劇場公開日 2014年2月22日

  • 予告編を見る

「ヒット・ガールの出番の少なさ加減」キック・アス ジャスティス・フォーエバー 万年 東一さんの映画レビュー(感想・評価)

3.6197
18%
53%
24%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

1.5ヒット・ガールの出番の少なさ加減

2016年5月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

単純

興奮

前作でのヒット・ガールのアクションに暴力描写が減って台無し。

N・ケイジに代わりJ・キャリーも意味が無い存在感で主人公のカノジョ役も存在感が可哀想な位に薄い。

女ターミネーターみたいなのも中途半端でラストの乱闘シーンは明らかに雑で酷い。

監督が代わり雰囲気はマンマの割に派手な見せ場は激減。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」のレビューを書く 「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」のレビュー一覧へ(全197件)
「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」の作品トップへ