劇場公開日 2014年12月20日

  • 予告編を見る

ガガーリン 世界を変えた108分のレビュー・感想・評価

3.112
7%
36%
48%
8%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全12件を表示

3.0よかった

asaさん
2019年8月27日
PCから投稿

純粋にロケットに関する話に終始してみていて、気が楽だった
ソ連だからもっと重苦しい雰囲気を覚悟したが、意外にフレッシュな映画でした

序盤から発射に向かうので、ダレることもなく、途中途中で回想シーンが入り映画としてよくまとまっていたと思います。

ヒロインも超可愛かったです。

総じて、ロケットからSFと言う流れではなく、歴史と人間の心情にフォーカスを当てた映画だったと思います。

最後の最後のナレーションを聞いて、少しがっかりしましたけど。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa

3.01961年、世界初の有人宇宙飛行に成功したユーリ・ガガーリンの生誕60周年を記念した伝記映画。

2017年3月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

興奮

今と比べるとなんと簡素な装備で宇宙に飛び立っているんだとびっくりする。米vsソはこんな所にも影響しており、安全性より時間との勝負って感じが否めない。それでもパイロットの情熱は高いんだよね~。今だったら直ぐに苦情もんでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レイ零号機

3.5エンドロールに日本共産党の横断幕

2017年1月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ガガーリン平和の使者と日本語の横断幕が写った写真があった。
まさかパラシュートで生身着陸とは思わずびっくり。
ロシア映画っぽい質実剛健な作り。
階級飛び級のくだりが2段落ちで笑えた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

3.5わかりやすい

素子さん
2016年12月22日
iPhoneアプリから投稿

ガガーリンの伝記映画としてはとてもわかりやすい映画なので、ガガーリンを知らない方でもここ映画でほぼ人物像がつかめると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

3.0英雄ガガーリン

2016年12月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

1961年、遂に人類は、猿や犬の後塵を拝したものの、宇宙を飛んだ。
手塚治虫の世界が一つ現実になった。
「地球は青かった」ガガーリンの有名な言葉だ。
ソ連に先を越されたアメリカは地団太を踏んで悔しがり、月へは一番乗りするぞ、と誓ったかどうかは知らないけど。
誰も経験していないことに挑戦するから、準備は大変でパイロットたちはよく耐えたものだ。
中学一年だった私は新聞の大きな見出しだけ覚えている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0「感動」とまでは

2016年8月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

そのまんまですから、事実をストーリーにして上手く見せる、という映画です。このジャンル(偉人、史実)は、総じて「現実」を越えられないという大前提がありますから、期待通りといえばそうで、それ以上でもありません。
だったらドキュメンタリーでいいのに、と言ってしまえばその通りではある。
それでも、多くの人に見てもらえる題材ではあるでしょうし、これはこれで良いのではないでしょうか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

3.0伝記映画?

2015年12月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

丁寧なようで面白くない
印象的だったのは古い電子装置や機械類
それは興味深かった
描くのなら、帰還してから亡くなるまでが観たかったのは私だけ?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シネパラ

4.0一番最初のひと

mioxさん
2015年1月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

宇宙に行くような人は、隣の人をまず尊重する。いつも自分に素直で周囲に率直で明るくて前向きな人だと思った。
映像も素晴らしく、宇宙からの景色や地上のさりげない情景に感動できる作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
miox

4.0丁寧な伝記映画。

peanutsさん
2015年1月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

幸せ

ただただ淡々とガガーリンの半生が描かれていました。
1961年の有人初宇宙飛行の飛び立ちから帰還までに回想される半生模様。
決して大げさに描くでもなく、スリル満点に描くでもなく美化されるわけでもなく、作られていました。
家族がいるからこそ宇宙飛行なんて危険な任務は反対される時代。確かに、人類初のなんの確証事項もなければどれだけ不安な任務だったことか…。
飛行シーンから大気圏突入シーン、着地シーンまで派手さはないけど吸い込まれる映像でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
peanuts

3.0ロケット好き必見のソ連製ボストーク映画!

2015年1月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

萌える

ドキュメンタリーじゃなくてソ連の劇映画。しかもかなりCGもある。目を凝らしてエンドロールを見たけどみんなロシア語の人名だったような?CGは外注してると思いきやもしや国産?かなりいい感じだった。アポロ13にも負けてない。物語は回想形式で正統派のプロパガンダだが随所に1950年代のロシアを感じられて面白い。物語より宇宙好きがディテールを楽しむ映画としてオススメだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヒマナイヌ川井

3.0ロシア製映画でした

2014年12月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

映画の内容は、大変分かりやすかったです。ボストークの小窓から見える地球の姿も綺麗でした。ガガーリンが、最終候補に選ばれるまでの葛藤を、もう少し足した方が良かったかもしれません。久しぶりにロシア映画を見ましたが、ハリウッド映画に劣らない、いい作品でした。
そういえば映画を見ながら、オネアミスの翼を思い出してました(^_^;)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はるっち

5.0とても良かったです

てるねさん
2014年12月26日
Androidアプリから投稿

興奮

昔、「ライトスタッフ」というアメリカの宇宙開発を描いた映画を見て、えらく感動したのを思い出した。まさにこの映画は「ライトスタッフ」のソ連版である。
「インターステラー」「ゼログラビティ」など宇宙をテーマにした映画は見慣れているが、この映画は真の宇宙開発を描いているので、妙な生々しさがある。
セリフやタイトルロールの文字もロシア語なので、それもなかなか新鮮だ(そういえば「惑星ソラリス」なんて名作も過去にありました)。
ガガーリンとゲルマンという二人の青年がなかなかの美男子でそれも良かった。
お勧めです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
てるね
「ガガーリン 世界を変えた108分」の作品トップへ