俺らは空の暴れん坊

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「十七才の逆襲 俺は昨日の俺じゃない」の寺田信義の脚本を、「東から来た流れ者」の和田篤人が監督した航空ドラマ。撮影は「十七才の逆襲 俺は昨日の俺じゃない」の内田安夫。

1961年製作/74分/日本
配給:ニュー東映

ストーリー

浜松航空基地にはヘリコプター救難航空隊がある。ある日、大村浩三が転属してきた。彼はジョンソン基地の飛行幹部で、飛行時間一千時間、ヘリコプター五百時間の経験を持っていた。浩三の入隊後、村田洋子という若い女性が基地の食堂に勤めることになった。浩三の底抜けの明るさと、粗野な言動は隊員たちの反感を買った。特に門原二尉の彼に対する憎悪は激しかった。浩三は救難の仕事に科学的処理を主張し、門原と対立した。洋子は浩三と会うたびに口喧嘩はするものの、いつしか恋心を抱くようになった。ある日、門原に恋人の春江が面会にきた。規律一点張りの彼は面会を拒否した。暴風雨で漁船が遭難した。緊急出動した浩三と吉田三尉は、機体の故障に気づき基地に引返えした。船員は死んだ。隊員の非難は浩三に集中した。苦しむ彼を洋子が励ました。そして浩三の父が以前救難隊の到着が間にあわず海で凍死し、それ以来彼が救難隊を志願したことを知った。春江から門原に絶縁の手紙がきた。天竜川附近でジェット機遭難の報が入った。浩三の捜索機が発進した。遭難機を発見、綿密なデータを集めて基地に戻った。春江のことで気が転倒し、酒気を帯びた門原が、無暴にもヘリコプターで出発した。現場上空から篠田降下員が降下、パイロットの手当を行った。門原は夜明けを待って救出に成功した。が、作業中失神した門原は断崖に落ちた。基地から浩三が飛立った。決死の救出作業、門原は助かった。基地では駈けつけた春江と洋子が手をとりあって喜んだ。自分の非を認めた門原を乗せた浩三のヘリコプターは、基地に向けて急行した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る