劇場公開日 2016年3月5日

  • 予告編を見る

桜ノ雨のレビュー・感想・評価

3.214
17%
31%
31%
13%
8%
採点

全14件を表示

2.0これは「青春映画」なのか「ボカロ小説の映画化」なのか

2023年1月8日
iPhoneアプリから投稿

劇中で同じ主題歌を何度も流す映画はそれだけで気が滅入る。いくらhalyosyの楽曲が少ないからって「桜ノ雨」だけでどうにかしようというのは無理がある。「Fire◎Flower」を流したんだからいっそ開き直って「Smiling」か「Blessing」も流しておけばよかったんじゃないか。主題歌なら本来は最後の最後まで流しちゃダメだと思うし、劇中でフルコーラスしたんならせめてエンドロールは違う曲を流すべきだろう。

また現実に存在する課題曲を登場させたり明らかに記名的に沼津の海岸風景を写したりと中途半端にリアリズムを志向するせいで、ボカロ曲やボカロの名前をそのまま移植した生徒名が作品から不恰好に浮遊していた。「青春映画」なのか「ボカロ小説の映画化」なのか水準がまったく定まっていないのでとにかく見ていて居心地が悪い。

ただまあhalyosyというボカロPの立ち位置を考えてみたとき、彼は明らかにryoやBakerといったポスト・メルト、つまり「初音ミク」という萌え記号が剥落したJ-POP的ボカロ曲の文脈に属する。そういうメインカルチャー・サブカルチャー併呑的な彼のボカロPとしてのありようを反映した結果、本作のようなどっちつかずの作品が出来上がってしまったのかもしれない。

そもそもボカロに映画は向かないと言ってしまえばそれまでになるが、『脳漿炸裂ガール』のような原曲の空気感を実写で再現しつつも同時に批判意識をも内蔵した佳作があったことを鑑みるに、本作ももう少しなんとかなったんじゃないかと思ってしまう。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
因果

2.5走り込みが大切

2022年3月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 高校ってどうしてこうも桜の木が多いのだろう。こちら北陸では入学式シーズンといえば桜、卒業式近辺では梅しか咲いていません。動機もユルく、合唱をやりたい感があまり出てなかった音楽映画。最近『CODA』とか『エール』を見たせいかな?

 練習風景は参考になった。演劇部の練習と同じようでどっちがどっちかわかんないほど。そういや、亡き父も高校で合唱部だったようで、後輩には鹿賀丈史がいると言ってました。

 ボーカロイドが合唱をやると楽しいだろうな~初音ミクだともっと踊ってなきゃいけないかもしれないし、コスプレも必要かな。「桜ノ雨」もボーカロイドで聴いてみました。歌が上手いじゃん!てか、当たり前か・・・

コメントする (0件)
共感した! 0件)
kossy

1.0改変が多い

2022年1月11日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
からあげ

2.5みんなで歌ってますけど裏ではこんな事思ってます…というのが怖い

2021年9月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

単純

『うみべの女の子』のウエダアツシ監督の作品ってことに惹かれて鑑賞。合唱部の不協和音が怖すぎる。

たぶん合唱部って自分の知っているほど可愛らしいものじゃなくて、木村くんみたく「こんなにハードなの…」っていうのが第一の感想。そりゃ体力もいるしチームワークの中での役割みたいなものが必要になるから、文化部なんて名ばかりなのだろうけど。そんな中での彼女たちの話。観てから気づいたけど、実は『桜ノ雨』が歌いたいけど歌えない状況というところから始まる話。当然だろ…という空気を何となく出しつつ、ハードな曲で練習するけど合わない…みたいな事の繰り返し。その時点でなんとなく合わないのは感じていた。

なんというか、ご都合主義が勝ってしまっただけの映画に写ってしまった。実際、練習のシーンはどこが悪いのか分からないし、難しそうだけど各々やっている。でも裏では「いやあれじゃ…」と言っている。その中でイエスもノーも言わない未来は逆にフラットすぎるというか、どのスタンスなのかすら分かりにくい。終盤の叫ぶシーンも編集が悪いのか間髪入れずに話し出したので、少し戻してしまった。要素としては悪くないが、そのバランスは良くないように思える。

さて、キャストはと言うと…これまた微妙なところ。山本舞香の寡黙な雰囲気は今のイメージからかけ離れているし、久松郁実の起用に納得もいかない。その中でもやはり浅香航大はいつ制服を着ても似合う。さらに、セーラー服を着た三浦透子もかなりレアな気がする。帽子を被らなければ運転もしない。主人公に刺激を与えるいい役どころをしている。そうした部分でもなかなか難しいものもあり、ちょっとダメに写ってしまった。

要素やアプローチに対して上手くまとめきれなかったのだと思う。ただ、合唱部の描写はかなり克明で勉強になった。歌を歌うのもそう簡単じゃないのね…。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
たいよーさん。

1.5純情山本舞香

2020年8月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

「桜の雨」の歌に惹かれ入部した音痴女子高生と合唱部話。

まぁ、合唱部生活をかなり観せつけられます。
音痴女子高生扮する山本舞香は中々歌いません。
「何故誰も批判せんのだろう?」と思うくらい。
重宝がられる所も疑問です。

コンクール金賞を狙う為「桜の雨」以外で頑張ろうとしますが、かなり「桜の雨」に固執します。
ノイローゼ気味にww

合唱部皆で花火大会みたり、恋愛したり思い出づくりも結構ですが、やはり話が狭い。

まぁ、コンクールで歌うのは、、、、、
ベタでした。

歌と映画内容がリンクしている訳でも無く。
これなら短編映画の方が良いと思う。
歌が良いからって内容無い映画は辞めて頂きたい。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
巫女雷男

3.5えっ、ここで言うの?というのもあるのだけれど、それ以上に「お前らが...

2018年4月8日
iPhoneアプリから投稿

えっ、ここで言うの?というのもあるのだけれど、それ以上に「お前らがそう言い出すのを待っていたんだよ」展開だと完全に思っていました。部長と先生が部員たちを試す為に芝居をしているのかと思って観ていたがそうではなかった。斬新。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
collectible

2.5元気ない

2016年11月6日
Androidアプリから投稿

ヒロイン山本舞香ちゃんの元気がないから~見てる方も劇が出ない。
暗殺教室やヤッさんの元気な山本舞香が見たかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
花形右京

3.5想い出が自然と蘇る

2016年4月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

タイトルにもなっている「桜ノ雨」を某動画サイトで何度か聴いたことがあっていい曲だなー、と思っていたため鑑賞。

内容は部活(合唱部)とそれを取り巻く環境での友情や恋なども描いたザ・青春映画!
ただあくまでも主題は部活。
展開に目立ったものはないですが、部活がメインというのはブレることなくストーリーが進むのですっきりと観れました。

音楽の映画だけあって挿入歌はどれも場面のカットに絶妙にマッチしててとても心地よかったです。

何も考えずに青春時代の想い出が蘇ってきて感傷に浸れる作品。
観ればあなたの帰りたい過去もきっと戻ってきてくれるはずです。

桜ノ雨、合唱で歌ってみたかったなあ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
せっちゃそ

3.0歌が素敵

2016年3月22日
iPhoneアプリから投稿

合唱のシーンがすごく良かったし、役者さんたちの感情こもった演技に以外と涙がほろり。

卒業式でこんな歌を歌いたかったなー。

桜の映像もキレイでした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mamitas

2.5思いを込めて、歌いたい

2016年3月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

「くちびるに歌を」や「心が叫びたがってるんだ」などとテーマが似た、片田舎(沼津市の内浦地区)を舞台にした素朴な作品。
地域の合唱コンクールに突き進んでやり遂げて卒業―と、生活描写が殆んどなく、単純過ぎるストーリーが盛り上がりに欠けて残念。
原作をある程度無視したのは、ボカロオタクではない一般層からは好感に思うが、同じ監督の「リュウグウノツカイ」で見せた喧嘩や熱い愛など“ほぼ成人”な高校生ならではの衝動的な場面が欲しかった。
しかしながら、合唱部員(大半は製作元の声優・タレント科の学生)が地味な学生服を着崩れなく着ている様は、メジャー製作の学園ものと違い本当の高校生っぽく見えて良かった。突出して浅香航大の顔は大人だったけど。
パンフレットに主題歌CDが付録されているものの、マスタリングが雑でイントロからひび割れていたり、封切館以外のファーストラン(2週)終了後に有料動画配信を開始して上映館のカニバリズムを招いたり、自社製作なのに産学連携と謳ったAM学院のPRを打ったり(悪くはないが、実験的な作品であれば廉価で提供してもらいたい)と、宣伝機能が拙いと感じたところ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ウェスタン村

3.0爽やかすぎるほど爽やか。純朴な青春ドラマ!!

2016年3月18日
PCから投稿

単純

幸せ

寝られる

【賛否両論チェック】
賛:“合唱”や“仲間”に出逢い、少しずつ成長していく主人公に感動させられる。彼女に動かされ、変わっていく仲間達も印象的。
否:展開はかなり単調で予定調和なので、音楽に興味がないと退屈しそう。

 引っ込み思案で大人しかった主人公が、“合唱”に出逢って後輩も出来、やがて少しずつ成長していく過程が、爽やかな人間関係の中で描かれていきます。
 そして、そんな主人公に感化されるように、一旦はバラバラになってしまった仲間達が、また1つになっていく様子も、また感動的です。コンクールのシーンなんかは、予定調和ではありますが、それでいてもなおステキですね。
 気になるラブシーンなんかは皆無ですので、家族や気になる人と、是非ご覧になってみて下さい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
映画コーディネーター・門倉カド

3.5素敵な青春映画でした

2016年3月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

素敵な青春映像がいっぱいでした。

桜の雨、いい歌でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Nobito

3.5普通

2016年3月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

何かが違う。ワンカット、ワンカットが長いと思った。でも役者さんたちは、なかなか演技が良かったと思う。合唱と演技、この二つをよく両立させることができたと思う。あとは、cgか分からんが桜が綺麗だった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Iwano

4.0恋愛映画ではなくて青春映画だと思う

2016年3月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

私が高校生だったらきっとこの映画はもっと深く心に響いただろうなー。
それが残念というよりも今この映画を観られる中高生が羨ましいと思う。

私にとっての『生徒諸君!』『さびしんぼう』を観た時に感じた気持ちを今の子たちがこの作品から感じてくれるとうれしいです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
らっこおやじ