劇場公開日 2014年11月8日

  • 予告編を見る

嗤う分身のレビュー・感想・評価

3.124
6%
41%
40%
9%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全24件中、1~20件目を表示

3.5自分の存在意義とは。

2019年12月22日
iPhoneアプリから投稿

病んでる時に見ると悪化するタイプのあれです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
小学17年生

3.0何だろうな?

alalaさん
2019年12月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
alala

4.0じわじわくる

babydollさん
2019年10月3日
iPhoneアプリから投稿

スタイリッシュな映像とヒロインの魅力で最後までみれた

面白いかどうか、自分でもわからないままだったが

ときどき思い出して

また観たくなる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
babydoll

2.5自分を奪う自分

近大さん
2018年12月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

難しい

寝られる

開幕早々、ヘン。
主人公の青年サイモンは列車に乗ってると、見知らぬ男から「そこは俺の席だ」といちゃもんを付けられる。
列車を降りようとすると、荷物の積み込みが始まり、なかなか降りられない。
やっと降りたと思ったら、鞄を扉に挟まれる。
出社したら、もう7年も勤務してるのに、警備員に止められる。
ヘンと言うか、ついてないとしか言い様がない。
隣のアパートに住む美人同僚ハナを望遠鏡で覗き見する事が唯一の楽しみのサイモン。その日も覗き見してたら、アパートから男が、こちらに手を振って飛び降り自殺するのを目撃する。
ここからまるで出口の無い迷宮に入り込んでしまったかのような…。
そして、職場に新人がやって来る。自分と瓜二つの青年、ジェームズ。

自分の前に自分とそっくりの人物が現れ…というのは、映画でよくある題材。
いつぞや見たドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『複製された男』は難解であったが、こちらはとにかく奇妙でシュール。
終始、ヘンな夢を見てるよう。
話を理解しようとすればするほど、訳が分からなくなってくる。
この不思議な感覚、不条理さに身を委ねる作品であると感じた。

ドストエフスキーの名作を近未来に舞台を移して映画化。
とは言ってもその近未来の世界観は、レトロな雰囲気。
背景音楽として日本の昭和歌謡曲が多く流れるのがユニーク。
とあるシーンでは、あの名曲が主人公の心情とリンクしていた。

容姿のみならず服装まで同じ。
ここまで似てると薄気味悪くなってくる。
唯一違うのが、性格。
内気なサイモンに対して、魅力的なジェームズ。
職場の人気者になり、ハナといい雰囲気に。
自分の全てが奪われる…。
これが全くの赤の他人だったら諦めつくかもしれないが、自分とそっくりの人間が…と思うと、気が気じゃないほど恐ろしくもある。
でもとにかく、奇妙・ヘン・不思議・シュールな作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

2.5世にも奇妙な物語的な

mimiccuさん
2018年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

・ある日自分にそっくりな人物が入社して、自分の居場所が奪われていく話
・坂本九の「上を向いて歩こう」や昭和歌謡がやたらと掛かるのは何か意味があったか?
・鏡に写る自分、見る見られるの関係、持つ者と持たざる者、そんなことをつらつらと考えた
・凄まじい台詞の応酬
・飛び降りて救急車の中「特殊な存在でありたい」と言い残し目を閉じるラスト
・向かいのアパートの好きな女の子を望遠鏡で覗く「裏窓」だ
・レトロフューチャーな世界観が不思議

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mimiccu

3.5意味わかんないけど結構好き。

Amyさん
2017年7月25日
iPhoneアプリから投稿

意味わかんないけど結構好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Amy

4.0苦手でした。

2017年2月19日
PCから投稿

苦手でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ボケ山田ひろし

3.0シュールなファイト・クラブ

2016年5月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

知的

萌える

リンチやT・ギリアムにキューブリックな雰囲気で昭和歌謡など良さげな感じでオチは「ファイト・クラブ」にも似た方向性で!?

主人公のあり得ない位に理不尽な環境に本人の気弱さに若干、イラっと。

チョット、注目したい監督ではある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

3.5これが自分なら嫌

2016年1月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ラヂオ

3.0なかなかいいよ

素子さん
2016年1月2日
iPhoneアプリから投稿

ドッペルゲンガー に関する映画 ジェシーアイゼンバーグの神経質な演技は良かった。場面が暗くて最初はオチがわかんなかったが面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

2.5そこまで面白いか?

2015年10月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ドストエフスキーの作品を映画化した作品とのことですが
文学については詳しくないので、少々難解ではあったけど
主人公の二重人格なのか、妄想なのか・・・
その両方が重なり合ってる感じなので、不思議でしたね。
ただ、面白かったかと聞かれたら「そんなに面白くはないよ」と答えますね。
映画の冒頭から結尾まで 独特の世界感が広がっています。
すごく抽象的な作品なので、好きな人は好きなのかなー?

望遠鏡で向かいのアパートを覗くシーンは、まるでヒッチコック監督の「裏窓」でした。
「裏窓」は凄く面白いですけどね!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
m@yu-chan-nel

0.5惜しい

saiさん
2015年8月17日
iPhoneアプリから投稿

やりたいことはだいたいわかるけど、もう少し面白さが欲しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sai

3.0自分が分身に、利用されるかもしれないと知ったらどうするのか?

2015年7月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

自分が分身に、利用されるかもしれないと知ったらどうするのか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ユージン

4.0昭和歌謡

2015年3月2日
iPhoneアプリから投稿

劇中、昭和歌謡が流れてきますが全く違和感なし。緊迫した空気感が続くコメディです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Eigaeiga

3.0難しすぎる

Natsumiさん
2015年1月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

かなり頭を使って集中して観ていたけど、情報は少ないしタネ明かしがないしで観終わっても全く意味わかりませんでした。

時代も場所もよくわからなかったのは、そういう世界観だったからかな?

日本人なら反応しちゃうあのBGMは良かった。

演技や演出は文句ないけど、あと3回は観ないと理解できる自信がない(笑)

わたしの理解力の低さも原因ですが、とりあえず初見はこの評価で。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Natsumi

4.060年代?近未来?ロシア?引き込まれました^ ^

seriplusさん
2014年12月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
seriplus

2.0単調で長い (u_u)

HIROKICHIさん
2014年12月25日
iPhoneアプリから投稿

寝られる

ドストエフスキーの「分身」
近未来的なSFに置き換えた設定は興味深かったが、単調すぎて何度も寝ちゃいました…
家で観たら完全に熟睡パターンw

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
HIROKICHI

4.0新たなるシビれる才能!

2014年12月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

知的

とにかく溢れ返る「センス」に圧倒される一本。

トーンを落としながら、色彩と光で魅せる時代レスな画面と、そこから紡がれる作品世界。
そして何よりも…
「ブルーシャトー」や「上を向いて歩こう」などの昭和歌謡を、堂々と劇中で流す音楽選びの妙ったら!
(EDにはハングルのフォークをぶち込んでくるし!)

古典にネタを取った、よくあるドッペルゲンガーものが、溢れる類作と一線を画すのは。
兎にも角にもこうした監督の「センス」に圧倒されるという点だと思う。
(「ドライブ」の初見の時のような衝撃、と言ったら分かりやすいか)

加えて。
一人一役ふたパターンを完璧に演じ切った、みんな大好きジェシー・アイゼンバーグのポテンシャルの高さ。
そして見事にチョイ暗ヒロインにはまったミア嬢。
少ない登場人物ながら、いや故にそうした俳優陣の実力が光るのも嬉しい。

中毒性の高い、クセになる作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれ

3.5世にも奇妙な物語

映画Kanさん
2014年12月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

難しい

ジェシー・アイゼンバーグの一人二役が素晴らしかったなあ〜

と感じるまで
映画館からの帰り道中、作品の世界観からまったく抜け出せなかったです。
狂気、不気味さ、陰湿、霧、暗闇、刺激、電球色、謎、美、
すべてのワードがマッチする
ホラーでありサスペンスでありブラックコメディ。
まさに「世にも奇妙な物語」。

あの世界観が好きな人なら
きっと"嗤う分身"の追走からも抜け出せなくなる…‼︎

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画Kan

3.5スキのない世界観

むぎさん
2014年11月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

難しい

非日常的な世界観で、光の使い方やカメラワークが凝ってる。シリアスなストリングスが不気味で怖さを煽ってくるところもあれば、いきなり昭和歌謡が流れてそのシュールさに笑ってしまったり。最後の方はどっちがどっちかわからなくなってましたが。笑 でも、圧倒的な作りこまれた世界、アーティスティックで面白かったです。ミア・ワシコウスカはめちゃめちゃ可愛い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
むぎ
「嗤う分身」の作品トップへ