「玩具!買わせ尽すまで!」仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス kyoさんの映画レビュー(感想・評価)

仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス

劇場公開日 2015年12月12日
全17件中、16件目を表示
  •  
映画レビューを書く

玩具!買わせ尽すまで!

毎回、仮面ライダーの劇場作品を
駄作と言い続けてもそこに改善は見られないので今回もこんなもんだよね!で、良いと思います。

今作から各ライダーのパート分けも
なく1本の作品とすれば見やすいのかもしれませんが…。
逆に1本の作品になった分
仮面ライダーの登場が物語重視になる為に減ってしまい子供達は中盤
退屈な映画です。

今回の作品にそもそも
ドライブを絡める必要があるのか?
年末年始恒例のMOVIE大戦なので
出てますよって感じでした。

金田監督だけに
クライマックスの炎が降り注ぐ
シーン等は大きなスクリーンでこそ
迫力のあるシーンなのですが
金田監督がそもそも、それ程ドライブに思い入れのある監督でもないだけに
各キャラクターの登場に『おおっ!』というような演出はありません。

本当に何となく前作の仮面ライダー達も出て来ます的な印象でした。

劇場版仮面ライダーの
ラスボスが巨大化する作品は
ほぼ駄作なので今作もきっちり
巨大化!そしてCG敵とのお決まりのバトルが勃発します。

仮面ライダーの原点が
巨大ヒーロー全盛時代に突如現れた等身大のヒーローなのですから
もうCGの居ない敵相手に戦う
仮面ライダーの姿には飽き飽きします。

そこを変にCGで迫力出して
お客様を引きつけようとするより
その巧みなバトルワーク等で等身大のままお互いが戦っても
お客様を魅了出来る監督に次回作は撮って頂きたいです。

上手いなぁーと思うのは
年末年始玩具商戦にきっちり新アイテム等を劇場クライマックスに登場させて購買欲をあおらせる
その技術は天下一品なんですけどね?

今回も明らかに小さなお友達は闘魂ブーストアイコン欲しくなりますもんね。

大きいお友達には
ちゃんとプレミアムバンダイさんで
眼魔アイコンセットをスタンバイしているぬかりのなさ。

そこらへんは
凄く上手い手法を使ってくるのに
肝心の作品には、これという
手法を持ち得ない。

ある程度をお客様が入って
その後、玩具が売れたら、それだけで充分なんですかね?

ゴーストファンとすれば
アイコンが欲しくなり
ドライブファンとすれば
前売り段階のチェイスの宝物で
ほぼ終了していたかなと
いう作品でした。

大人の事情最優先で
作品作っても良作は生まれないん
でしょうね。

おまけとして
ネクロムだったかな?(名前間違ってたらごめんなさい。)らしき
第3の仮面ライダーが一瞬垣間見れる
サービス付きです。

まぁ文句言いながら
発売日に闘魂ブーストアイコン買いに行こうっーと!

ただ噂では
ゴーストが春先に新たなベルト(ゴーストドライバーG)を巻くと聞いているだけに、こぞってアイコン買いに行く必要があるのかは、不安ですけどね。

とにかく
『玩具!買わせ尽すまで!』
どんどん投入し劇場作品をも
玩具PR作品になってしまっている
今作は★2つにしておきます。

kyo
さん / 2015年12月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報