劇場公開日 2015年8月29日

  • 予告編を見る

ロマンスのレビュー・感想・評価

3.571
20%
41%
30%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全71件中、1~20件目を表示

1.0何なんだこれは

2019年8月24日
PCから投稿

万引きおやじを追いかけて、一緒に珍道中。
意味分からん。
会話も何の意味があるのか不明。
珍道中も不明。
結局最後まで何がしたいのかわからんかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

0.5これが詐欺映画なんだろうな、間違いなく!

2019年8月7日
PCから投稿

冒頭で窪田正孝が顔を数秒出して消えた時点で嫌な予感。
オヤジが万引きして、それを追いかける時点で、ほぼ、予感が確信に変わった。
オヤジと大島がすれ違った会話して、いろんな名所を周り、ラブホに泊まり、詐欺映画確定。
低予算で作る映画の見本みたいな感じで。
予告編やスチール作るために、こんな場面作るんだ、なんて切り貼りシーンばかりなり。
確信犯的詐欺映画を初めて観た。
名の知れた低出演料の女優を探したら大島優子でしたみたいな感じで、嘘泣きしてるし、セリフが棒読みだし、脱力しました。
途中、何度か睡魔に襲われ、観終わる事が出来ました。
面白くない回の火曜サプライズ観た感じかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

4.0ちょっとした拾い物の小さな旅の物語!

2019年4月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

殆ど期待することなく観たのだが、見れば見るほど演出に引きつけられ、終わった時には思わずホッとさせられるような出来栄え!
主役の大島優子と大倉孝二のコンビが自然体な感じで、肩肘張らず演技しているのが非常に共感が持てる。特に大倉のおっさん役は好演。
映画の仕事に携わったことがある人ならば思わず頷けること請け合い。
ちょっとした拾い物の作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ナオック

3.5箱根のPR映画?

光陽さん
2019年3月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

これは箱根のPR映画?という感じの箱根に行きたくなる映画。
ちょっと口の悪い主人公演じる大島優子さんと調子のいい映画プロデューサー演じる大倉孝二さんの会話のやり取りが面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
光陽

3.5次の旅行は箱根に決定。

2018年10月1日
PCから投稿

無性に箱根に行ってみたくなりました。
主人公2人の掛け合いが面白かったです。
じんわり心温まる作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フラニー

4.0なんだか

eitaさん
2018年9月22日
iPhoneアプリから投稿

心温まる、久しぶりにスッとした映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
eita

3.5花は表 数字は裏

yonda?さん
2018年6月20日
iPhoneアプリから投稿

お二人の自然な感じが良い。すぐにでも忘れてしまいそうなストーリーだが大島優子の演技はとても良くて心に残った。大倉さんは沢山映画出てるけれどメインぽいのあまりないから代表作といっても良さそう。オシャレ映画みたいな終わり方。エンディング曲も。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

3.0高低差が

U-3153さん
2016年11月1日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
U-3153

4.0大島優子と大倉孝二の掛け合いが面白すぎ!ビターな味わいもたまらない

2016年8月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

悲しい

楽しい

話的にはやや強引な話でしたけど、キャラクターの良さや役者の魅力でそこは十分カバー、笑えるシーンと作品に漂うビターな香りもいい感じにマッチしていて、小品ながら見ていてとても心地の良い作品でした。
主要キャラが物凄く魅力的だったのは、タナダユキ監督のオリジナル脚本ならではなところもあったでしょうか。
役者の魅力を存分に生かしたキャラ設定になっていましたよね。
鉢子と桜庭の夫婦漫才的な掛け合いには、終始楽しませてもらいました!
旅に出るまでがあまりに強引だったので、序盤はこの映画大丈夫かなと心配しましたが、まあ良い方にとればありえない事が起こるからこそ人生は面白いのかもしれませんね。

しかし桜庭のダメ男っぷりには、最初は本当にイライラさせられました。
普通に考えたら、こんな男に付いて行ったら犯罪に巻き込まれても全く不思議ではないでしょう(と言うか犯罪)
でも大倉孝二の軽妙な演技によって、胡散臭さも魅力的に思えてしまうと言うか、ボケっぷりが最高過ぎて、箱根の旅が物凄く楽しくもあり、どこか切なくもあり・・・何とも言えぬ旅情を誘うようなロードムービーに仕上がったなと思わされました。

一方主役の大島優子が演じた鉢子は等身大の女性だったので、役どころとしては逆に難しい役どころだったと思いましたが、大島優子はナチュラルな演技も想像以上にイケますね、仕事は完璧、でもプライベートはダメな感じが見事に伝わってくる演技で、思わず彼女の演技に引き込まれてしまいましたし、桜庭へのツッコミもホント最高でした。
それと同時に両親への愛に飢え育った物哀しさみたいなものも伝わってきて、相反する複雑な心境にも感情移入させられてしまいました。

鉢子と桜庭、共に鬱屈したものを抱えていた2人がこの旅を経験したことによって、それぞれが前に向かって歩き出せるような、そんな爽やかな後味を残したラストもたまらなく良かった!
でもやっぱり見所は2人の夫婦漫才だったかな。
それと野嵜好美が演じた鉢子の同僚のトンデモキャラも、作品のいいスパイスとなっていましたね。
箱根は昔一度だけ行った事がありますが、温泉に泊まっただけでそこまで観光はしなかったんですよね、この映画を見たら、ロマンスカーで箱根を旅したくなってしまいました。
車内販売でコーヒーも買い忘れずにですね!(大島優子じゃなくて野嵜好美キャラが来たらどうしよう)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スペランカー

5.0落ち着く

2016年8月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

幸せ

観てて、とても落ち着く映画。1日だけの予期せぬ小旅行だが、1日だけであるからこその切なさや儚さが、葉が落ちた木々の箱根の風景と相まって、花火を見ているようにきれいだった。日本人の心に響く映画だと思う。

旅がしたくなった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ローランド山

3.0会話が愉快

yupaさん
2016年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

単純

設定はバカらしいほど単純でつまらないけど(笑)
大倉さんが面白い!
優子ちゃんも頑張ってましたね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yupa

3.5ラブホテルで「ここはサバンナか!」

2016年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

久保ちゃんのキャラが強すぎて大島優子が霞む。
箱根登山鉄道やロマンスカーに思い入れのある人ならいいかも。
エンディング曲は映画によく合っていてホッコリ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

4.0日本の映画産業が忘れているもの

2016年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

一時ブームでもあったミニシアター系。
微笑ましかったり、切なかったり。
のんびりほっこり観れる映画です。

これが現代の日本映画なんだよなー
と、しみじみと安心して観れました。
演出や撮影においても派手なことや変わったことは一切せずホントにちょうど良い具合でした。

そして、
今回主演の大島優子はAKB卒業後の出演映画では初主演とのことです。ミニシアターが初主演ってなかなかハードル高いなーと思っていましたが、そこそこ頑張っていたと感じました。とはいっても、辛口ですが女優としてはまだまだだなと。下手とまでは言いませんが、決して上手くはなかったです。ただ目指しているところは十分伝わって来ましたし、女優として全然やっていけると思うので是非このまま演技力を磨いていってほしいですね。

しかし、
ここ数年こういったミニシアター系がすたれてしまってホントに残念です。マンガやアニメの実写化とかドラマの映画化といったいわゆる商業映画ばっかりで、日本映画はどこに行ってしまったのかなーとひしひしと感じます。ミニシアター系も一種の産業にしてしまえば儲かると思うんですけどねー。ダメなんですかね?でもそうしてしまえばミニシアターではなくなってしまうのか…。
ま、どうにしてもこういう作品はどんどん作っていってもらいたいですね。

ちなみに、
展開に少し難があったり(結果的にありかなと思えたんですが)大島優子に対する演出が甘かったように感じました。
とゆーことで、−1.5ですね。

あ、でも大島優子はやっぱり可愛いから+0.5です!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ひつじはねた

4.0日常の非日常がくれた"目的地"。

2016年2月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

小さい頃から身近な存在だった「ロマンスカー」が題材となっていて、どんな映画なのかな??とふと気になっての鑑賞。

様々な巡り合わせから、普通の一日が非日常になったふたりの箱根を舞台にしたロードムービー。
大島優子と大倉孝二の掛け合いに笑いを誘われるとともにどんどん彼らの一日に引き込まれていきます。
お二方の自然体が何よりもこの作品のよさですね。

エンディングは受け手におまかせな最後も良質な日本映画って感じがしてよかったです。
個人的には負傷者が1→0になるところがグッときました。

"やらなかった後悔よりやった後悔"。
この作品はこれに尽きるのではないでしょうか。
迷いで立ち止まってる背中を優しくふと押してくれるはずです。

観終わったあとは、雲がかかっていた心に綺麗な富士山が見えてくる、そんな作品。
当たり年の2015年佳作の一本です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
せっちゃそ

2.5モヤモヤモヤモヤ

2015年11月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

タナダユキ監督の凡打、という印象の一本。

毒もトゲも無いけれど、やってる事は監督の良い意味でのいつも通りなんだけれども。
どうにも大島優子氏の扱いに困っているような印象を強く受けたのが原因か。

序盤のおかしなセリフ回し(いきなり人をオッサン呼ばわり、接客業にあるまじき言葉使い、首間違いなしの上役前での暴言。どこのど田舎ヤンキーだよ)、からの大倉氏との掛け合いの噛み合わなさ(大島氏を立てるならもっと大人しい相手にすべきだし、せっかくの大倉氏を立てるならもっと演技の瞬発力のある職業女優にすべきだとは思いませんか?)。

その違和感が最後まで後を引いて、作品に乗り切れなかった。
「アイドル映画」としても「映画作品」としても生半な印象しか残らない。
もし、主演が例えば安藤サクラだったら。
もし、共演が…年齢、小娘が強気に出られそうな所で例えば温水氏だったら。

正直、そちらの方が観たいなと思うのだが、如何だろう。

大島氏の画面に映る表情はとても良かった。
ただ、発声が「アイドル声」のままなのは勿体無い(地声があれだけ高いのだったら申し訳有りません)なと思う。
1、2年休んでみっちり演技を学んで、地声で演じられるようになったら一皮剥けるだろうな。

そんなことを考えるくらいに、映画に集中させてもらえなかったのがとにかく残念だった作品。

タナダ監督の次作、今度は上野樹里氏×リリーさん…

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれ

4.0大島優子に恋してる。

kubonbichさん
2015年11月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

パリテキサス並みのロードムービー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kubonbich

3.5大島優子と大倉孝二の自然な演技が、自分が箱根旅行をしているような気...

2015年11月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

大島優子と大倉孝二の自然な演技が、自分が箱根旅行をしているような気持ちにさせてくれた ほのぼのとした映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アップル

5.0会いたかった

2015年11月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

萌える

大島優子の演技をきちんと見るのは初めて。
あら、素晴らしい。
この映画は手放しで誉めても良いと思う。
彼女は演技が大袈裟という評価が多いが、単館系の小作品でとてつもない輝きを放つ女優だと思った。
小柄で派手すぎない可愛さと、パワフルな動きと表情は同年代ではあまりいないタイプに思える。
大々的にコマーシャルを行うベタな映画のヒロインには向いてないかもしれないが、この映画での彼女は最高に魅力的だった。
映画自体はロードムービー的な要素もあり二人の軽快なやり取りがお見事だが大島優子ありきの作品でもある。
というより、大島優子がこの作品を輝かせていると言えるかも。
日本映画の良い部分の雰囲気を存分に味わえる佳作。
見て損なし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ヨッシー

3.0大島優子ありきの作品

2015年10月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

前田敦子のタマ子と同じく他の女優ならどんだけ興行 評価は変わるか?大島のファンが観て楽しむ作品?!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆたぼー

3.0ロマンス?

okazzさん
2015年10月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

大島さんと大倉さんのほかは、知られた俳優さんも少なくて、制作も東映ビデオ社だからきっと大島優子ちゃんのファンで稼げるだろうって作った作品だと思っていました。良い意味で期待裏切りでした。大島さんのAKB48時代の印象がうすれて来つつある時期の映画ゆえ、かえってシンから女優として歩きだしたのだと思いました。彼女の今後に期待しています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
okazz
「ロマンス」の作品トップへ