「まじめにふざけてる」謝罪の王様 奏枝さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「謝罪の王様」 > レビュー > 奏枝さんのレビュー
メニュー

謝罪の王様

劇場公開日 2013年9月28日
全133件中、8件目を表示
  •  
映画レビューを書く

まじめにふざけてる

この映画正気で観た人いるんですか?

私は常日頃から「まじめにふざける」を徹底して生きています。だから楽しかったし好きです。なんでもねぇ、内容が無いよう〜な話が、わちゃわちゃ〜でわちゃ。いいじゃないですか、何ストーリー性とかメッセージ性とか探してんの。

それでもラストは、つまんないとか、内容無いなぁとか、なんじゃこりゃとは思わなかった。
「あなた何も悪くないでしょう」は、心にぐっときました。
誰に、何を、謝ってほしいのか。
接客業やってて思うんですが、敬語を正しく使うことも、お客様の失礼になるから、とか、恐れ入りますが、失礼致しますが、とかほんとは向こうだって何も気にしてないって知ってて言ってます。私も「アナタナニモワルクナイデショウ」って言われたい。それだけで涙出るほど救われるんですよ。

私はクドカンの頭の中わかっちゃったな。どーせあの最後のシーンを、色んな俳優にやらせたかっただけでしょう。
そこに持っていくまで、話をつなげるまでの展開を見てると、なんだか演劇っぽいな〜、と。
演劇の脚本だったら好きだな私。所々に畳み掛ける笑い。小劇場とかアトリエとかで見たいですね。
演技に関してあんまり気になるところがなかったのも良かった気がします。

奏枝
さん / 2018年12月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報