劇場公開日 2014年6月21日

  • 予告編を見る

NOTHING PARTS 71のレビュー・感想・評価

4.25
71%
0%
29%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全5件を表示

4.5NOTHING PARTS 71(あなたの自己決定権が問われます)

2014年7月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ミルクゆがふ

4.5生々しい沖縄へ、めんそーれ

palmさん
2014年7月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

仙頭氏と沖縄のスタッフ・キャストが共鳴して生まれた物語は、
歌って踊って楽しい癒しの島…ではなく、
仰々しい音を背景に、欲望と希望が入り交じる生々しい世界。

その昔、「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」で
沖縄に着いた寅さんは、
愛しきリリーのいる病院に向かうバスの中で爆睡してしまいます。
上空では米軍機が爆音を立てて飛び交っているのに…。

山田洋次監督は基地問題に無関心な日本国民を
寅さんの寝姿で表現したといいます。

寅さんが見なかった米軍基地は今も存在し続け、
「金目」で沖縄を売り渡す知事までいる現在。

本作の撮影は2010年、沖縄公開は2012年、本土公開は2014年。
時代が映画に追いついた感がします。

「沖縄大好きなんです」な人にこそ見てほしい。
あなたが無自覚に「消費」している沖縄とは何か、
痛いほどわかるから。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
palm

5.0身に覚えのある「不快」

赤い魚さん
2014年7月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

知的

難しい

確かに、「生身の沖縄を容赦なく抉ってぶちまけた問題作」です。

でも(こんなこと思うのは自分だけかもしれませんが)、
観るたびなぜか、「沖縄映画」という感じがしなくて。

というのも、作品中もちろん沖縄固有の事象も登場するものの、
多くの場面の背景に流れる「不快」の感情は、ないちゃーの自分にもある意味、身に覚えのあるものだったから。

心に確かに存在する「不快」を押し殺し、
「理想」と「現実」の落差に見て見ぬふりをして耐えられる最大年数って一体何年なんだろう?
あ、そんなこと言ったら沖縄は・・・。

等々、観出したらとめどもなく思いが拡がる映画です。
ぜひ一度、ご覧になることをお薦めいたします。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
赤い魚

4.5フィクションだがリアルな沖縄

2014年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ごーやーねぇねぇ

5.0シンプルな複雑さ

2014年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

興奮

難しい

今までテレビや映画、沖縄ガイドブックで見た「沖縄」のイメージを完全に覆された。
軍用地主の兄弟のキャラクターが凄い。弟は一体何者なのか?何を考えてるのか?様々な答えを想像させられる。
こんなにドストレートに、シンプルで、且つ複雑な映画は初めてだ。
何度でも観たい、いろんな人に観てもらい、意見を聞きたい作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
普天間家の三男坊
「NOTHING PARTS 71」の作品トップへ