劇場公開日 2015年2月28日

  • 予告編を見る

サムライフのレビュー・感想・評価

3.512
25%
38%
24%
7%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全12件を表示

3.0実話感動物としてはもう一声欲しかったですが、青春映画的な楽しみは十分味わえる一本

2016年8月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

実話感動物として見るには正直どこか物足りなさを感じずにはいられない映画でしたけど、熱い青春映画として見る分にはまあまずまず楽しめる内容ではあったかなと。
と言うか、ある意味学校を作ろうと言う熱い思い、情熱ぐらいしか見どころが無かったような(苦笑)
でも、何もない状態から学校設立にまで漕ぎ着けたその熱意だけはホント素晴らしかったですね。
彼が設立した侍学園はHPを見ると今でもたくさんの方が通っているようで、本当に大きな夢を実現したんだなと思うと、ジワっと感動が押し寄せてきます。

ただ、それを映画本編の方で感動させて欲しかったんですけどねぇ・・・。
何故学校に行きたくても行けない子供達の為に学校を作りたいと思ったのか、そこをもう少し詳しく描いて欲しかったなぁ。
子供の頃からの夢、恩師との約束・・・それらについて少しだけ触れられてはいましたが、何かいまいち伝わってこなかったんですよね。
HPを見る限り実際の侍学園は一般の学校とは違い、弱者に寄り添い且つ個人の意思を尊重する本当に素晴らしい理念の下運営されているようですから、その辺ももっと劇中で詳しく描いて欲しかったです。

それと、三浦貴大が演じた主人公ナガオカの魅力がもう一つ伝わってこなかったような。
学校へ行きたくても行けない子供達との交流を見ても、何か上辺だけって感じで、心に響くまではいかないんですよね。
元教え子4人がこれだけ慕ってくれて学校設立に尽力してくれたところを見ると、実際はかなり魅力的な先生だと思うのですが、この映画だけではそこまで魅力的には思えませんでした。
思いのほか打たれ弱いし・・・(まあ人間らしいと言えばらしいのかな)
ただ、思いだけでなく行動に移せる実行力に関しては本当に素晴らしいなと思いましたけどね、思いだけでは何も始まりませんから。

まあ思いのほかノリの軽い映画でしたので、その辺で好みは相当分かれそうですが、軽いサークル的なノリもクサイ台詞も個人的には嫌いじゃないので、これはこれで意外と楽しかったです。
しかし実際はどうだったのでしょうかね、さすがにバーと本だけで学校設立はいくらなんでも・・・。
でも、最後はなんだかんだで感動しました。
元教え子役の4人では、さすがはブレーク中の松岡茉優が、圧倒的な存在感を見せてましたね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スペランカー

1.0名前負けのぬる〜い映画

ごんたさん
2016年6月12日
iPhoneアプリから投稿

本当に実話?っていうくらい、端々で描写が甘く、ご都合主義。
あとは基本、サークルっぽいノリでキャッキャッやってんだけど、それがかなりお寒くて見ていられない。
そして主人公に信念とか熱さみたいなものが感じられず、まるで魅力がない。面白くない。これが一番問題。

成功ものとしても、チームものとしても、人物ものとしても、全て中途半端な学芸会みたいな映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ごんた

2.5なんか、もったいない

ウミさん
2015年12月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

学園作るまでがゴールなんですね。学校に行けない子供と長岡先生の関わりみたいなとこが思ってたより薄くて、単に長岡先生の自身の葛藤というか、オ○ニーを見せつけられてるみたいな感じがちょっとあった。

キャラクターの心情の変化とか、メッセージとか、いろいろ入ってるのは分かるが、なんか全部軽く見えちゃってう~ん。最後のシーンなんか、念願の学園の開校式なのに、挨拶考えてないですとか普通に言っちゃう長岡先生もそうだし、それに対して笑っちゃう会場とか、いやそれは違うんじゃないの?って気がしてところどころ良いこと言ってるのに、その前の演出でそれを全部ダメにしてるなって思うところが多々。

あと、作品全体を通して、こんな世の中うまくいくもんかなって思いがずっとしちゃって、でも実話なんだよなってことで、フィクションだからと割り切って見ることもできなくてそこもなんかモヤモヤ。

演技とかに関しては、脇を演技派の方々が固めてたりで良かった。松岡さんも上手くてさすが。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ウミ

3.5実話ってのがすごい

ア。さん
2015年9月6日
iPhoneアプリから投稿

みんな居場所に迷う
そして、爆弾ジョニーの歌が良い!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ア。

4.5久々にムネアツ

ROKUxさん
2015年5月9日
iPhoneアプリから投稿

クサい台詞とサムいギャグがわたくし的にはツボでした。
久々に胸熱の映画でした。何度も目頭をぬぐいました。
しかし若者達が頑張ってる姿を見るとどうしても父親目線になっちゃう。

松岡茉優かわいい。

あと、上野なつひ演じる主人公の妻の描き方が少し遠慮がちなのは、たぶん原作のせいではないかと思う。原作読んでないけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ROKUx

3.5迷っているヒトに観て欲しい

2015年4月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

もちろん、実際の話なので、説得力がある物語だ。

最初の方はカット割りが多く、カメラも安定しないので嫌になるが、少し時間が経つと、そんなことはなくなる。

明るい奥さんは羨ましいし、生徒たちも素晴らしい。

答えのない夢に出たサムライたちって感じでした。

ところどころのコメディもクスクス笑えた。
役者さんたち、いい演技でした!
多くの人に観て欲しいなぁ、三浦くんや加藤くん、松岡茉優ちゃんらを!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
CinemaExpress

4.0元気をもらえる良い映画 多くの方に、観てもらいたい

2015年4月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

元気をもらえる良い映画
多くの方に、観てもらいたい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アップル

4.5諦めなければ、夢は叶う。「ここからだ」と教えてくれる感動作!!

2015年3月4日
PCから投稿

悲しい

楽しい

幸せ

【賛否両論チェック】
賛:困難にも決して諦めずに夢に走っていく様子が爽やかで、印象的。学校を作ろうとする側も、子供達の側も、共に「生きる意味」を見出していく姿が感動を呼ぶ。
否:自伝映画なので、「ただの自慢話」と感じてしまう向きもありそう。好き嫌いは結構分かれるかも。

 どんなに周りから「無理だ」と言われても諦めず、自分の夢の実現に向けて走っていく主人公と、そのひたむきさに感化されて共に走っていく教え子達の姿が、非常に清々しくてカッコよく描かれています。「誰にも生きる意味を感じてほしい」という秀貴さんの想いが伝わってくるようで、ラストのスピーチなんかでは、思わず涙腺が緩んでしまいます。
 自伝的な映画なので、少し自慢のように思えてしまう方もいらっしゃるかとは思いますが、それも含めて飾らないステキな先生の一面といえそうです(笑)。生きることに迷った全ての人に、是非観ていただきたい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド

4.5元気もらえるし感動します。

peanutsさん
2015年3月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

学校設立にむかってひた走る教師の物語。
行き当たりバッタリな行動だらけで、これでいいの?、っとも思うけど、信念一筋、仲間も家族もいろいろな人達に助けられて学校を設立する過程は普通に紆余曲折面白いし応援したくなります。
人間関係とか大都会じゃないからすがすがしく描けるの?って感じもうけるけどこれが実話というから驚き。
最後は涙が止まりませんでした。いい作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
peanuts

2.0脇役が粒ぞろいでよかったが

栗太郎さん
2015年3月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

未熟で、無計画で、よく迷い、よく惑う。
それでも、めげずに前進する行動力が魅力なのだろう。
実際の人物がそうでなければ、学校をつくるなんてできはしない。
しかし映画からは、その肝心なところが伝わってこない。
コイツならやってくれそうって期待を抱けない。
開校式のシーンの前後なんてツッコミどころが多くて、感動どころかイラついてしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
栗太郎

5.0お願いします

美豚さん
2015年2月8日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

笑える

知的

是非とも、東京での上映をお願いします。
後は、学校での上映会など、沢山の指導者と子供達に見て貰いた作品だと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
美豚

5.0もう一度見たい

2015年2月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

作品の事はあまり知らずに鑑賞したのですが、思っていた以上に感動しました。勇気をもらい心打たれる素敵な作品でした。もう一度見に行きたくなりました。舞台挨拶での監督さんや三浦君の涙が出そうな気持ちが上映後にわかった気がしました。多くの皆さんに見て欲しい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もんちゃる
「サムライフ」の作品トップへ