何かが壁を越えてくる

何かが壁を越えてくる

解説

プロデューサーや脚本家として多くのヒット作に携わり、2011年に「見えないほどの遠くの空を」で初メガホンをとった榎本憲男の短編監督作。お笑いコンビのレイラとエイミは、マネージャー兼漫談師の大崎が運転する車で地方の公演会場へと向かう。自分たちのネタが田舎では受けないと思い込んでいるレイラと、その地方で噂される幽霊に怯えるエイミだったが……。12年・第25回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門で上映(「あれから」との2本立て)。

2012年製作/35分/日本

スタッフ・キャスト

監督
エグゼクティブプロデューサー
戸苅礼美
プロデューサー
榎本憲男
内藤諭
脚本
榎本憲男
撮影
古屋幸一
録音
臼井勝
編集
石川真吾
山崎梓
音楽
真田晴久
川原伸一
テーマ曲
安田芙充央
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く