「酷評の言うとおり」神さまの言うとおり 近大さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

神さまの言うとおり

劇場公開日 2014年11月15日
全156件中、18件目を表示
  •  
映画レビューを書く

酷評の言うとおり

三池崇史は紛れもなく才ある監督だ。
「DEAD OR ALIVE」の奇想天外さは他の監督には真似できないものだし、「着信アリ」はしっかりとエンターテイメント・ホラーとして見せてくれたし、「クローズZERO」のエネルギッシュさは三池ならではだし、チャンバラ活劇を現代に蘇らせた「十三人の刺客」は三池のキャリアに於いてもベスト級だったし、賛否ある「一命」の重厚で格調ある演出もなかなかだったし、「風に立つライオン」の高らかなヒューマニズムもとても良かった。
「ヤッターマン」や「テラフォーマーズ」のような駄作でも何だかんだ言って手掛ける作品はつい見てみたくなり、出来る限り劇場に赴く。「土竜の唄2」は諸事情で観に行かなかったが。
だけど本作だけは一向に見る気が起きなかった。
今頃になってやっと見る機会が出来て見てみたんだけど…、“見る気が起きなかった”直感は当たっていた。
三池さんよ、これの何処に惹かれ監督を引き受けたんだ??

退屈な日常に飽き飽きしていた高校生・瞬は、ある日突然、訳も分からぬ不条理な死のサバイバル・ゲームに巻き込まれる…というストーリー。原作は同名コミック。
開幕早々何の説明もナシにいきなり“ダルマさんが殺した”から始まり、劇中の登場人物さながらの渦中に置かれる入り方は悪くない。
第2のゲームは“まねきねこ”、第3のゲームは“かごめかごめ”…いずれのゲームも日本人なら懐かしさを感じさせるものばかりで、それを死のサバイバル・ゲームと絡ませたのはユニークではあるが、見ていく内に思ってしまう。何だ、これ…?
一応、知恵を駆使し、協力し合ってゲームを攻略していく主人公たち。が、
同世代ターゲットの同系列の作品と比較しても、「バトル・ロワイヤル」のようなスリリングさも無ければ、「人狼ゲーム」のような疑心暗鬼の恐ろしさも無い。サスペンスが全く盛り上がらない。
高校生特有の悩み・葛藤・自分の存在意義と言ったテーマも一見込められているようで、深みどころか浅くもなく平らで、一切響いてこない。
一体このゲームは何なのか? 突如飛来した物体は?
何の説明もナシに始まった話は結局何の説明も無いまま展開し、終わり。
意味が分からん。
観客に解釈を委ねるとか、不条理な分からんとか、そういうんじゃない。
何を描きたかったのか、何を伝えたかったのか、何を言いたかったのか、それが全然分からんのだ。
終盤につれ、ちょっと哲学めいた描き方も鼻につく。

グロさはまあまあ。
でも、血の代わり(?)のビー玉みたいなの、何なの、あれ?
もっと成人指定になるくらい、血がドバーッ!と吹き出し飛び散れよ! 中途半端にやんなよ!
若手注目株は誰一人実力発揮出来ず。染谷くんも神木くんも。
福士くんファンにはキュートなネズミのコスプレだけでキュンキュンものなんだろうけど。
良かったのは、山崎紘菜の破れたセーラー服姿くらい。

もう、何て言うか…、このふざけた映画、何じゃゴラァッッッ!!

俺はこの映画にとことん惚れて、この映画を撮ったんだ!
そんな熱い思いが微塵も無く…。
最近、三池の映画、そんなのばっかり…。

近大
さん / 2017年1月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報