劇場公開日 2014年3月29日

  • 予告編を見る

白ゆき姫殺人事件 : 関連ニュース

「尾道映画祭2019」、尾道出身の湊かなえ原作、尾道ロケの「望郷」で開幕

「尾道映画祭2019」、尾道出身の湊かなえ原作、尾道ロケの「望郷」で開幕

今年で3年目を迎えた「尾道映画祭2019」が3月23日、開幕。因島市(現・尾道市)出身の作家、湊かなえ氏の原作で、同地でロケした映画「望郷」(菊地健雄監督)が広島・尾道の「しまなみ交流館」でオープニング上映された。「望郷」は同名連作短編集の... 続きを読む

2019年3月23日
伝説の舞台「焼肉ドラゴン」映画化!真木よう子×井上真央×桜庭ななみ×大泉洋が結集

伝説の舞台「焼肉ドラゴン」映画化!真木よう子×井上真央×桜庭ななみ×大泉洋が結集

2008年に日本の演劇賞を総なめにした伝説の舞台「焼肉ドラゴン」が映画化され、演出を務めてきた鄭義信が初監督作としてメガホンをとっていることが明らかになった。「月はどっちに出ている」で第67回キネマ旬報ベストテン脚本賞、「愛を乞う人」で日本... 続きを読む

2018年1月17日
貫地谷しほり、大東駿介が過ごした充実の“因島生活”に嫉妬?

貫地谷しほり、大東駿介が過ごした充実の“因島生活”に嫉妬?

人気作家・湊かなえ氏の第65回日本推理作家協会賞短編部門受賞作を映画化した「望郷」の完成披露上映会が8月22日、東京・新宿武蔵野館で行われ、ダブル主演を務めた貫地谷しほりと大東駿介、菊地健雄監督が出席。貫地谷が「誰しもが感じたことのある“窮... 続きを読む

2017年8月22日
藤原竜也&戸田恵梨香「デスノート」以来10年ぶり共演!ドラマ「リバース」で恋人役に

藤原竜也&戸田恵梨香「デスノート」以来10年ぶり共演!ドラマ「リバース」で恋人役に

藤原竜也と戸田恵梨香が、湊かなえ氏の小説をTBSが連続ドラマ化する「リバース」で共演することがわかった。2人の本格的な共演は、2006年公開の「デスノート」「デスノートtheLastname」以来約10年ぶり。今作では主演の藤原が主人公・深... 続きを読む

2017年2月13日
「少女」映画化の三島有紀子監督、湊かなえの原作は「天才的な構造」

「少女」映画化の三島有紀子監督、湊かなえの原作は「天才的な構造」

累計100万部突破のベストセラー小説を映像化した「少女」のトークイベントが8月2日東京・スペースFS汐留で行われ、原作者である湊かなえ氏と三島有紀子監督が登壇した。物語の主人公は人の死を見たいという願望にかられる女子高生だが、テーマについて... 続きを読む

2016年8月2日
事故物件の専門家が明かした“住んではいけない部屋”の見分け方とは?

事故物件の専門家が明かした“住んではいけない部屋”の見分け方とは?

「白ゆき姫殺人事件」(2014)、「予告犯」(15)、「殿、利息でござる!」(16)の中村義洋監督がメガホンをとり、竹内結子と橋本愛が初共演した映画「残穢(ざんえ)住んではいけない部屋」のブルーレイ&DVD発売を記念し7月9日、「ニコニコ生... 続きを読む

2016年7月12日
竹内結子×橋本愛「残穢」、音楽が恐怖をあおるスペシャルトレーラー

竹内結子×橋本愛「残穢」、音楽が恐怖をあおるスペシャルトレーラー

竹内結子と橋本愛が初共演したミステリー映画「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」のスペシャルトレーラーが完成。8人組バンド「和楽器バンド」が手がけたイメージソング「StrongFate」が、見る者の恐怖心を掻き立てる映像に仕上がっている... 続きを読む

2016年1月13日
中村義洋監督が明かす映画製作のポリシー

中村義洋監督が明かす映画製作のポリシー

自分の部屋で響く奇妙な音について投書してきた女子大生と小説家の“私”が調査をはじめると、その地をめぐるおぞましい因縁に行き着く――。小野不由美が第26回山本周五郎賞を受賞したホラー小説「残穢」を、「予告犯」や「白ゆき姫殺人事件」などで知られ... 続きを読む

2015年10月28日
竹内結子や橋本愛が耳をふさぎ意味深表情 「残穢」ポスター&予告完成

竹内結子や橋本愛が耳をふさぎ意味深表情 「残穢」ポスター&予告完成

竹内結子と橋本愛が初共演する映画「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」のポスタービジュアルと予告編が完成した。同作は、小野不由美氏の小説「残穢」を原作に、「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」などで知られ、「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリー... 続きを読む

2015年10月16日
「AKB48」岩田華怜、阿部サダヲ主演作で時代劇初出演!瑛太&妻夫木聡と共演も

「AKB48」岩田華怜、阿部サダヲ主演作で時代劇初出演!瑛太&妻夫木聡と共演も

「AKB48」の岩田華怜が、阿部サダヲ主演の時代劇映画「殿、利息でござる!」に出演していることがわかった。時代劇初挑戦となる岩田は、撮影を「初めての時代劇のカツラも新鮮でしたし、何より着物での作法が難しく、勉強になることばかりでした」と振り... 続きを読む

2015年10月3日
女優復帰の朝倉あき、実写映画初主演で「少しテンション上がっています」

女優復帰の朝倉あき、実写映画初主演で「少しテンション上がっています」

女優の朝倉あきの実写初主演作「ハロウィンナイトメア」が9月12日、東京・渋谷のユーロスペースで公開初日を迎え、朝倉をはじめ、五十嵐令子、中西哲也、布施紀行、寺内康太郎監督が、同館で行われた舞台挨拶に立った。高畑勲監督が手掛けた「かぐや姫の物... 続きを読む

2015年9月13日
竹内結子&橋本愛の腕に黒い手跡 ミステリー作「残穢」ティザービジュアル完成

竹内結子&橋本愛の腕に黒い手跡 ミステリー作「残穢」ティザービジュアル完成

竹内結子が主演し、橋本愛と共演したミステリー映画「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-」のティザービジュアルが、このほど完成した。奇妙な“音”から始まった事件と、その背後に隠された謎を描く本作。耳をふさぐ竹内と橋本の腕に、何者かの黒い手跡... 続きを読む

2015年7月16日
竹内結子“怖すぎるホラー”で橋本愛と初共演!中村義洋監督とは5度目のタッグ

竹内結子“怖すぎるホラー”で橋本愛と初共演!中村義洋監督とは5度目のタッグ

女優の竹内結子が、小野不由美氏の山本周五郎賞受賞作を、中村義洋監督のメガホンで映画化する「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-」に主演し、若手実力派・橋本愛と初共演を果たしていることがわかった。第26回山本周五郎賞に輝いた原作「残穢」(新... 続きを読む

2015年6月20日
生田斗真「ホンマええ作品やで!」主演作「予告犯」引っさげ道頓堀に出現!

生田斗真「ホンマええ作品やで!」主演作「予告犯」引っさげ道頓堀に出現!

俳優の生田斗真が6月1日、大阪・道頓堀で行われた主演映画「予告犯」のキャンペーンイベント「予告やん!」に出席。共演者の戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々とともに、映画仕様に装飾された“シンブンシ船”の船上でトークショーを行った。この日、... 続きを読む

2015年6月2日
生田斗真、アナウンス教室通いを決意!?「弟フジテレビですけど」

生田斗真、アナウンス教室通いを決意!?「弟フジテレビですけど」

俳優・生田斗真主演作「予告犯」の男子だらけの“予告飯”クッキングイベントが5月12日、都内のスタジオで行われ、生田をはじめ共演の鈴木亮平、荒川良々、濱田岳が出席。4人が劇中で演じた“シンブンシ”一味のメンバーが大のカレー好きであることから、... 続きを読む

2015年5月12日

松竹・東宝の15年2月期決算、映画・映像事業貢献し高業績

松竹と東宝が2015年2月期決算短信(連結)を発表し、ともに映画・映像関連事業などの好業績が全体の高実績に寄与した。松竹の売上高は前年同期比1.0%増の898億0600万円で、純利益は41億8000万円(同3.7%増)と大幅増益なった。その... 続きを読む

2015年4月22日
東日本放送、松竹と初タッグ 中村義洋監督メガホンで「穀田屋十三郎」を映画化

東日本放送、松竹と初タッグ 中村義洋監督メガホンで「穀田屋十三郎」を映画化

東日本放送(KHB)は、10月1日に開局40周年を迎えることを記念し、劇場映画を松竹と共同で製作することを決めた。KHBによる映画製作はこれが初となる。作品は、「武士の家計簿」の原作者・磯田道史氏の著作「無私の日本人」(文藝春秋)の一編「穀... 続きを読む

2015年4月6日
新宿ピカデリー、第1回デートムービー賞発表

新宿ピカデリー、第1回デートムービー賞発表

2014年度の年間観客動員・興行収入がともに全国1位の新宿ピカデリー(松竹マルチプレックスシアターズ経営)で、女子による映画生活提案サイト「トーキョー女子映画部」が部員292人の投票によるデート向き映画ランキングを発表した。1回目の「DAT... 続きを読む

2015年3月13日
綾野剛 キネ旬ベスト・テン主演男優賞「そこのみにて光輝く」は「ドSな作品」

綾野剛 キネ旬ベスト・テン主演男優賞「そこのみにて光輝く」は「ドSな作品」

「第88回(2014年)キネマ旬報ベスト・テン」の表彰式が2月7日、都内のホールで行われ、綾野剛、安藤サクラ、小林聡美、池松壮亮ら受賞者が出席した。綾野は「そこのみにて光輝く」、「白ゆき姫殺人事件」の2作で主演男優賞を獲得。「そこのみにて光... 続きを読む

2015年2月7日
第38回日本アカデミー賞「ふしぎな岬の物語」が最多13部門受賞

第38回日本アカデミー賞「ふしぎな岬の物語」が最多13部門受賞

第38回日本アカデミー賞は1月14日、正賞15部門各優秀賞および新人俳優賞を含む正賞外賞を、東京・グランドプリンスホテル新高輪で発表した。優秀作品賞は、「永遠の0」「紙の月」「小さいおうち」「蜩ノ記」「ふしぎな岬の物語」の5作品が選出。なか... 続きを読む

2015年1月14日
「白ゆき姫殺人事件」の作品トップへ