「「響」の意味するモノは?」たまゆら 卒業写真 第2部 響 ひびき p-antaさんの映画レビュー(ネタバレ)

たまゆら 卒業写真 第2部 響 ひびき

劇場公開日 2015年8月29日
全5件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

「響」の意味するモノは? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

第二部は東京ではピカデリーのみの2週間限定上映なので、今回は早めに鑑賞

いつものたまゆらで安心して観ていられます。

今回はのりえとかおたん回。二人が進路、将来のことを決める話。

今までの仲良し四人組で悩み、助け合うだけではなく、二人のそれぞれの兄、姉が優しく妹に手をさしのべるお話です。
友人たちのソレとは違い、兄姉からの助言は時にストレートすぎて二人の妹たちは思い悩みます。のりえとかおたん、それぞれの悩み方が対照的で二人の性格が丁寧に描かれています。

かおたんのエピソードに絡めて、脇役お二人の話もあったり、いつもの過剰な演出もあったりと、あいかわらずのたまゆらですが、竹原の美しい風景がそれを優しく包み込み、高三の、十八の一度きりの夏がゆっくりと終わろうとしています。

サブタイトル「響」が意味するモノはなにか?鑑賞中、そして観終わったあとも考えていましたが、いまだはっきりとした答えは見つかりません。「芽」の意味が、四人が将来をはっきりと意識して前に進み始める「きざし」という意味なら「ひびき」は一体何なのだろう?

p-anta
さん / 2015年9月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報