この世界の片隅に : 映画評論・批評

この世界の片隅に

劇場公開日 2016年11月12日
2016年11月8日更新 2016年11月12日よりテアトル新宿ほかにてロードショー

すずさんと共に生きる至福の126分。戦時の日常を描く人間賛歌

大災害や戦争の影響を語る時、我々はしばしば犠牲者の数によってそれを語ろうとする。だがその数の裏には、犠牲者の分だけ途方もない悲しみが積み重なっている。人の命の重みは数によって決まるものではない。交通事故で家族を失った悲しみと戦争のそれとに、どれほどの違いがあるのか。積み重なった悲劇の山の大きさを知ることも重要だが、その積み上げられた、塵のようなひとつひとつの人生を想像する力を決して忘れてはならない。

こうの史代原作、片渕須直監督「この世界の片隅に」はそんな小さな物語への視点を大切にする作品だ。本作は戦争を伝える作品ではなく、戦争のある日常を伝える作品だ。原作のあとがきの言葉を借りれば「戦時下の生活がだらだらと続く作品」。日常のなかに平然と悲劇が入り込む戦時下の特殊性と、食べたり、笑ったり、喧嘩したり、愛したりといった普遍的な営みが同居する。少ない配給の中で工夫する食事がとても美味しそうで、間抜けなことにはみんな笑い、連日やってくる空襲警報にも次第に慣れ、防空壕の中で世間話に花が咲く。そんな日常を温かみある手描きの作画で切り取ってゆく。

画像1

とにかく、画面に映る人が、風が、海が、瑞々しい輝きを放ち、もうほとんどの日本人が体験したことのないはずの時代の息吹が画面の隅々から発せられている。漆黒のスクリーンにすうっと画面が映し出されてまもなく、この世界に引き込まれてゆく感覚。素朴で美しいアニメーションと声優陣の素晴らしい演技が一糸乱れず調和し、この時代に生きたことはないのに懐かしさが胸いっぱいに広がる。特に出色なのは主人公すず役ののん。芝居の良し悪しの次元を飛び越えて「すずさん」としてフィルムの中で生きている。

観客はこの映画を見ている最中、すずさんと共に生きるのだ。戦時下の過酷な時代にあっても、人間らしくあろうとする彼女と共に生きることを許してくれるこの126分間は、なんて幸せな時間なのだろうと心から思える作品だ。

杉本穂高

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

この世界の片隅に[Blu-ray/ブルーレイ] この世界の片隅に【特装限定版】[Blu-ray/ブルーレイ] この世界の片隅に[DVD] のんのんびより にゃんぱすぼっくす[Blu-ray/ブルーレイ]
この世界の片隅に[Blu-ray/ブルーレイ] この世界の片隅に【特装限定版】[Blu-ray/ブルーレイ] この世界の片隅に[DVD] のんのんびより にゃんぱすぼっくす[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2017年9月15日 最安価格: ¥3,836 発売日:2017年9月15日 最安価格: ¥7,409 発売日:2017年9月15日 最安価格: ¥2,991 発売日:2018年8月24日 最安価格: ¥25,574
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
4.3 4.3 (全872件)
  • 素朴な人の戦争経験 あの時代に生きていたら、戦争は全ての人に影響を。 このポスタービジュアルからは、想像出来ない存在感と緻密さ。製作側の情熱を感じました。 アニメと思って侮るなかれ。 全年齢向け ...続きを読む

    カルカソンヌ カルカソンヌさん  2018年5月21日 21:57  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • とてもよい 元々、戦時を描いた作品は好きだが、 とても良かった。 健気で切なく、無情で、刺さった。 ...続きを読む

    ぼーん ぼーんさん  2018年5月20日 04:49  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • こういう映画を待っていた。 戦争映画を荒々しく描けばそれはいい映画になるだろう。 その世界を知らない人にとっては新鮮だし、戦争というものを知る良い機会になる。 ただし、そういう世界で生きていない人間がいたのも真実で、戦争... ...続きを読む

    ちゃーるすとん ちゃーるすとんさん  2018年5月18日 09:47  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • レディ・バード レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆ける 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi