劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

映像集団エラン・ヴィタルが「咽び唄の里 土呂久」と並行して製作した短編記録映画。いままで日本では、塩は流下式塩田で製造されてきた。しかし、この半自然的な方法だとコストが高くなるということから、政府は昭和47年に塩田を全面的に廃止し、以後塩はイオン交換樹脂膜法という化学的な方法で作らねばならぬということにしてしまったのである。この方法で作られた食塩には微量ではあるが合成樹脂から出るフタル酸エステルが含まれていて、動物実験によればこれは奇型児誕生の原因となる有毒物質なのである。「塩」のスタッフは、荒れはてた塩田、旧式の製塩方法が残されている土地、現在の製塩工場を訪問して、イオン交換樹脂膜法による製塩に疑問符をつきつける。カメラは、アリフレックスと一部でキャノン・スクーピックを使用。録音機は、ソニーのカセット・デンスケ。同時録音にはなっていない。約三時間分のフジ・フィルムを使用。撮影期間は、50年8月~51年2月。撮影地は、香川県坂出市と兵庫県赤穂市と岡山県児島市にある塩田跡、石川県に残っている古式の揚浜式塩田、ニガリを入れた天塩を作っている赤穂市の赤穂化成の工場、それに岡山県牛窓町にある綿海塩業の最新式の製塩工場である。(16ミリ)

1976年製作/25分/日本

ストーリー

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
企画
平櫛賢治
製作
里中哲夫
工藤正彦
撮影
山崎明
谷口章一
撮影協力
文平基哲
音楽
小島佳男
編集
岸博明
山本きよみ
助監督
堀江安夫
坪井雅一
スチル
細谷修身
ナレーション
剣持伴紀
全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る