不良番長 骨までしゃぶれ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

“不良番長”シリーズ16作目。今回は、数億円の密輸ダイヤをめぐって、カポネ団と暴力団と神出鬼没の女番長三人娘そして謎の女と四ツ巴の争奪合戦が繰りひろげられる。脚本は「昭和極道史」の松本功と山本英明の共同執筆、監督は「不良番長 一網打尽」の野田幸男、撮影も同作の山沢義一がそれぞれ担当。

1972年製作/88分/日本
配給:東映

ストーリー

暴力団大東睦会会長・大竹の妾の人気タレントを恐喝して、仲間のリーチを殺されたカポネ団・リーダーの神坂、キック、ロック、サックはリーチの供養と組織への仕返しに、天草五郎からの情報により見事三億円のダイヤモンド横領に成功した。ところがこのダイヤを狙って大東睦は勿論、ビーバー、バンビ、お蝶の女番長三人娘と、謎の女奈美に追われる破目となった。カポネ団は九州に逃亡。五郎の旧友で熊本に住むダイヤ細工師の鉄男に、ダイヤを売り裁くべく交渉するが断われてしまった。一方、大東睦会は、大竹自ら熊本に乗り込み、兵隊を大増員してきた。カポネ団の窮地を救ったのは、以前知り合ったバスガイド・月子の父で槍術の名人・太郎左衛門であった。月子は鉄男の恋人で、神坂たちを天草へと逃がせてくれた。しかし、何処へ行っても神坂たちの前に現われる奈美を不信に思った神坂は、奈美を腕力で白状させようとしたが、逆に柔道で投げ飛ばされてしまった。やがて、神坂たちは大東睦会の捜査網にひっかかり、ダイヤを強奪され海岸に逆さ十字に処されてしまった。ところが、彼らを助けたのが思いがけなくも奈美であった。このまま引き下がるわけにはいかない。阿蘇のハイウェイで大竹たちをとらえた神坂たちはオートバイを突走らせ、ダイヤを再び手中に入れた。逃げるカポネ団。追う大東睦会。オートバイからロープウェーに飛び移り、そして阿蘇山頂へとなだれ込む激しい追跡戦が展開されるうちに、サック、ロック、キックが倒れていった。悪戦苦闘の末、噴火口にたどりついた神坂、五郎を待っていたのは大勢の部下を従えた婦警姿の奈美だった……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る