斬る(1962)

劇場公開日:

解説

柴田錬三郎の原作から「裁かれる越前守」の新藤兼人が脚色、「座頭市物語」の三隅研次が監督した剣客もの。撮影は「三代の盃」の本多省三。出演は「「破戒(1962)」」「中山七里」の市川雷蔵、「破戒(1962)」の藤村志保、他。

1962年製作/71分/日本
原題:Destiny's Son
配給:大映

ストーリー

高倉信吾は小諸藩士である養父の高倉信右衛門の許しを得て、三年間の武道修行に出た。やがて三年の歳月が流れた。信吾の帰りを最も喜んだのは義妹の芳尾だった。信吾は藩主牧野遠江守の求めにより、水戸の剣客庄司嘉兵衛と立会った。信吾は“三絃の構え”という異様な構えで嘉兵衛を破った。数日して、下城中の信吾は、信右衛門と芳尾が隣家の池辺親子に斬殺されたという知らせをうけた。池辺義一郎は、伜義十郎の嫁に芳尾を望んだが、断わられこれを根にもってのことであった。信吾は池辺親子を国境に追いつめて討った。その時、信吾は自分の出生の秘密を知った。信吾の実母は山口藤子という飯田藩江戸屋敷の侍女で、城代家老安富主計の命をうけて殿の愛妾を刺したが、処刑送りの駕籠から彼女を救った長岡藩の多田草司と、一年を送ったのち生れたのが信吾だった。それから藤子は捕えられたが、彼女を斬る役が多田草司だった。信吾は遠江守から暇をもらって旅に出た。その旅籠で、信吾は、二十人もの武士に追われている田所主水という侍から、姉の佐代を預ってくれと頼まれた。しかし、佐代は主水が危くなった時、自分を犠牲にして主水を逃がした。彼女の崇高な姿にうたれた信吾は、彼女を手厚く葬った。江戸に出た信吾は、千葉道場主栄次郎と剣を交えたが、その技の非凡さを知った栄次郎は、幕府大目付松平大炊頭に彼を推挙した。大炊頭に仕えて三年、信吾はその大炊頭の中に、養父信右衛門の慈愛に満ちた面影をみるようになっていた。文久元年、世は尊王攘夷の嵐に狂っていた。中でも水戸はその急先鋒であった。大炊頭は水戸藩取締りのため信吾を伴って水戸へ赴いた。水戸へ着いた時、大炊頭を襲う刺客の中に庄司嘉兵衛があったが、その嘉兵衛も信吾に倒された。あすは江戸へという水戸最後の日、城内に入った大炊頭と信吾は、先祖の命日焼香のためというので両刀を取上げられ、仏間と控えの間に通された。仏間には刺客が待っていて大炊頭はあっという間に騙し討ちにあった。危機を直感した信吾は、床の間の梅一枝を持って刺客を倒し、仏間にかけつけたが、大炊頭はすでに絶命していた。今はこれまでと信吾は、静かに切腹の用意をするのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

3.5不思議な体験

あしたさん
2021年11月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

バシバシとテンポの良い編集が2021年の我々が初見で観ると新鮮。
画もどのカットも決まっていて目が嬉しい。
ストーリーなど飾りですよ、と当時のひとも云っていたのではないか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あした

3.04Kデジタルリマスター版で鑑賞

ちゆうさん
2021年11月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

女性の美しさ、刀の妖艶さ、雷蔵の色気に満ちた作品です。

目を奪われるような色彩感覚は素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ちゆう

4.5眠狂四郎の原形がここに始まっています

あき240さん
2020年3月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

傑作です
冒頭から異常な緊迫感が終盤まで続いていきます
新藤兼人の脚本は見事な構成です
まるで研ぎ澄まされた剣のように無駄がないのです

時代劇と言えばチャンバラ
本作はそのチャンバラそのものに焦点が当てられています
しかし剣劇ではなく、その刀のもたらす鋭さそのものを描いています
市川雷蔵の殺陣は正直甘く感じます
しかし、中盤以降のニヒルな演技はそんなことをどうでもよいことだと言い切れる凄さです

明らかに眠狂四郎の原形がここに始まっています

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

2.5無常観

散歩男さん
2019年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

62年大映。市川雷蔵主演。三隅研次監督作。タイトルから受ける印象とはかなり違った内容。

まずOPから度肝を抜かれる。71分という短さゆえか展開が早い早い。そのリズムが現在の映画とはかなり異なる。映画文法からして違うという印象。音楽もかなり奇妙だが耳に残った(当事の流行か?)

市川雷蔵のなんとも形容しがたい色気。そして不条理とも言える物語。それゆえか妙に印象に残る映画である。日本映画はこういう無常観を観るという文化があるのだねえ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「斬る(1962)」以外にこんな作品をCheck-inしています。