実録ジプシー・ローズ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本のモンローと呼ばれ、幅広いファンを熱狂させた踊り子ジプシー・ローズの神秘なヴェールで包まれた私生活を描く。脚本は大原清秀、監督は「団地妻 昼下りの誘惑」の西村昭五郎、撮影も同作の山崎善弘がそれぞれ担当。

1974年製作/76分/日本
配給:日活

ストーリー

ジプシー・ローズは、昭和10年、九州、久留米に生まれた。ローズが小学生のころ、太平洋戦争が終り、満州で芸者をしていた、という腹違いの姉が引き揚げてきた。ローズの母が死んでからは、この姉の世話になった。昭和24年、14歳のころに、長谷川一夫の新演技座のショーチームが博多にやってきた。ローズは、その魅力に惹かれ、姉の励ましもあって、チームとともに上京し、一座の小道具主任の家においてもらいながら、浅草の舞台に出るようになった。やがて、ストリップ演出の元祖ともいわれる正邦乙彦に認められて、徐々にローズの踊り子としての才能がひき出されていった。正邦の存在はローズにとって、マネージャーであり、演出家であり、教師であり、そして恋人でもあった。常盤座、金竜館、浅草公園劇場、横浜オペラ館など、ローズの出演する舞台は広がり、昭和27年~28年ごろ、東劇バーレスクに出演したジプシー・ローズの名は、ストリップの女王の誇りを欲しいままにした。ローズ独得のグラインドが、世の男たちを興奮の虜にしたのだ。ところが、ある日、東劇で「シェーン」の特別試写会に皇太子が臨席することになったのだが、その御召し車を、東劇と間違えて東劇ハーレスクの入口に着けてしまった。その入口には、ローズが股をひろげた写真が飾ってあった。大谷社長は、大いに恐縮して、以後、東劇バーレスクでのストリップ興行を中止してしまった。この事件は、ローズにとって大きな衝撃であり、彼女の挫折の初まりとなった。やがて、昭和32年ころから、ローズのドサ廻りが始まり、酒びたりの日日がつづいた。そんな彼女にとって、正邦が唯一の頼りだった。しかし、ドン底の悲哀に自殺未遂などをおかした後、山口県防府市にてバーを開いた。和服を着たローズは、とても良いママとなった……。昭和42年、ジプシー・ローズは突然心臓麻痺で、32歳という若い生涯を終えた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「実録ジプシー・ローズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。