この世界の片隅にのレビュー・感想・評価

この世界の片隅に

劇場公開日 2016年11月12日
922件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

「描く」ことへのこだわりが革新的な映像表現を生んだ

昭和の戦時の暮らしを描くアニメで、これほど新しい映像体験になるとは!郷愁、お涙頂戴のありがちな作品かと思いきや、当時を題材にした従来のアニメとは一線を画する傑作だ。

主人公すずは、描くことが大好きな女性。親に縁談を決められる時代、女性の自由意志がろくに認められない世界に、自分の存在を刻むかのように、目にしたものを絵に描く。すずが描く風景画は、時にアニメの中の実景を書き換える。その表現手法が新鮮だ。

小気味よい編集テンポも新味に貢献。市井の人々の生活を語るならゆるいペース配分もありだろう。だが、日常を淡々と、ごく短いカットで次々に描写を連ねる手法は、じっくりと共感することを拒むかのよう。しかし、物足りなさがあるからこそ、二度三度と観賞したくなる。

能年玲奈=のんの声の存在感も大きい。すずが「あまちゃん」のヒロインに通じる天然系キャラであることも、感情移入のしやすさに寄与している。

AuVis
AuVisさん / 2016年12月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 48 件)

思い出すたびに涙が溢れてくる

戦争の悲惨さを訴える従来の映画とはまるで違う。えも言われぬ幸福感、温かさを抱きしめながら、ふとこれはラブレターなのではないかと思った。あの時代を生き、必死に日常を耐え忍んだ人たち。それは観客一人一人にとって決して他人などではなく、誰もが世代をさかのぼればすぐに当人たちへと辿り着く。物心ついた頃には既にシワクチャだったおじいちゃん、おばあちゃんたち。彼らが初々しい少年や少女だった頃のことをこれまで考えたこともなかった。どんな風に成長し、新婚を迎え、戦火の中でどれほど大切なものを失い、そして新たに生まれた生命にどれほど希望を得たのか。すずさんの心の機微はきっと多くの日本人に共通していただろう。私の祖父祖母もとうに亡くなってしまったが、もっと当人から話を聞いておけばよかったと心が苦しくなる。だからこそ、こうしてこの映画へ足が向いてしまう。すずさんに会いたくてたまらなくなる。何度でも、何度でも。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 85 件)

観た人に語らせる力の凄まじさよ。

泣いた映画がいい映画とは思わないが、この映画は泣かせの演出はほぼないのに文字通り洟をすすりながら観た。自分は映画から入って原作を読んでまた映画を観た。原作ファンが映画の改変について物申したくなるのもわかる気がしたし、監督が原作カットしたプロットをあの手この手で行間やエンドクレジットに仕込んできたこだわりもわかった。

自分は映画単体で傑作だと信じているし、原作ファンもてんでダメなシロモノだったらこんなに反論や検証で盛り上がったりしなかっただろう。自分が思うことは、とにかく素晴らしい原作があり、映像でしかできない表現で映画化し、自分を含めた受け取った観客が平静ではいられないものができたということ。

言葉を尽くしても二時間強に込められたディテールを解析し切ることはできないし、エモーショナルな衝撃を説明することは不可能。ただこれほど繰り返し観て考える価値がある映画もないと断言しておきたい。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 60 件)

計り知れない明日への希望

生きる。
ただこれだけで努力まで有する時代。
しかし、この作品が描きたいのはそんな事ではない。
まだ見ぬ未来がこんなに平和でこんなにのほほんとしてるなんて、当時の彼等は知らない。
それでも今そこにある事実と、指で数えるほどの娯楽と、計り知れない明日への希望を持って前を向く。
何故なら私は生きているから。
完璧な作品です。

SUPER SNICKERS
SUPER SNICKERSさん / 2019年6月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

後世に伝えるべき名作

罪もない女性や子供まで無差別に殺傷した戦争の愚かさ恐ろしさを庶民の視点から描き、後世に伝えようとした貴重な作品、傑作である。日テレ、TBSと実写ドラマ化されたがアニメであれば原作漫画に寄り添い、親子で鑑賞し易いし目を覆う場面も工夫ができる。「のん」の声も主人公にぴったりだ。ただ、事務所との揉め事でメディアに圧力があったと聞くと今でも心無い人々がいる現実に落胆させられる。予算の関係で遊女のエピソードなどカットされたので完全版がリリースされたが私は本作の方がテーマに純化されていて良かったように思う。
絶望の中で希望の光を灯したエンディングのなんと素晴らしいことだろう、何度見ても涙が止められない・・。

odeonza
odeonzaさん / 2019年6月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

^_^

のんちゃんの
声が映画に
彩りを

.575
.575さん / 2019年5月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日常の美しさに気づく

戦争映画は、悲しい結末に向かっていくものとだと思い込んでいたので、2時間を通じて、重すぎる瞬間が無いことに驚いた。

もちろん、悲しい場面やストーリー、瞬間が無いわけではない。

ただ、それでも、すずさんを通じてみる世界は、なんだか美しくて。

厳しく、残酷な世界ではあるんだけども、日々の些細なこと、色んな機微を大切に生きていこうと思える。不思議な作品。

熱くるしいこと、語りすぎることは一切ない。ほんとに、ある人の日常を覗いている、というスタンスで物語はずっと進んでいく。

なのに、なのに、なぜか感動する。

大きな物語として語られがちな戦争だが、一瞬一瞬、それぞれの物語があるのだと思うと、胸が苦しくなる。

B29が飛来するシーンは、ホントに泣きそうにある。

ただ、日常にあることの幸せを見つめて、かみしめて、生きていきたいな、と思う。

何度も何度も見返して、新しい気づきをしたい。

生きること、日常を美しくとらえる気持ちを思い起こしたい。

おばけや
おばけやさん / 2019年5月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

工夫のカケラもない

原作のマンガが好きで観に行ったけど、残念なものでした。

ただ原作をアニメにしてみただけで、ストーリィにも絵にも、まるで工夫が見られず、メリハリがなくて退屈。
監督は作品を作るに当たって、戦時中の呉の町を調べたり、当時の食べ物を実際に作って食べたりしたらしいけど、もっと他に努力するべき事があったんじゃないかな。

Syouiti
Syouitiさん / 2019年5月5日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

永く後世に残したい日本アニメの秀作!

戦争の中の日常。
日に日に苦しくなっていく毎日をほのぼのと暖かく、明るく、逞ましく、生きていく、すずさん。
声優のん👍

kimi
kimiさん / 2019年5月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

一つ一つ大切なものを失っていく

そして、大切なものを見つけていく。
本当に悲しい世界の悲劇の中で生きていく大切さを教えてくれる作品。

そうたん
そうたんさん / 2019年5月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦争は無いほうが良いに決まっている ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

太平洋戦争を、一般の女性(すず)の視点から描(えが)いている作品。

本編となる物語は2つ。
(一)すず(主人公)が、江波(浦野家)から呉(北條家)へ嫁(とつ)いだ人生。
(二)太平洋戦争の始まりから終戦(玉音放送)までを描(えが)いている。

昭和ノスタルジーものでもあります。
18才のすずが、顔も知らない男性(4つ上の周作)の所へ嫁(とつ)いで行く話などは、昭和のノスタルジーを感じました。

戦争は人民を不幸にする。
「戦争は、
 出来れば無いほうが良いに決まっているよな~」
と正直に想いました。

不死鳥
不死鳥さん / 2019年4月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

★では表せない

エンターテイメントではなく一人の女性の人生でした。

そこにマルやバツを付けるように、評価を★で表すことは難しいのですが、0か100ならもちろん100です。

そう感じさせるくらい丁寧に描かれた映画。

感情移入しているのに俯瞰で主人公をみているような...
自分ではない別の時代の人生を、意識が乗り移ったように体験させてもらった気がします。

それが、ラスト5分で夢から覚めたように感情を揺さぶられ泣きました。
その子がその場を離れた心境が悲しすぎて、終わったあと自分の娘を抱きしめずにはいられなかった。

もしかしたら、感情移入せずに観る人にはつまらないかもしれないけど、それも間違いじゃない気がします。

誰だって自分の人生で精一杯。
それだけこの映画がリアルだということ。

色んな感想がありますが、観て感じてほしいです。

エンドロールのミニアニメまで目が離せなかったので、是非最後までどうぞ。

みかん
みかんさん / 2019年4月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本人にとって大切にすべき映画

徹底したルアリティの行き着く先はファンタジーだった!
想像していた内容とは違ったけど、心に残る作品でした。賛否が分かれると思いますが、まずは観て欲しいです。

babydoll
babydollさん / 2019年4月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても素晴らしい映画です

「この世界の片隅に」からしか感じられなかった世界観。住民の視点から描いたこの作品は、戦争の過酷さ、悲しみ、苦しみ、そんな心底なにもない世界でたくましく生きて行く人たちの強さと優しさを十分に伝えられて、数多くの戦争映画やドキュメンタリーを観てきた当方からしても新鮮な気持ちでこの映画を観ることができました(同じ日本人であっても何か大きく違う日本人像。今はもう、元号をも変わっていくこの時代で昭和の時代がさらに過去のものへも移り変わっていく。昭和生まれのわたしからしたら良くも悪くもこの世界の変動をどのように感じていくのか)。

主人公のスズさんの考え方や言葉に現代の感覚にはないハッとさせられるものがいくつかありました。大変素晴らしい感覚と考え方、貧しい世界を生き抜く力。
実際にわたしはこの時代にも広島にも住んだことはないけれど、少しでも当時のことを感じることができたのではないのかと思う。
戦争は行われてはいけないものであり、思い出したくもない醜い過去ではあったのかもしれないけども、その戦争に負けた時の苦しい気持ちというのは忘れてはいけないとものだと。凛とした気持ちになります。
そんな強い心を持忘れないで生きたい。

まとまってないけど、以上になります。

ぽじのふ
ぽじのふさん / 2019年4月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すず=のん

の声がいい味だしている。

何か地道に力強く生きている人々、本の少し前の日本人の生き方が、とても新鮮で幸せそうに見える。

REpower
REpowerさん / 2019年3月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦争は絶対にいけない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アマゾンプライムで鑑賞。

広島で暮らすおっとりの女の子のすずさんのお話。

あるところで出会う男性と出会い結婚する。

結婚してから広島市から呉に移る。

呉で暮らす旦那さんの家族と住む。

旦那さんのお姉さんの子供と一緒にいるときに子供が不発弾に巻き込まれて死んでしまう。

そこから自分を悔やんでしまう。

腕も無くしてしまう。

戦争では結局負けてしまう。

玉音放送が流れる。

何のための戦争だったのか?

戦争はやってはいけない。

30代の嘆き
30代の嘆きさん / 2019年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい

3回鑑賞。

何度観てもいいぞ。

日高雄介
日高雄介さん / 2019年2月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

豊かさ

こんな境遇の中でこそ、物ではなく心の豊かさを持っているすずに心を動かされた。

きゃな
きゃなさん / 2019年2月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

幸せは日常の中に必ず存在する

それを人々は懸命に探してゆく
それはどんな時代でもかわらないことである

挫折を経験して人は強くなれる、希望が見えてくる

これらを教えてくれた作品がたまたま戦争映画だった。たったそれだけのこと。

小さくも深いメッセージが
この世界の片隅に示されている

もに
もにさん / 2019年2月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

大傑作、見れて幸せ

数少ない原作忠実で映画表現により強化された作品。個人的には原作より好き。火垂るの墓のアニメを超える歴史的作品。

momiage
momiageさん / 2019年1月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

922件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報