鎖骨の下の

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

不確かな生の時空の中で、自分が生きている証拠を鎖骨の下の傷に見出した女性を描く短篇。監督・脚本は多摩美術大学出身の映像作家・荒牧亮子。撮影を「新世紀アートアニメーション/玉蟲少年 A CLOCK INSECT」の岩井天志が担当している。尚、本作は特集上映『荒牧亮子の映画世界』の中で公開された。イメージフォーラム1999一般公募部門審査員特別賞、2000年釜山アジアン・ショートフィルム・フェスティヴァルAsian Gaze award受賞作品。16ミリ。

あらすじ

誕生と死去だけが確かなもので、その間にある果てしなく儚い時空ほど不確かなものはない。愛なんて見たことも触れたこともないし、23年間呼ばれ続けた名前もそれが自分とイコールなのか疑わしい。そんな中、私の鎖骨の下にある傷だけは確かな存在だ。その傷を恋人のように思っていた私。だがある日、過って瘡蓋を剥がしてしまうのだった。

2001年製作/22分/日本
原題:L, Amant Au-Dessous De Ma Clavincule
配給:自主

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く