サムライの子

劇場公開日:

解説

山中恒の原作から「キューポラのある街」の今村昌平が脚色、「何もかも狂ってやがる」の若杉光夫が監督した社会ドラマ。撮影もコンビの井上莞。

1963年製作/93分/日本
原題:A Modern Samurai Village
配給:日活

ストーリー

北海道の片田舎に住んでいる田島ユリは、突然同じ北海道でも大都会へ引越せると聞いて躍り上がった。だがふに落ちないのは父親のことだ。父の太市は数年前女房をなくしてユミを他人の家へ預け、貧乏な屑屋をしていたが、今度突然大都会の市営住宅へ移転するというのだ。案の定、移転先は"サムライ部落"と呼ばれるボロ長屋だった。人々は屑を拾って生活しているのだ。ユミはそこで新しい母親と弟を紹介され、暗い気持になった。母親は父と一緒に酒を飲むような女だったし、この集落全体が無気力な流れ者の集りで、世間からも白眼視されていたからだ。学校でも同じこと、この集落の住民だというだけでユミは肩身のせまい思をした。そんなユミをはげますのは、女子高校生の石川恵子と受持の町田先生だ。この集落にもけなげな人間がいる。将来二人の家庭を持とうと働いているマキタとヒロ子だ。彼等もユミを可愛がってくれた。その頃、"サムライ部落"に一大事件が起った。ノブシと呼ばれる放浪者の群が、市役所の処置で集落に追い込まれたのだ。集落の住人たちは彼等を警戒したが、ユミはノブシの女の子ミヨシと友達になった。ミヨシたちは学校へも行けないのだ。そんなある日、ユミの父は競輪で十万円儲けた。ここを出ようと勢込む太市は、皆を集めてドンチャン騒ぎ、朝になったら二万円も残ってなかった。そんなことでけんかをする父母。母はユミ以下子供を連れて追い出された。橋の下で住むようになったユミは学校へも行かれなかったが、それでも母を助けて元気に働いた。そこへ、すっかり真面目になった太市が迎えに来た。リヤカーを引いて元気に働く父をみて、ユミはうれしくて大声に笑うのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

3.0廃品回収業

2021年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

日本がまだ貧しかった頃、小樽で廃品回収業、要するに屑屋を営み、バラックに住む親子の物語。
屑屋は差別されており、"サムライ"と呼ばれていた。
製作が昭和38年、日本人は生きることに一生懸命だった。
かすかに記憶に残る時代で、少し蘇り、ほろ苦かった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全1件)

他のユーザーは「サムライの子」以外にこんな作品をCheck-inしています。