僕は腕を折った

劇場公開日:

解説

映画製作者集団KIMの第一回作品。KIMは、映画製作の分業化に反対し、独自の方法で映画を共同製作する異色の集団。音楽は“なつやすみ”(竹下祐子、安岡敦子、幸田実)が担当、オリジナル曲「まつり・夏」が挿入されている。(16ミリ)

1975年製作/30分/日本
配給:日活

ストーリー

サッカーの選手であった高校生の一樹は、試合中に右腕を折ってしまった。そんなある日、彼はセーラー服の少女・直子と知り合う。二人は公園で会い、自転車に乗り、修学旅行ゴッコをし、新宿の歩行者天国を歩き、神社の階段で教科書を破る。そして海。二人はバスケットから腕のギブスを二つ取り出し、海にほうりこむ。崖から飛びおりた一樹と直子は、どぶ川のほとりで手をつなぎ合い、死んでいるのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く