チョコリエッタのレビュー・感想・評価

メニュー

チョコリエッタ

劇場公開日 2015年1月17日
20件を表示 映画レビューを書く

なんかこの世界観嫌いじゃない。 でも、ちょっと長いわ。。

なんかこの世界観嫌いじゃない。
でも、ちょっと長いわ。。

tama
tamaさん / 2019年3月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悩み多き青春

交通事故で母親を失った主人公(森川葵)は、愛犬も死んでしまい孤独にさいなまれる。
映研で知り合った先輩(菅田将暉)に、母が好きだったフェリーニの「道」を見せてもらう。
ちょっと長いかな。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年12月27日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映研に所属したい私です。

市川実和子さんで泣ける。森川葵さんの声の良さに吃驚。この作品、森川葵さん見る為にレンタルしたが思いのほか当たりだった。嬉しく楽しく堪能できた。

落とす髪、記憶の絵文字、そらに投げる。

G・・HT3
G・・HT3さん / 2018年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不思議な世界観

正直、長かった。
正宗先輩のその後はどうなったのか。モヤ。

ginger
gingerさん / 2017年6月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ストーリーが難しい

青春の一ページとして、あるような、ないような。

anemone
anemoneさん / 2017年6月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

眠くなる

3回チャレンジしましたが3回とも寝落ちしてしまいました!夢心地な映画です!!

しえこ
しえこさん / 2017年6月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正直長かった、伝わってくるものはあったけど

たぶん苦手系の映画だろうなとは思いつつも、森川葵&菅田将暉に惹かれて鑑賞してみたら、やっぱり苦手系でした、しかも2時間40分、ただでさえ長いのに、より長さを感じるような気だるい作風には、ホント参った、長かったなぁ・・・。
このテンポ、このダラダラ感、あえてこうしたのかもしれませんが、見ている方は結構辛い。
まあ勿論、この作風にしたことで思春期特有のモヤモヤっとした雰囲気・感情は十分出ていたと思いましたけどね、でももう少しコンパクトに出来なかったものか、作った側はかなりの満足度なんでしょうけど、見る側の感情はそこまで・・・。

とりあえずこの映画は、かなり3.11の影響を受けた映画のようですね。
だからこそより先が見えない、若者が未来を描けない社会になっていたのでしょう。
主人公・知世子の母が事故で亡くなった年もドンピシャでしたし、愛犬の死も含めてその喪失感たるや、森川葵の好演も相まって物凄く伝わってくるものはありました。
丸坊主にした役作りも凄い、そしてあの脱力感、犬になりたい、何者にもなりたくない、モヤモヤっとしたその感じ、空気感は、作品の軸としてホント素晴らしかったと思いました。

逆に菅田将暉は珍しく受ける側、いつもは森川葵が演じたキャラ側の役どころが多いのに、今回はちょっと珍しかったですね、かなり変人な先輩ではありましたけど、森川葵を見事に引き立たせる受けの演技はさすがの一言。
まあ演じた正岡正宗も、彼なりに喪失感を抱え、未来を生きようとしない人で、いろいろと知世子と共鳴するものがあったからこそ、ああして彼女のわがままを受け入れたのでしょうけど、2人のやり取りは正直ダラダラと長かったなぁ。
2人の演技は見応え十分なんですけどね、話が進みそうで進まず、とにかくもどかしい、そのもどかしさこそが青春と言えばそうなんですけど。

この映画、もしかして永遠に終わらないのでは?とも思ったぐらいでしたが、着地点は真っ当で一安心、岡山天音が演じた同級生が結構いい味出してましたね。
あと市川実和子が知世子の母だったのも、妙に納得感、森川葵の主題歌も作風に合っていて良かったと思いました。
まあ私はフェリーニ映画をほとんど見てないから嵌れなかっただけなのかもしれません。
映画通の方は、時間の長さを忘れるぐらい楽しめる映画だったかも?

スペランカー
スペランカーさん / 2016年12月27日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正岡正宗

菅田将暉史上最高の役です。正岡正宗先輩。
菅田将暉史上でも最高ですし、私の理想を寸分違わず形にした人物像で、菅田将暉にぴったりだと思いました。

この映画めちゃくちゃ素晴らしい。
一瞬、一瞬が愛おしくて大切なシーンの数々。この映画に出れた役者さん達はみんな幸せだと思ってしまう。みんな輝いていた。

こんな映画作ることなんてなかなか難しいよ。監督は才能に溢れていると思う。

この映画は私の宝物です。

まつこ
まつこさん / 2016年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

なんともいえない

うーん。
ふわふわとしている。

なんとなく思春期やらモラトリアムな感じの色んな意味で痛い映画。

自分自身もなんとなくわかるような、
中学生や高校生のときのあの感覚。

もっと若い時に見ていたら、受ける感覚は違ったのかなぁと思う。

おむらいす
おむらいすさん / 2016年9月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主人公に共感はできなかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

二人は根っからの映画人で、変わっていることがステータスみたいな空気が流れてるのがいけすかなかった。それぞれの過去を克服するための旅。ドラマチックで、ここも共感しずらかった。何よりも長かった。じーさんはかっこよかった。

いつこ
いつこさん / 2016年2月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難しい…

キャストさんと名前をみて
面白そうだなと思いみました!
森川葵さんと菅田将暉さんの演技が
素晴らしかったです。
森川さんの情緒不安定な役柄の演技、
森川さんと菅田さんのなんとも言えない
距離感、関係性、不思議でした。

なな
ななさん / 2016年2月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生まれ変わる

5歳の時に母親を亡くし、
半年前に犬のジュリエッタを亡くした
知世子(森川葵)が、映研部の先輩
正宗(菅田将暉)と映画を撮ることになり
海を目指して旅をする。
(旅をするまでに1時間半)

退屈でした。
間合いの取り方で生まれる
退屈さではなく、いやむしろ
間合いは凄く好みです。撮り方も、
堤防を歩く2人を平行して撮ったり、
カーブミラーに映る正宗、知世子
を撮ったり、、
また、川だったり海だったり
山だったり、自然の描写が美しくて
さすが、映画を撮るという映画、
演出は素晴らしいと思いました。

何が退屈だと言うと
わたしには大切なものを失った
知世子の感情や行動を
理解できないからでしょうか。

でも分かることは
知世子はこのままではダメだと
髪を丸め、フェリーニの映画を見て
そして正宗と旅に出た。
そして知世子は生まれた。やっと。
多分、正宗に影響されたというよりは
知世子自身、変わりたいという思いがあり
それに影響されてやっと正宗も動き出せた
(映画を撮ることができた)のではないか。

正宗は結局どうなってしまったのか
とても気になります…

フェリーニの『道』が是非観たい。

なお
なおさん / 2016年1月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不思議すぎる世界観 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

世界観がつかめずあわあわしながら観続けました
最後これは面白いんじゃないかと思いそうになったところで終わりました
正宗死んじゃったの?ちえこが正宗のカメラを使っていることが意味深でした
教えて欲しい

もりや
もりやさん / 2016年1月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

長くてだれてしまった。。。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ビラの印象、ピンクなかわいい雰囲気に魅せられて見てきました
最初から長いので気持ちを引き締めていたんですが
ゆるくてかわいいのですが
主人公が叫んだり、走ったり、色々な感情表現があるんですが
なかなか感情移入することができずでした。
妄想のシーンのくじらのバスや倒れたシーン
不思議で印象的です
しかしこんな先輩ほしいですね
元々の映画を知ってたらもっと感情移入できたのかな?

だれか
だれかさん / 2015年5月7日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この映画に携わった方々に感謝 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

名古屋での初日に鑑賞しました。
舞台挨拶に来られた風間監督は、飾り気もなく本当に素敵な方でした。

素晴らしい映画です。
その一言につきます。

絵画のような構図にこだわった画面。張りつめた空気感の中で、神経を研ぎ澄まして演技に挑む出演者。確かにストーリーの起伏は小さい。しかし、始まりから、ラストまでピリピリとした緊張感のある画面に、退屈なんてなかった。
スタッフやキャストの方々の、凄まじいほとの熱意が伝わってくるのである。

幼い頃に事故で母を亡くし、十年が経ちさらに愛犬を失って心を閉ざした少女を森川葵が見事に演じている。
両親が離婚して引き取られた祖父への想いを断ち切れない青年を、自然体で取組んだ菅田将暉も凄さを見せつけた。
二人だけではない。共演の全ての方も緊張感を漂わせている。悪い意味ではない。一瞬たりとも、手を抜いていないのだ。

この映画の凄さは、それだけではない。青春時代に誰もが抱く苛立ちや悩みが、画面の中から直接に心に響くのだ。説明的なセリフやオーバーな表現が一つもなくても、主演の二人の姿から青春時代の不安定な心情の揺れが突きつけられる。

映画を観ているうちに、キネマ旬報や映画評論を読み耽り、フェリーニやビスコンティやATG作品を観ていた頃、もう40年近くになる昔の自分を思い出していた。

映画ファンを自称するなら、若者だけでなく中高年の方にも是非とも観て頂きたい作品です。
本当に、この映画を作ったスタッフやキャストの方々全員に感謝します。

虎吉郎
虎吉郎さん / 2015年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

退屈。それが思春期。

あくまで個人的な感想ですが
心を揺さぶられたり、ドキドキしたり、感動するシーンはないです。簡潔に、語弊を恐れずに言えば、退屈です。でも観終わった後、ハッとしました。この退屈感こそ思春期にずっと漂っていたものだなと。退屈や大人になることの不満故の行動、とても懐かしい気持ちになりました。
観客は、若い人からお年を召した方まで。幅広い年齢層でした。

のん
のんさん / 2015年2月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん難解です!

幼いころ一緒に乗っていた車の事故で母親を亡くし
心を閉ざしてしまった女子高校生知世子、
心の支えだった愛犬ジュリエッタが死んでしまい
うつろな日々を過ごしていた彼女が
ふとしたことから映画研の先輩正宗から
母親の好きだった映画「道」を見せてもらい
正宗から映画に出てくれと懇願され
一緒に撮影旅行に出掛けて行くストーリィ
バイクに乗り行き当たりばったりに
海を目指す二人

途中「道」に出て来る大道芸もどきをまねたり
淡々と旅を続ける二人
とても難解なストーリィで
台詞だけがずっと続きます
演じる森川葵さんの演技は感情を絞り出すような迫力があり
素晴らしかったです
正宗役の菅田将暉さんも自然体で良かったですね

ただやはり坦々と続く長い旅は観ていてちょっと疲れました
好き嫌いの分かれる映画かなぁ

ままこ
ままこさん / 2015年2月9日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予想と違い

もっと笑いのある作品かと思ったら、哲学的というかすごく難解でした…
向き不向きはあると思うけど、森川さんの演技は凄いのではと思った。

おっくん
おっくんさん / 2015年1月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  知的 難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わからないけれど好き・・・

菅田君のファンなので おさえておきたい作品と思い観に行きました。いつも 弟や下っ端というか、ポジションが下の役が多い中
今回はわけあり先輩の役で お兄さん的な役柄で観ていて 新鮮でした
幼いころ事故で母親を亡くし心がそこから止まってしまった高校生と親に見捨てられ爺さんに育てられた先輩2人が中心で物語は進みます
ただこの作品 かなり難解で、演じる方もかなり難しかったのではないでしょうか?でも 森川さんも菅田くんも演技は素晴らしかったと思いますが・・・・
物語がたんたんと進み 音楽もなく 映像だけで表現する作品なので観る方も 今一つ難しくて とても長く感じました
万人向きの作品ではないと思います
これを観た後に監督のインタビューを読んで そういうことだったのかと納得したり、映像で見損ねていたところもあったようで・・・それで内容がわかりました
わからなくて 長く感じた映画ですが このわからなさ 難しい映画 嫌いではないです(笑)

ともちん
ともちんさん / 2015年1月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ここは退屈。

長い。
オマージュを捧げた「道」より長くてびっくりした。
劇中で作品を撮っている訳ですが、劇中のカメラも本作品も、何を捉えたいのか、私には分かりませんでした。

大声張り上げる演出や、血液に関する描写、好きになれませんでした。

Nori
Noriさん / 2015年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

20件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報