明日の夢があふれてる

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「現代金儲け物語」の菅野昭彦と「裸一貫」の小林久三が共同でシナリオを執筆「さまざまの夜」の番匠義彰が監督した青春もの。撮影は「残菊物語(1963)」の厚田雄春。

1964年製作/81分/日本
配給:松竹

ストーリー

浅草の六区でのれんを誇る天ぷら屋「天勝」は、看板娘鮎子が、采配を振っていた。父の金助は会合好き、兄の宏は、大学よりも落語に夢中。そこで、鮎子が自然板前の金さん、見習の三津田明と店をきりもりするはめになったのだ。ある日、晴着姿で明と一緒に観音様にお参りに行った鮎子は、貿易会社の青年社長遠藤一郎が運転する乗用車に泥をはねられ、くってかかった。数時間後、ガソリンスタンドを経営する仁木哲也に誘われた一郎は、鮎子の店に入って来た。思わずはっとした二人だが、哲也の紹介も終らぬ間に、鮎子はふくれてしまった。一方金助は、明の母伊沙子が働いている小料理屋芳村に、せっせと通っていた。勿論めあては伊沙子だが、一郎の父の道平も、伊沙子に店を持たせようと言いより、二人は犬猿の仲となった。宏は、社長が落語づきと聞いて、勇んで出かけた入社試験に失敗して、やむなく店の手伝いをすることになった。そんなある日、明の幼友達の千恵子こと、チコが家庭の事情から田舎に帰ることになった。鮎子の好意で、故郷に帰った明は、チコの実家を訪ね、チコの母たねからチコが、宇都宮に養女に行くことになったと聞かされ、落胆して、東京に帰った。わけを聞いた伊沙子は、二人だけの店を持とうと励ますのだった。その頃宏は、天ぷら屋の修業に渡米することが決り、有頂天であった。数日後、哲也は昔の恩人秋田玩具の社長秋田米造を訪ね、娘ナナ子から、秋田玩具が倒産寸前であり、玩具発明家小泉のリモコンカーのパテントが手に入らなければ倒れると聞かされた。哲也に応援を求められた鮎子は、一郎に協力を求め、一度は断られたものの、遂に乗っ取りの犯人営業部長の東野とバーのマダム冴子をあげて、二人はすっかり仲良しとなり、一郎にパテントは買われて、秋田米造に提供された。明も、チコを呼んで新しい店を手伝ってもらうことになり、板前修業に励んだ。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る