順子わななく

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

下町を舞台に、過去の男への思いを捨てきれずに彷徨する女の姿を描く。脚本は「団鬼六 〈黒い鬼火〉より 貴婦人縛り壷」のいどあきお、監督は「先生のつうしんぼ」の武田一成、撮影は「16歳・妖精の部屋」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

1978年製作/75分/日本
配給:にっかつ

ストーリー

宮子は、父親の知人であった北島トヨの家の二階に間借りしていた。トヨは気の強い女であったが、どこか影のある宮子の面倒をよくみてくれた。ある日、昔別れた辰吉の消息を源二から聞きだした宮子は、上野のある寿司屋に向かう。小窓の隙間から中を伺う宮子の目に、いきりたつ体をぶつけ、信江を攻める辰吉の姿が写った。辰吉を忘れられない宮子は、夕暮れの隅田川畔に佇み、むなしさと苛立ちのあまり、いい寄ってきた中年男を思いっきり殴ってしまうのだった。夜のネオン街をさまよう宮子は、自暴自棄になり、酒場で知り合った男に抱かれ、辰吉の面影を追い続ける。辰吉への思いを清算しようと決意した宮子は、彼の店を訪ね、自分を抱いてくれと哀顔する。辰吉の腕の中で、宮子は昔の下町を思い出す。走馬燈のように宮子の脳裏をかすめる昔の辰吉の姿。二人の後をつけて来た信江は、安宿の前で辰吉が出てくるのを待っていた。辰吉の姿をみつけ、泣き崩れる信江を、辰吉は優しく抱き寄せる。遠ざかる二人の姿を見送る宮子の目に涙が潤んでいた。浅草の節分会で、坂田に励まされた宮子は、辰吉の面影をふりきって生きる事を決意する。何もかも忘れ、無心に豆を拾う宮子の姿を、坂田は優しく見守るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る