黒薔薇夫人

劇場公開日:

解説

夫に激しい性行為を強いられた妻が、次第に快感を抱いていく姿を描く、団鬼六原作の同題名小説の映画化。脚本は「教師女鹿」の桂千穂、監督は「肉体の門(1977)」の西村昭五郎、撮影は「女教師」の前田米造がそれぞれ担当。

1978年製作/72分/日本
配給:にっかつ

ストーリー

ブルターニュから帰国し、羽田空港で夫・耕作とその秘書・津村に迎えられた南原沙織は、翌朝、高層マンションの一室で目をさました。その部屋には、津村のほかに新聞記者の田山という男もいた。田山は沙織を緊縛し、愛撫を続ける。数日後、南原邸に鉄製の檻が運びこまれた。耕作は田山と沙織の痴態の写真を彼女につきつけると、田山や津村らを呼び出し、彼女を裸にした。檻にいれられた沙織は、耕作らに激しく責められる。緊縛された沙織も、いつしか性の虜と化し、果てしない快感にひたるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る