ランダム 存在の確率のレビュー・感想・評価

ランダム 存在の確率

劇場公開日 2015年1月24日
15件を表示 映画レビューを書く

パラレルな自分を殺したら…

彗星の接近で平行する世界が複数出現する密室SFスリラー。途中登場人物が知らないうちに入れ変わったりするので訳がわからなくなるが、頭の混乱も込みで楽しめた。分岐するというキーワード。壊れた携帯をもつ主人公が、外から見ていて羨ましいと感じたもう一人の自分を殺して朝を迎えるが、別の自分から電話がかかってきて幕。

mimiccu
mimiccuさん / 2018年6月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おおおー?おもしろい。新しい。チンプンカンプンだけどドキドキした。...

おおおー?おもしろい。新しい。チンプンカンプンだけどドキドキした。
最後はつまり、えーと?

まるぼに
まるぼにさん / 2018年3月13日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう

2度と元には戻れない…
1度したことは元に戻らない…

511kcal
511kcalさん / 2016年12月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

謎が解ける爽快感

これぞ脚本で魅せる映画。
低予算なのに安っぽさを感じさせず、後から謎が解けてゆくのは爽快。

人間の持つ恐ろしい面が露わになっていく・・・。
自分が同じ目にあったらどうしていいか分からない。

考察していくとなお楽しい。

ジーナ(レビューはFilmarksに移籍しました)
ジーナ(レビューはFilmarksに移籍しました)さん / 2016年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

謎が謎を呼ぶ

最初は平凡過ぎて、つまらなそうだなと思ったのですが、停電が起きてからは奇妙な世界へ迷い込んだ感じでした。

わかりづらいところもありましたが低予算ながらなかなか謎めいて面白かった。

着想はいいと思いますが、ちょっと頭がついてかないとこもあって疲れました。

ガブ
ガブさん / 2016年9月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よく分からないけど2回は見たくない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

間延びしてつまらなかったということはないのでそこは評価してます。ただ、そこら中の家が全部主人公たちの家になっててどれがどれなんだかさっぱり分からず。最後に主人公が侵入した家は元の家だったのか?元の家に侵入していた別主人公を殺して戻ったのか?いやそれにしては取り巻きのあれが違うな…とかよく分からないので見る側を置いていってるかんじがしてマイナスです。
これ2回見ても分かるものですかね…
んー私はもう他の映画見ますね…となってしまう。

これだけは言えるのは、主人公の彼氏の元カノより主人公のほうが絶対良い女!それだけは間違いない笑

ツネ
ツネさん / 2016年5月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い。素晴らしい。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

理解せず観て面白くないと感じてる人が多いみたいで残念です。こんな面白い映画を…。

途中経過から推測すると、エムも言っていたように一度暗闇を抜けると元の次元には戻ってこれません。なので最初に出て行ったアミールとヒューは戻ってきたときにはもう違う次元の人々なのです。

また、途中でエム、ケヴィン、ローリー、マイクの4人で外に出ますが、ここで4人が帰ってくる家もまた別の違う次元で、そのあとも同じようなことが繰り返されます。

終盤のエムの行動は、もう元通りにはならないであろう、不幸な世界(ケヴィンとローリーとの関係がエムにとって不快であるので)から抜け出して幸せな世界へと現実逃避で入り込もうとするわけです。

車で眠らせたその幸せな世界の住人エムはトイレで主人公エムによって殴られますが、翌日トイレからベスが出てきたことより、逃げ出したと予測できます。
なのでケヴィンの電話の相手は主人公エムがニセモノだという主旨の電話をかけてきたのでしょう。

何回観ても面白い。誰か内容をしっかりと理解した人と語り合いたいような映画です。

aka
akaさん / 2016年4月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

結末の行動ってなんで?

面白かった。B級なりの知恵とテクニックで魅了していき、時間を忘れせさせる。
よくわからない部分もあるが、それ込みでも十分に面白いと思える。
結末は、え…と言いたくなるが、それはそれでいいのかもしれない。
頭を整理して、もう一度観たくなる作品だった。
ただひとつ分からないのは、主人公のクライマックスの行動はなぜなんでしょうか?

aoironomegane
aoironomeganeさん / 2016年3月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

おおおー?おもしろい。新しい。チンプンカンプンだけどドキドキした。...

おおおー?おもしろい。新しい。チンプンカンプンだけどドキドキした。
最後はつまり、えーと?

まるこ
まるこさん / 2016年1月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

量子力学

物理をやってる身として楽しい内容だった。
解決とか解決しないとかではない。
スリラー。

やっほー
やっほーさん / 2015年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ややこしさがクセになる

人物、空間、時間が複雑に絡み合ったシチュエーションスリラー。

途中、アレがコレでソレがアレ?んん、ソレがコレなのか??みたいな状態になるが、そんな脳内パニック状態が刺激的で面白い。

このタイプの映画に有りがちな、落とし処がチャチかったり、意味不明だったりということがなく、人間的で解りやすいラストは素直に好感がモテた。

CUBEのようなタイプの作品を探している人にはとてもオススメできる。

自分は全く知らない題名だったし、かなり地味な作品だが、実はかなりの良作だと思う。

どうでもいいのだけど、ドニー・ダーコとかメランコリアとか、彗星を題材にした作品のあの妙に憂鬱な感じは、とても自分好みなんだと思う。こーゆうの共感出来る人いないっすかね??

れーい
れーいさん / 2015年9月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

面白い!

異なる自分が存在する、そんなテーマから「アナザー・プラネット」を想像しましたが、全然違いました。結末こそありきたりでしたが、そうくるか!という展開で最後まで気持ちよく鑑賞。二度観ると変わる作品だと思います。

ちかし
ちかしさん / 2015年9月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

難しすぎる!

難しすぎる!

たもつ
たもつさん / 2015年8月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

だんだんとこわい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

とても面白い!
パラレルワールドものは
大体辻褄合わせが課題だが、
この作品はその部分を乗り越え
上手く描き切っている。

彗星が通過すると、
現実世界が交錯する。
シチュエーションスリラーにしては、
私たちの日常に潜んでいそうな
スリルを感じた。
非現実のようで、現実的。
見ていくうちに、理解が進み、
あの時のこれは、その後の
このシーンに繋がるのか!
といった発見があり、
その発見が哲学的な恐怖を生んでいた。

約503万通りの可能性の中に
迷い込んでしまった時、
元の場所には戻れない恐怖と、
自分以外誰も知らない恐怖が
支配し、ラストシーンにむかう。
主人公の取った行動は、
まぁそうなるよな、
といった感じ。

上手く描かれていた!見事!

ところで私たちの現実にもある
ドッペルゲンガーという言葉。
見ると死んでしまうと言われるが、
この作品はその事実に沿った内容なのでは。

おしずし
おしずしさん / 2015年6月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

なるほど! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

多元宇宙をテーマにした作品はたくさんあるが(インターステラーなどもそうだ)、こんなふうに多元宇宙を映像化するというのはすごい発想である。物語じたいはやっぱり多元宇宙の話だからちょっとややこしい。そこが難だが、彗星の影響で突然に出現した多元宇宙世界に翻弄される主人公が最後に行なう「選択」が「そりゃ、誰だってそうするわな」と思わせて秀逸だし、皮肉が効いています。

Makoto
Makotoさん / 2015年1月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

15件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報