝わって来ました
なんて心強いのかと
助けてくれる人が居るのは
素晴らしい事だと思いました

最後の方で母親を失った子供が
あまりにも悲しくて
死んだまま子供の手を握ってる
母親の姿があまりにも無念さを感じて
泣きました

こんな悲しい事があったなんて
出来るなら信じたくないです

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Sparking!!!

5.0高校で観て以来、今日のNHKで2度目の鑑賞。 本編の後に放送された...

ゆいさん
2019年12月28日
iPhoneアプリから投稿

高校で観て以来、今日のNHKで2度目の鑑賞。

本編の後に放送された番組でチラ見したが、悲惨な情景も死体がゴロゴロという描き方は避ける方針をとったようだ。観て戦争の話は嫌だ、目を背けたいとなる作品にはしたくないと。

火垂るの墓は、何回か観たけど高校生の時見てからはもう二度と観たくないと思った。この世界のは全く違う。十分悲しくて優しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆい

5.0戦争とは普通を壊すもの

kossyさん
2019年12月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 15 件)
kossy

5.0【反戦邦画映画の傑作。片渕須直監督の執念と、能年玲奈さん(のん)の優しく柔らかな声が戦争の愚かさ、虚しさ、残虐さを際立たせている。】

NOBUさん
2019年12月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

 能年玲奈さんの声の優しく、柔らかい声の素晴らしさ(敢えて、能年玲奈さんと記載する)がこの作品の大きな魅力であるのは、間違いないであろう。

 そして、こうの史世さんの絵柄を忠実に活かしつつ、戦争の愚かさ、虚しさ、残虐さを見事に表現した作品。

 昭和20年、広島・呉で18歳の心優しき少女、浦野すずが経験した出来事を優しい絵柄と能年さんの優しい声で、映し出す。

 <現代日本に住む者であれば、
 そして、きな臭い匂いが世界に充満している今だからこそ、しっかりと観ておきたい映画である。>

<2017年1月9日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

4.5妙な反戦思想がなくふつーの民間人の感覚

たまさん
2019年10月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

この作品の凄いところは、反戦厭戦といったメッセージ性を強く打ち出していない点にある。火垂るの墓より脂っこくない。ゆえに、左からも右からも支持されるのではないかなと。爆撃シーンですら美しい。
戦時下の一般民衆にとって、時には好戦的で、時には厭戦的。それが普通の人間なんだ、と教えてくれる作品。こんなアニメを日本は作れるんだ。いや、アニメのカテゴリを超えているかもしれない。いい作品を見た。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たま

4.0新しい感じの映画

nana3kaさん
2019年10月22日
iPhoneアプリから投稿

アニメーションと声がすごくマッチしててよかったです!やっぱりノンかわいい声❤️😇

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nana3ka

5.0また見たくなる

あきらさん
2019年10月8日
Androidアプリから投稿

主人公すずさんはぼーっとしてるって設定ですがそんなことなくて、しっかりしてるし、限られた食材、資源、環境の中で家族と生活していこうしていく前向きな姿に勇気をもらいました。
大事な人がいなくなるときもあったけど、それでも最後は笑顔でこれからも生きていく、今の時代にはないものがあるように見えました。
自然な、どこにでもありそうな家庭なのに、どこか惹かれていく作りについ見返したくなります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あきら

5.0世界の片隅で生きること

2019年10月2日
iPhoneアプリから投稿

どの時代であっても人は寄り添って助け合ってささやかな日常を大切に生きているんです。
傷つけあう必要など無いのに人は争うのでしょう、笑って過ごせる幸せを噛みしめるような映画でした。

明日からも頑張って生きていきます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おちとしひろ

5.0戦争映画

2019年9月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

アニメなのにリアリティがすごい。戦争が描かれているので、ところどころ恐ろしい恐怖を感じるところもあるけど、人間の描写が素晴らしかった。
素直に思ったことを口に出せない時代。それでも心の中身が伝わってくる。
この感覚って外国の人にどれくらい伝わるのかな。反対側の立場で戦っていたアメリカの人たちにも見てほしい。

そして、今敵対する国があるとして、その国を構成する人間たちは、国そのものとは違った印象なのかもしれない。
アメリカ人が知る日本兵と、日本に暮らす日本人は、同じ人間なのに、全く違う印象だったろう。今、日本とアメリカが友好的に暮らしているのは、中身はもともと同じような人間だったからだと思う。当時も今も。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
!みん猫

5.0観るたびに新しい気づきがあります

2019年9月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

名作です。
アニメという常識を超えた表現があり、またそれがアニメーションだからできた表現でもあります。

最近、やっと劇場へ30回目に行けました。
Blu-rayも買って何回も観たのに、劇場の音響で観たいんですね。

最初の頃は主人公のすずさんに、5回目~6回目は晴美さんに感情移入していましたが。
7回目以降は、径子さんのファンになりました。

原作漫画は、すずさんと、遊郭のリンさん、旦那の周作さんの話が軸なのですが。
映画はすずさんと、径子さんの話~本当の意味で、お嫁さんが家族になっていく話、といえるかもしれません。

この映画は行くたびに新しい気づきがあります。
また、タイムマシンでその時代に行って、すずさんと北条家の皆さんの生活恥からこっそりのぞかせていただくような感覚があります。
ですので、繰り返し鑑賞が楽しくて止まりません。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
コージィ日本犬

4.0いい映画でした

asaさん
2019年8月31日
PCから投稿

映画見てるな、いい映画見てるなという感じでした。どことなく火垂るの墓を見ているような感覚にもなりました。アニメーション、作画、表現方法、演出、脚本が絶妙でした。時々鉛筆、色鉛筆、絵画のような表現が緩急が聞いていてよかった。

戦争映画というと、いかにグロさを押し出すかというものが多いですが、この映画には美味しそうなご飯がたくさん出てきます。戦争の悲惨さよりも、そこに存在する人間を写している感じがとても良かったですね。

また主人公の絶妙な「ヌケ感」が今の時勢にあって、共感できる人が多かったようにも思います。

キャラ一人一人は今風の書き込みはないですが、あっさり書かれている割に、すごくキャラクターに魅力を感じました。首のかしげ方など、アニメーションがいい味を出しているのだと思いました。最近ではCGなどが多用されているなんかで、やっぱ作画って得も言われぬ魅力があるなと思いました。こりゃ人気出るわ。

一方で、世界的な視点で見ると、フランスなどではモダンな作画が受け入れられるだろうと思いましたが、全世界的に受け入れれる表現であるかといえばそうでもないでしょう。少しガラパゴスな作風ではあるなと思いましたが、個人的には4点。最高にいい映画だと思いました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa

4.0戦争はいけない

2019年8月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

戦争はいけない。こう思えただけでもこの映画に価値はあったと思う

今までこんな視点で戦争を考えたことはなかった。これから先も、戦争を考えた時に思い出すと思う

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
Daiki Sugiyama

3.0ドラマを先に見てたので、内容は知っていて見ました。 泣かせるための...

tomoさん
2019年8月18日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomo

3.5まずまず

Syuさん
2019年8月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Syu

4.5戦争は、何気ない、だけど、大切な毎日を奪う

うさぎさん
2019年8月18日
iPhoneアプリから投稿

戦争は、兵士たちの戦いだけではなく、
庶民の生活もまた戦いだった。

戦時下の物資も少なく、
辛く大変な毎日の中でも工夫を凝らして、
家族の毎日を守ろうとする、すず。

戦争映画にありがちな恐怖訴求はないけれど、
戦争に大切なものを奪われた悲しみ、
やるせなさが伝わってきます。

のんの優しい声とともに語られる
新しい戦争映画。
心深くに刻まれます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うさぎ

4.08月に観ると余計考えさせられる

こもえさん
2019年8月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

NHKの昨日の放送で二度目の鑑賞。

一回目より良かったなぁ。
これ観た後連続ドラマ化されたのを観ていたので、より深く内容を理解した上での鑑賞というのが大きかったな。

やはり映画は時間的な制約があるから仕方ないけど。

でも、すずさんはのん(能年玲奈)が演じたすずさんの方が好き。
のんびりと、ちょっと天然な性格がすごく表現されてた。

だから戦争によって奪われたいろんなものに対するすずさんの慟哭、悲しみが胸にきました。
戦争を遠くに感じていてもいつの間にかすぐ側に迫ってきてるという怖さも感じました。

8月に観ると余計考えさせられます。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
こもえ
「この世界の片隅に」の作品トップへ