人民の勇気

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アンデス先住民の価値観を基にした作品を撮り続けるボリビアの映画制作集団「ウカマウ」が、1967年の軍事政権による人民虐殺事件を題材に描いた長編第3作。1967年6月24日、チェ・ゲバラ率いるゲリラ部隊との連携を企てていたボリビアの鉱山労働者たちの居住区が、アメリカ軍の支援を受けた政府軍に急襲され、多数の住民が殺害された。生き残った人々の証言や現存する記録を基に、事件にいたるまでの経緯や虐殺の模様を忠実に再現。ファシズムとそれを支えるアメリカ帝国主義からの解放を求めて立ちあがる人民たちの姿を映しだす。

1971年製作/93分/ボリビア
原題:El Coraje del pueblo

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
オスカル・ソリア
ホルヘ・サンヒネス
撮影
アントニオ・エギノ
音楽
ニロ・ソルコ
全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く