痛快太郎

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「俺たちに太陽はない」の池田博が自らの脚本をもって監督するアクション・コメディ。撮影は「鑑賞用男性」の中島信雄。

1961年製作/65分/日本
配給:松竹

ストーリー

大友太郎は、大友コンツェルンの会長虎之助の一人息子である。彼はナイトクラブの歌手ピンキイ・山下に首ったけで、見合いをさせようという虎之助の意見など聞こうともしない。遂に勘当のうきめにあった。金の切れめが縁のきれめでピンキイにはふられるし、なじみの芸者ぽん太にまで素気なくされ、おまけに住んでいたアパートまで坦保にとられる始末だった。あばれた太郎は警察に留置され、弁護士の尽力で釈放されたが、大男に脅かされ宣伝カーに放りこまれた。荒野に置き去りにされた太郎は、盲滅法に歩き、やがて娘に出会い、東京のチベット地帯であることを教えられた。娘は晴子といい、猟師の金作爺さんとの二人暮し、附近のダム工事場で飯場の手伝いをしている。太郎はその家に世話になることになった。一方、虎之助は東京附近の山中にダムを建設中なのだが、その工事計画が三急電鉄のバス道路建設地と重なってシノギをけずっている最中だった。太郎は山裾の酒場で、亀と飲みくらべをしていたが、殺し屋の熊たちに喧嘩を売られた。彼らはバス道路工事の兼政組の作業員である。兼政組と乱闘となった。翌日、亀が行方をくらました。彼は兼政組のスパイだったのだ。太郎は自分の働いている所が父の会社のダム工事場であるのを知った。金作爺さんは虎之助の古い部下で、太郎がここに連れ出されたのも親心の計らいだったのである。太郎は兼政組になぐりこみをかけた。ところで晴子は丸菱商事の社長令嬢で、太郎の見合いの相手だった。今では太郎を愛している晴子は、太郎をだましているのが辛くなった。太郎は亀を捕えて虎之助に渡し、晴子を抱きしめた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る