アタックNo.1 涙の回転レシーブ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

浦野千賀子原作のまんが映画。斉藤次郎が脚色、岡部英二と黒川文夫が共同演出。作画監督は竹内留吉が担当。

1970年製作/59分/日本
配給:東宝

ストーリー

アタック・コンビ鮎原こずえと早川みどりの富士見学園と四天王を擁する浜紀中学が合併することになった。でも、四天王の勝手なふるまいは当然チームワークを乱しはじめた。こずえとみどりは彼女らに対抗するために、大学バレー部の合宿に参加し、左手でのアタックと変化球サーブを会得して、帰ってきた。やがて、こずえの努力でチームワークも固まり、全国選手権大会を迎えた。アタックコンビの活躍で勝ちつづけた富士見学園は、回転レシーブの名手、垣之内良子の福岡中学と優勝を争うことになった。試合は予想通りの大熱戦、最終セットも十五対十五の大詰めを迎えたが、こずえとみどりの秘密作戦が見事に功を奏し、栄冠は富士見学園の上に輝いた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る