劇場公開日 2014年5月30日

  • 予告編を見る

薔薇色のブー子のレビュー・感想・評価

2.714
6%
24%
39%
25%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全14件を表示

5.0志賀廣太郎さんを偲んで

2020年6月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

指原莉乃変顔ミュージアム
クルマに轢かれた時の白目が1番面白い
ガラケーのとき待ち受け画面にしていた

指原っていちおうアイドルだよね!?
オナラもするしウンコもするし

最高に面白い
2014年1番のおすすめ映画
福田監督の代表作
アナ雪よりブー子

落とし穴と来客者突破の天丼が良い

ラーメン屋や占い師が伏線になっている

脚本も演出もよくできてるし面白い

今や人気俳優の中村倫也もムロツヨシも佐藤二朗も出ていた
佐藤二朗のムキムキはアドリブだろう

ヒーローショーもバスジャックもコントようなやりとりが面白い

若頭との追いかけっこで階段を自転車で降りるシーンがあるがきっとスタントマンだろう

バイトの滝沢さんがあるときはコンビニの店員またあるときはクラシアンまたあるときはヤクザのスパイまたあるときはタクシーの運転手はたしてその実態は?

ブーブー言わなくなったら幸せになった幸子
あの件で指原莉乃を叩いたパヨクマスコミやパヨク知識人やパヨク芸能人は幸子を見習えバカ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

1.0つまらなかった><

向日葵さん
2019年4月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

笑えるコメディ邦画が見たいと思いググったところ、こちらの作品が上がっていたので借りてみました。
主演はさしこだし、ムロツヨシやユースケサンタマリアなど豪華キャストが出ていたので期待して観ましたが全っ然面白くない!!
どこで笑えるのかわからずガッカリ。
同じ福田監督の作品である『銀魂』が面白かったのでこちらも合うかと思ったのですが…。でも『斉木楠雄のΨ難』は自分には合わなかったので、「薔薇色のブー子」も斉木よりの笑いなのかなー。
知らないキャストがいない!!というくらい豪華だったので勿体なく感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
向日葵

2.5ブーブー文句ばかりの女子がいろいろ経験をし、良い子になりましたとさ...

yonda?さん
2018年7月23日
スマートフォンから投稿

ブーブー文句ばかりの女子がいろいろ経験をし、良い子になりましたとさ。みたいな話。
コントや小ネタがたくさん。穴に何回も落ちたり高島屋で何度もキリ番ゲットしたり隕石落ちてきたりとかは割と良かった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

4.0安定の福田作品

曽羅密さん
2017年11月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
曽羅密

4.0面白かったです。

2016年2月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

さっしーファンじゃなくても楽しめました。
シュールな笑いが苦手な人は合わないかも。
間合い等福田作品の典型的な作り方なので
それが嫌だという人は観ない方がいいです。

そもそもコメディ。
ストーリーもニート女子大生が彼氏をゲッ
トし自立しようとする話を軸にコントみた
いな展開をたたみかけ、ラストは少しホロ
リとさせます。
何にも考えずに観ることができます。

最近のろくに演技もできてないアイドルの
少女マンガ原作のアイドル映画みたいな作
品よりも潔くてよっぽど好感が持てます。

ストレス過多の日々を送る方にオススメ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かんいち

2.5指原 THE MOVIE

2015年8月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

単純

これを劇場で見るのはさすがにキツイけど、家でまったり見る分には深夜ドラマ(コント)を見ているようで思いのほか悪くはなかったです。
まあでも福田雄一監督だから許される話ですよね、これは。
そもそも映画と呼べるかも疑問なところがありますが、個人的にはこんなコントの延長のような作品、嫌いではなかったりします。

内容は指原演じる幸子が(さしこだけに?)、ただただとんでもない目に合う姿を見る映画でしたが、とにかくクドイ、そしてくだらないの連発でした(苦笑)
私のようにそれでもクスクス笑いしてしまう寛容な映画ファンか指原の熱狂的ファンは別として、一般的には見るに値しない映画かと・・・。

でも、あえて指原だからこう言う作風にしたのでしょう、棒演技の指原ですから、こうでもしないと指原の主演映画なんて作れないですよね。
そこかしこに福田監督の指原愛が感じ取れました。
しかし他のAKB出身メンバーと違って、映画がコケても何のダメージにもならない指原恐るべし!

それにしてもチョイ役出演陣が物凄く豪華、福田組常連から芸人等、本当に多種多彩なメンバーで楽しませてくれました。
まあ軸は義父役のユースケ・サンタマリアと指原の親子コントでしたが、基本的にはそこそこ楽しんだ・・・けど、どうせなら最後まで笑いで突き抜けてほしかったかな。
いい話は似合わないので(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
スペランカー

3.0豪華なキャスト

TKNさん
2015年1月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

いつものメンツといった感じなんだろうが、やっぱり豪華な出演陣でした。
楽しかったです。指原さん演じる女子大生の気持ちが何となくわかるところもあり、ハートフルな感じもしました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
TKN

3.5意外に楽しかった。

2014年11月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

主役のサッシーが微妙な分、周りの役者さんが豪華だったため意外にバランスはよかったです!でも、映画スタッフが楽しみながら作った感もあるため、視聴者よりじゃないかも!
ま、仕事で疲れていたので、気軽に見れて良かったです(^_^)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キューピー

3.0親子愛

KWさん
2014年11月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

単純

キャストがバラエティ豊かでかなり豪華な印象だった。

小ネタを終始たくさん挟んでの、映画だけどコントの延長線ぽい感じはポケーっとずっと見てられるよ。

エンディングがハピネスな感じで良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KW

1.5仲間内の自己満映画

2014年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

1時間半がこんなにも長く感じるとはあるいみ凄い映画なのかも。

もともと、これは映画か?と皮肉な宣伝していたし、コントの延長みたいなものと捉えて鑑賞したが、あまりにもくだらなすぎた。

誰でも知っているような小ネタをこれでもかってほど入れてきてるが、それが面白いだろ?って押し付けがましく感じる。

この監督、ドラマやバラエティーでは面白いものが作れるのに、そのまま映画やっちゃってるからなんか違うって感じてしまうのかも。

あと、アイドルが主演のものって演技がアレなのが多いけど、指原の演技は今まで観た映画でトップ3に入る酷さだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りきまる

2.0出来の悪い「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」。

2014年7月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

酷かった。

産廃作品を量産し続ける福田雄一監督。
今回も安定の産廃作品でした。
おそらく手掛けているTVドラマ等は腹が捩れる程に面白いのでしょうけど。
映画はそろそろ諦めた方が良いのではないでしょうか。

小ネタ満載。
話の筋無し。
指原激推し。
…指原ファン以外に誰が観るのか。
最早、柳下穀一郎さんにネタを提供しているとしか。

詰め込まれた小ネタは殆どがキツイ。
キッツイにも関わらず繰り返される。
繰り返されることで
『面白くないのは分かっているけど、敢えて繰り返すと…面白いでしょ?』
と言われているようで非常に腹立たしい。
何度やっても面白くないものは面白くない。
デパートの件、落とし穴の件は本当に辟易。
ホリ、コージー冨田の場面は奥歯を噛みしめる程に酷かったです。

素人の指原は横に置いておいて。
脇を固める俳優陣、ゲスト芸能人も総じて酷かった。
特に福田雄一監督常連の佐藤二朗、ムロツヨシ。
福田雄一監督作品を観るたびに確認したくなるのですが。
…この両人、本当に好評なんでしょうか。
兎にも角にも灰汁が強過ぎる。
その灰汁の強さが買われているのかもしれませんが、それにしても違和感が。
元から無いような話に更に急ブレーキが掛かる意味でノイズになっていました。

唯一、指原莉乃と田口トモロヲの自転車追いかけっこは良かった。
急勾配の坂階段を自転車で下り、倒れて、自転車を無理矢理起こして先に進む姿。
この場面だけは観ていて面白かったです。
気分的にはスーパージョッキーの「THE ガンバルマン」を観ている感じ。
そう考えると、もっと体を張った映像が多かったら面白かったかもしれません。

小ネタが酷く、出来の悪い「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」となっていた本作。
93分が大分、いや結構長く感じた作品でした。

指原莉乃のファンであれば。
オススメです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Opportunity Cost

2.0話はおもろいのに…

peanutsさん
2014年6月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

幸せ

サッシーの演技が微妙…ところどころ良いんだけどまだコメディ演技は無理じゃない?
クロネコ横切りの不幸ネタからたたみかける不幸連鎖に、まさかのホンワカネタラスト。確かな役者さんの演技には笑わせてもらえます。
周りを固める俳優達の、まー、豪華な事。余計にサッシー演技の未熟さが露骨にばれちゃう、っつの。
ちょっとした快作ではあると思いますが…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
peanuts

3.5こんなばかばかしい話にまさか。

lotis1040さん
2014年6月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

まさかこんな映画に泣かされるとは思ってもいなかった。
一生の不覚とまさにこのこと。

笑えたかというと個人的にはそれほど笑えなかった。確かに面白いシーンはいくつもあったが、それはそれという感じで普通に映画を見てしまった。むしろ笑いに来たのに泣いて帰ったというのが正解。

この映画には不幸な人たちがたくさん出てくる。
その人たちと逃げることなく主人公が向かい合うというのが、このブー子の面白いところだ。

そしてこういう人はおそらく世の中にいる。
器用貧乏というか、喋れば普通に喋れるのに結局器用に立ち回るから疲れてしまい自分だけが不幸な気分になってしまう。

この映画の登場人物の殆どがなにかしらの不幸を抱えていることは想像に難くない。その不幸のアンサンブルこそが、この映画の魅力であり、われわれ観客が補完してみて楽しめる場所ではないかと思う。

おそらく客観的に見て、ブー子よりも不幸な人間はこの中に何人もいるだろう。しかし、不幸か幸福かはその個人によって感じ方も違ってくるし、金持ちの不幸も貧乏人の苦労も一般人の空虚さもそれぞれに重さは同じなのだ。

何度もこの映画に泣かされる場面があった。
今はこの映画の登場人物たちの幸福を願わずにはいられない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lotis1040

3.0自分を変えられるのは自分だけ。変わりたいあなたへ贈る、爆笑ムービー。

2014年5月30日
PCから投稿

笑える

楽しい

幸せ

【賛否両論チェック】
賛:思いのほか、かなり豪華キャストでビックリ。笑いのツボを押さえた展開で、思わず抱腹絶倒。
否:ストーリーそのものは、有って無いようなもの。小ネタ挟みまくりのコントみたいな展開なので、その辺は好みが分かれそうなところ。

 ストーリーは、まさに有って無いようなもので、小ネタ小ネタの雨あられで抱腹絶倒です。“バレンタインにトラック3台チョコをもらった男”役で、NON STYLEの井上さんが出てたり、セーラー服でマシンガンをぶっぱなして、
「か・い・か・ん…」
って言ったり、挙げればキリがありません(笑)。そして、思いのほか豪華な顔ぶれが次々登場するのも、メッチャ面白いです。
 ストーリー重視の方にはお気に召さないかもしれませんが、とにかく笑ってスッキリしたい方には、是非是非オススメです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
映画コーディネーター・門倉カド
「薔薇色のブー子」の作品トップへ