ハケンジコウ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

近未来の日本、超管理社会を舞台に人材派遣社員の活躍を描くSF映画。ネット向けの15分の現代劇を70分を超えるSF作品としてリテイク。監督は「姦C」の遠藤一平。主演に「台風クラブ」の大西結花。ほか、「戦国自衛隊」の中康次らが出演。

2007年製作/日本

ストーリー

2030年、イヤコン(イヤー型パソコン)による人類の電脳化か進んだ超管理社会となった日本が舞台。そんな中、ウィズは現在と変わらず、アナログな精神を忘れずに人材派遣の大手として大躍進、大企業として国家の事業を担うまでに成長していた。そんな中、一発の銃弾から物語は急速に展開する。難航する捜査を解決すべくハケンされてきたのは、元特殊公安捜査予備隊に所属していたSESS(超能力)捜査官、犬養毅子(大西結花)。かつての上官、五十嵐警部(中康次)との再会の余韻もさめやらぬまま、事件は混迷を極める。果たして真犯人は誰なのか? そして毅子と五十嵐に秘められた過去へといつしか物語は遡ってゆく……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る