「●リオで生きることのたくましさ。」トラッシュ! この街が輝く日まで うり坊033さんの映画レビュー(感想・評価)

トラッシュ! この街が輝く日まで

劇場公開日 2015年1月9日
全46件中、13件目を表示
  •  
映画レビューを書く

●リオで生きることのたくましさ。

展開が割と早くて一気に観られる。がんばれ小僧たち。あー捕まるぞーってハラハラしながら。たまに見せる茶目っ気もよく、感情移入もしやすい。
舞台はリオのゴミ処理場。ゴミ拾いする少年たちが、エライものを拾ってまう。命まで狙われる。

これがリオの現実なのか。そう思うと、空恐ろしくもあり。国家権力という富裕層と最貧困層の少年たち。構図的にはこの対立。捨てる神あれば拾う神もあり。神父やボランティアも外国人てのもまた、ノーフューチャーな感じ。

少年たちは生きるのに必死だ。それだけに、命を狙われてまで彼らを突き動かす動機がイマイチ。
惜しい!まあ、それ言ったら話は終いなんだけどね。この現実をぶち壊すための戦い、と受けとろう。

うり坊033
さん / 2016年7月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報