「戦いの果てにあるものとは。ド迫力のCGアクション!!」アップルシード アルファ 映画コーディネーター・門倉カドさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「アップルシード アルファ」 > レビュー > 映画コーディネーター・門倉カドさんのレビュー
メニュー

アップルシード アルファ

劇場公開日 2015年1月17日
全19件中、15件目を表示
  •  
映画レビューを書く

戦いの果てにあるものとは。ド迫力のCGアクション!!

【賛否両論チェック】
賛:前知識がなくてもなんとか楽しめそう。人間が生きることの意味を考えさせられる、重厚なテーマの作品。迫力のCGアクションも堪能出来る。
否:サイボーグが沢山登場するフルCGのアクションなので、世界観も含めて好みは分かれそう。

 前作までの知識は、最悪なくてもなんとかなりそうですが、やはり何かしらの前知識はあった方がイイと思います。CG技術を駆使して、迫力のある戦闘シーンが次から次へと展開されていくのが圧巻です。そんな中で、人間の生きる意義や戦う必要性など、荒んだ時代ならではの問いかけが、観る者の心を揺さぶります。
 シリーズファンは勿論ですが、まだご覧になったことのない方でも、充分楽しめる作品に仕上がっています。

映画コーディネーター・門倉カド
さん / 2015年1月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報