この世界の片隅にのレビュー・感想・評価

この世界の片隅に

劇場公開日 2016年11月12日
880件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

「描く」ことへのこだわりが革新的な映像表現を生んだ

昭和の戦時の暮らしを描くアニメで、これほど新しい映像体験になるとは!郷愁、お涙頂戴のありがちな作品かと思いきや、当時を題材にした従来のアニメとは一線を画する傑作だ。

主人公すずは、描くことが大好きな女性。親に縁談を決められる時代、女性の自由意志がろくに認められない世界に、自分の存在を刻むかのように、目にしたものを絵に描く。すずが描く風景画は、時にアニメの中の実景を書き換える。その表現手法が新鮮だ。

小気味よい編集テンポも新味に貢献。市井の人々の生活を語るならゆるいペース配分もありだろう。だが、日常を淡々と、ごく短いカットで次々に描写を連ねる手法は、じっくりと共感することを拒むかのよう。しかし、物足りなさがあるからこそ、二度三度と観賞したくなる。

能年玲奈=のんの声の存在感も大きい。すずが「あまちゃん」のヒロインに通じる天然系キャラであることも、感情移入のしやすさに寄与している。

AuVis
AuVisさん / 2016年12月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 45 件)

思い出すたびに涙が溢れてくる

戦争の悲惨さを訴える従来の映画とはまるで違う。えも言われぬ幸福感、温かさを抱きしめながら、ふとこれはラブレターなのではないかと思った。あの時代を生き、必死に日常を耐え忍んだ人たち。それは観客一人一人にとって決して他人などではなく、誰もが世代をさかのぼればすぐに当人たちへと辿り着く。物心ついた頃には既にシワクチャだったおじいちゃん、おばあちゃんたち。彼らが初々しい少年や少女だった頃のことをこれまで考えたこともなかった。どんな風に成長し、新婚を迎え、戦火の中でどれほど大切なものを失い、そして新たに生まれた生命にどれほど希望を得たのか。すずさんの心の機微はきっと多くの日本人に共通していただろう。私の祖父祖母もとうに亡くなってしまったが、もっと当人から話を聞いておけばよかったと心が苦しくなる。だからこそ、こうしてこの映画へ足が向いてしまう。すずさんに会いたくてたまらなくなる。何度でも、何度でも。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 76 件)

観た人に語らせる力の凄まじさよ。

泣いた映画がいい映画とは思わないが、この映画は泣かせの演出はほぼないのに文字通り洟をすすりながら観た。自分は映画から入って原作を読んでまた映画を観た。原作ファンが映画の改変について物申したくなるのもわかる気がしたし、監督が原作カットしたプロットをあの手この手で行間やエンドクレジットに仕込んできたこだわりもわかった。

自分は映画単体で傑作だと信じているし、原作ファンもてんでダメなシロモノだったらこんなに反論や検証で盛り上がったりしなかっただろう。自分が思うことは、とにかく素晴らしい原作があり、映像でしかできない表現で映画化し、自分を含めた受け取った観客が平静ではいられないものができたということ。

言葉を尽くしても二時間強に込められたディテールを解析し切ることはできないし、エモーショナルな衝撃を説明することは不可能。ただこれほど繰り返し観て考える価値がある映画もないと断言しておきたい。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 54 件)

ネットステマという闇

レビューを常に監視して低レビューにはケチをつける人たちがいる作品です。正しい評価がなされていません。

sasori
sasoriさん / 2018年7月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

泣かせる演出はなく、ある種淡々と。 だからこその怒り。

泣かせる演出はなく、ある種淡々と。

だからこその怒り。

tsucchi1989
tsucchi1989さん / 2018年7月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この広い世界と、これから先の時代へ、この映画を届けたい。

永久保存版の傑作だと思う。
 戦争映画なんてくくりではなく、これからの世界を考えるためにも、ぜひ、観て、語りあいたい。

まだ原作の一部しか読んでいないけれど、原作のファンなので、鑑賞するのが怖かった。
 けれども、のんびりしたテンポと言い、童話チックな画風と言い、のんさんの声と言い、これほど(私のイメージの)原作にあった映画に仕上がるなんて!!!

すずさんが生きた時代を一緒に生きた感覚。
 遠い過去に生きた”誰か”ではなく、ひょっとしたら、すぐそばで生きている、クラスメートにもいそうな”すずさん”が体験した出来事。そんなふうにかんじさせてくれるのんさんの声。
 そんなのんさんの声が上滑りしない画風・脚本と他の共演者の演技。
 それでいて、監督がこだわりに抜いた時代考証と、原作に裏付けられる時代感。

 時代に翻弄されつつも、そこに根付きお互いを思いやり助け合いながら生きていく姿。
 山間の一番外れにある家で暮らす人々。中央(政府)からみたら、”世界の片隅”だけれども、しっかりと人が生きていく姿を丁寧に綴った傑作。

 「戦争加害者としての責任」が描かれていない等の批判があると聞いたが、
 あの頃の庶民はこんな感覚だったんじゃなかろうか。

思想統制・情報統制が行われていて、ほとんど家の周りの世界しか知らなかったあの頃。
 実際に政府が何を考えて行い、世界がどうなっているのかも、わずかばかりに伝わってくる歪曲された情報をもとに判断するしかない。
 情報をうのみにせずに、自分の頭で考えて行動することを訓練するはずの学校は、上からの指示に従うだけのロボットを作るだけ。
 軍事工場がどのような意味を持つのかも深く考えず、就職先ができた、格好いい戦艦が自分たちの力で作れたと喜ぶ。
 思想統制・情報統制で、悪い奴らをやっっつける尊いものを作っている感覚すらあるのだろう。

その一方で。
 心では嫌々出征兵士を送りだす場面や、学校に行っても意味ないと、本当に生きていくために必要なものを見極める力が描かれる。

機銃掃射、焼夷弾、原爆投下等は迫力満点。自分が犠牲者になるのではないかという臨場感満載。

反面、亡くなられた方の様子、原爆被災者の様子は、さらっと書きすぎていて、その痛みは想像するしかない。
 否、すずさんを襲った不慮の事故のあと、すずさんや義姉の苦しみ様はきちんと描かれているのだが、わかりやすく喚き散らして心情を吐露するとかの方法はとらず、時にイメージ的に表現され(事故の直後の描写)、時に心を押し隠して態度・行動にでるという日本時的には”あるある”で表現される。

見方によっては、のほほんと、幸せに暮らしているように一見映る。
 実際は、祖母に嫁入り道具としてもらった着物をモンペに直すとか(私だったら絶対嫌!!!)、家族が死ぬ、友達が死ぬ、お腹いっぱい食べられないとか、一緒に暮らしていれば喧嘩もするだろうけれど、それがかなわない夫婦とか、本来しなくていい苦労が次々に襲ってきており、そのたびすずさんとその家族は苦しみながらもユーモアで乗り切ろうとしているだけなんだけど。

 ラストも、一見ハッピーエンドで終わるが、原爆症がどういうものかという多少の知識を持っている我々からしたらその後がとっても気になる。決してハッピーエンドではない。

それでも、
 広島や長崎は復興したし、(だから福島をはじめとする被災地も復興するし)、
 一緒に暮らす人を思いやりながら生きていけばなんとかなると、 この映画を見て思うとともに、
 戦争等の人災によるいらぬ苦労や悲しみは、二度と起こしてはいけないと誓いたくなる。
 そして、
 インターネットをはじめ、一方的に提供される情報だけを信じる怖さにも自戒せねばと思う。

童話チックにまとめながらも、こんな生活に追いやった状況に怒りを感じ、それでも、すずさん達の生きざまに希望を見る。
印象なんて、一言三言で済まされるものではなく、いろいろな思いが沸き上がってくる。

この漫画と映画に出会わせてくれてありがとう。
今を生きるこの世界の片隅から、生きとし生けるものすべてに、心からの感謝を伝えたくなる。

とみいじょん
とみいじょんさん / 2018年7月11日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

現代と戦中をつなぐ作品

戦時中の家族や暮らしを描くドラマや映画の多くは、登場人物に感情移入できないことが多かった。彼らの行動や描かれた心情が、自分のものとはかけ離れているように感じられたからだと思う。しかしこの作品は、現代人から見て「無理のない」心の動きと行動で戦時下の暮らしを描いている。
戦場から見た戦争の悲惨さ、地上戦、原子爆弾、空襲の恐ろしさを伝える映画作品は数多くあるが、民間人の若い女性の目から見た戦争像を描くのは斬新に感じられた。
「火垂るの墓」が子どもの目から見た戦争を描いているとすれば、本作品は民間人の暮らしに戦争がどう入り込んできたか、その過程をうまく描き出している。
戦闘シーンや残酷な映像を排除し、あくまでも人々の心情に焦点を絞り続けた一貫性もこの作品のメッセージ性を強めていると思う。

a0064
a0064さん / 2018年7月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アニメだからこそのリアル ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

戦争には多くの人が関わる。
戦争を起こす人、
戦争に出向く人、
そういう人たちを待ちながら、日々の生活を営む人。
この映画は最後の人々を描く。

前半はまるで天国のようなのどかな田舎の風景。
時代が時代だけに、顔も見たことがない相手との結婚、なんて風潮もあれど、それでも親切な義理の家族に囲まれてほんわかすごしていたすず。

しかし死の淵ギリギリまで追い詰められ、広島では家族をなくしたすずはある日ふとしたきっかけで、何も知らずにボーッとしたまま死にたかった!!と泣き叫ぶ。

人の心や行動は、つじつまが合う合わないというものではない。
だから映画やドラマは無理やりつじつまを合わせる。
しかしこの映画ではつじつまを合わせないまま、人が生きるままにする。

この人の自然な行動を、演じられる俳優がいるだろうか。
このリアリティを再現できたのはアニメだからだろうと思うし、逆にこれをアニメでやろうと考えた製作者は何を思ってアニメでいこうと思ったのだろう。

反戦をあからさまに叫んでいるわけではないが、これを観て、まー仕方なくなったら戦争
もアリだねなんて絶対に言えない。こんな状況で、呉の彼らみたいに強く、笑って過ごせる自信なぞない。地獄の底で。
ただただ、恵まれた自分の境遇に感謝するのみ。
ああ、本当によかったこの時代の日本に生まれて。

chibirock
chibirockさん / 2018年7月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何も聞くな。観ろ。

とりあえず観ろ。

フィル
フィルさん / 2018年6月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

日本のアニメーションは素晴らしい

この作品の主な舞台である 広島県呉市
わたしの地元がここであるため鑑賞
一瞬で “描かれた街はあそこか”とわかる

“原爆”や“ヒロシマ”の話だと
ほとんどが広島県広島市に焦点が当てられる
しかし この映画では呉市が描かれている
そのため じぶんにとっては地元理解にもなった

能年玲奈(のん)の素朴な声が
感情移入を簡単にさせてしまう

爆弾による被害の描かれ方が今までにない
広い意味で だれでも観ることができる作品

本当に日本を飛び出して世界でも
永遠に観られ続けていてほしい

Misato / Non
Misato / Nonさん / 2018年6月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

平和への祈り

観終わり、友とこの話題が出るたびに泣けてきた

今でも…思い出すと何故か右目から涙が出る…

この涙は、戦争に対する悔し涙なのか…
いや、周作とすずのピュアな夫婦愛に共鳴するのか…

12週連続してトップテン入りしているだけある中身の濃い名作です。

市井の人々は戦争に巻き込まれ振り回され…
哀しみだけが残る…

でも、ひたすら前を向いて生きなきゃいけない。

こんな理不尽な事は、二度とあってはならない…。

すずの心が壊れたシーンが辛かった…

どれだけ心を亡くした生活を送ってきたかが

延々と描かれています…

でも、すずの嫁いだ家族や夫との温かい思いやりに心が洗われます…

広島の呉市には昨年、夫と「大和ミュージアム」に行った経緯があり、
広島港から船で渡ったのですが…

自衛隊の船が何隻も間近に見え、
美しい海との対比を強く感じました…

この名作から
平和な世の中の今、日々に感謝し強く生きなさい
との温かいメッセージが聴こえます…

ぴくにっく
ぴくにっくさん / 2018年6月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

今までの日本映画をマンガ・アニメで表現してみた作品という印象でした。

原作未読。見始めて最初に思ったのは地味ということ。

ちょっと日本昔話風の絵で、派手さがまったくない。

柔らかな感じで、映画の内容とはこれ以上ないくらい合っているのだけれど、これではシネコン的な映画館ではかからないと思った。

あと最初に思ったのはのんさんの声。

一発で顔のイメージが浮かんできてよくないかも?と思った。

でも、見ているうちにのんさんと主人公のキャラクターが合っているので、徐々に重なってきていい感じになった。

顔がわかるのも、主人公のキャラクターと合っていれば、相乗効果でよくなるのかもしれない。

この映画はお笑いで言うつかみ的なものはないけれど、慣れてくるとじわじわくる感じになっていた。

見終わった感想としては、期待が大きかったせいかもしれないけど、そんなに感動したという程でもなかった。

アニメとしては同時代を扱っている宮崎監督の『風立ぬ』の方が上だと思う。

確かにいい映画で、キネ旬1位でも文句ないけれど、今までの日本映画で原爆を扱った映画とあまり変わらない感じがした。

というか、今までの日本映画をマンガ・アニメで表現してみたという方が近いかもしれない。

最近のものでは『君の名は』も、題名からしてそんな感じだけれど『転校生』その他をくっつけたようなアニメ映画だった。

この映画の場合は今までの原爆を扱った映画に『三丁目の夕日』を加えたような内容だった。

実写でもいけたのだろうけど、その場合はたいへんな製作費がかかるし、かなりガチな映像になるので、万人うけは難しい。

その点アニメにすれば、ガチではなく、かなりソフトな面白い感じの映像になるし、万人に受け入れられて、若い人にもうけて、外国人にも見てもらえる可能性が増える。

興行的にも望めるし、日本映画の復興にもなるし、いいことずくめ。

この映画とか『君の名は』みたいな作品は日本映画とアニメの新しい形なのかもしれない。

Push6700
Push6700さん / 2018年5月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素朴な人の戦争経験

あの時代に生きていたら、戦争は全ての人に影響を。

このポスタービジュアルからは、想像出来ない存在感と緻密さ。製作側の情熱を感じました。

アニメと思って侮るなかれ。
全年齢向け

カルカソンヌ
カルカソンヌさん / 2018年5月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

とてもよい

元々、戦時を描いた作品は好きだが、
とても良かった。
健気で切なく、無情で、刺さった。

ぼーん
ぼーんさん / 2018年5月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

こういう映画を待っていた。

戦争映画を荒々しく描けばそれはいい映画になるだろう。
その世界を知らない人にとっては新鮮だし、戦争というものを知る良い機会になる。

ただし、そういう世界で生きていない人間がいたのも真実で、戦争を生き延びるための生活を、ゆったりとした映画で表現するという新しい映画がここにあった。

戦って死んでいく映画を見るよりも、生きるために戦争を生きていた人々の暮らしを見ることのほうが、平和のためには必要である。

ちゃーるすとん
ちゃーるすとんさん / 2018年5月18日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

素晴らしすぎる。文句の付け所がない傑作!

泣いた。そして笑った。こんなに感情が揺さぶられる映画は初めてでした。
自分は勝手に戦争描写が大量に出てくるような反戦映画なのかなぁと思っていたのですが、そんなことはなく。戦争という過酷な状況の最中に生きたごく普通の家族のお話でした。苦難を経験しながらも健気に生きるすずさんの姿に涙します。
この先ずっと語り継がれてほしい物語。
この素晴らしい映画を完成させてくれた制作陣、そしてその素晴らしい物語の生みの親である原作者さんに感謝。

タツ
タツさん / 2018年5月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ゆっくり観たい

原作未読
普通の生活が送れることの素晴らしさというかなんというか、戦争にも屈っさず生きようとする姿勢が健気
映像は暖かみがあり時に牙をむく感じでメリハリがきいていて良い
が、テンポが良く間が少なめな感じが、おっとりしたイメージに合ってないのか逆に軽快な雰囲気で良いのか…

棒人間
棒人間さん / 2018年5月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ジブリ「火垂るの墓」の、ソフト版!

「火垂るの墓」をもっとソフトにしたような映画です。
するどい事を、さらっと描いているので、よく観ていないと見落とします。

★子供を引っ張っていたお母さんが、椅子に座って休んでいるうちに。。。
★家の脇に真っ黒な人が座っていて、その人がいなくなっても
黒い影がその場所に焼き付いているのはなぜか。。。 など

原爆や戦争の基礎知識があればなおよいですが、重くない仕上がりで、子供から大人まで可。

監督さんは、全財産を使って作り、マイナー映画館で上映したら
海外評判も良く、ヒットしてしまった。
この制作時の話も感動ものです。

ぜひ観て頂きたいです。

国際ビジネス研究會
国際ビジネス研究會さん / 2018年5月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

初めて見たアニメ映画・・

何気ない幸せな日常生活に戦争が入ってくる。呉の港に戦艦大和が浮かぶ。アニメだけに表現できる世界があった・・

亮一君
亮一君さん / 2018年5月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

のんが

よかった!
実写化ものんがいい。

yomo
yomoさん / 2018年4月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

880件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi