「すべては○○でした」トランス eigalさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「トランス」 > レビュー > eigalさんのレビュー
メニュー

トランス

劇場公開日 2013年10月11日
全59件中、54件目を表示
  •  
映画レビューを書く

すべては○○でした

開始10分くらいで、場内にネタが分かったのかもしかしたら2回目鑑賞の人
だったのか大きなあくびを連発する人がいて非常に不愉快だった。
そうゆうマナーはいくら謎が分かったとしても気を配って欲しいものだ。

主人公サイモンが襲われて記憶を無くしてしまい、催眠療法(トランス)を使って隠した絵の場所を探そうとする話。

結末は書きませんが、催眠療法をしているシーンの演出、映像の作り方は
「あ、これは催眠療法の中だ」ということがよく分かりました。
最初「あれっ?絵はどこ行ったんだ?」って思ったし、
この話はどうなって行くの?と思わされてそれは、
催眠療法で少しずつ記憶が取り戻されて行って
けどそれと同時にあることも判明していって
ダニーボイル上手いです。

次はどんな作品が出てくるのだろう。

eigal
さん / 2013年10月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報