劇場公開日 2015年9月19日

  • 予告編を見る

「『生きる』のか『生かされる』のか。」シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人 好きこそモノのヘタレなれさんの映画レビュー(感想・評価)

3.213
5%
40%
50%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0『生きる』のか『生かされる』のか。

2016年1月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

「人生を『生きる』のか『生かされる』のか」を考えさせられた一本。

この映画に正解は無い、ただ老いてなお現状に疑問を持つ、人の飽くなき好奇心がここにはあった。

日常に溢れるナアナアを良しとは出来ないご老人の活躍。

と見れば綺麗な話だが。

老いて故の自由の利かない現実。
子供達世代の現状を生きるだけで現実には精一杯な実情。

それでも現役を退いてもなお現状に疑問を持ち、積極的に社会に関わろうとする姿勢は。
人が「家畜でありたく無い」と思うなら、本当に大切な事だと思う。

そんなところも含め、いろいろな点で考えさせられた作品。

おばあちゃん、あなたも知らずと今の世の中の有り様に片棒担いでたんだよ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれ
「シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人」のレビューを書く 「シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人」のレビュー一覧へ(全13件)
「シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人」の作品トップへ