宝島:トレジャー・アイランド

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世紀末の台北を舞台に、悲劇的な事件に巻き込まれた青年の姿を描く。監督は映画評論家出身で、「国中女性」で監督デビューしたチェン・クォフー、脚本はクォフーと、テレビ・舞台の脚本家として活躍してきたチェン・シーチェ。製作総指揮は「戯夢人生」のホウ・シャオシエン。製作はチャン・ホアクン、企画はジャン・ホンジー。撮影はMTVを数多く手掛けてきたチャン・ターロン。編集は「クー嶺街少年殺人事件」のチェン・ボーウェン。録音はトゥ・ドゥーチー。照明はソン・ティエンシェンがそれぞれ担当。

1993年製作/105分/台湾
原題:Treasure Island 只要爲[イ尓]活一天
配給:ヒーロー

ストーリー

高度経済成長と共に頽廃を極めた二〇世紀末台北。田舎から夢を抱いて大都市・台北に出てきたフォン(リン・チャン)はKTV(カラオケ・ルーム)で働き日銭を稼ぐ生活を送っていた。彼には写真屋で働くガールフレンドのピン(トレイシー・スー)がいて、他にも親友のマギー(エイミー・リー)やポロ(デイヴィッド・ウー)、占い師の小楊らも含めてひとつのグループになっていた。ある大雨の午後、フォンは雨を避けるために何げなく立ち寄った喫茶店で、ミステリアスな雰囲気を漂わせた女・タン(ヴェロニカ・イップ)と出会う。彼女は店に日記帳を置き忘れていった。彼女のことが気になってしかたがないフォンは、日記帳を頼りにタンがある高層マンションの一室で、チャオ(ジャック・カオ)という怪しい暗黒街のボスに情婦として囲われていることを突き止める。タンの足取りを追ううち、フォンは彼女の孤独な心を理解し始め、また、チャオとの関係に疲れたタンも次第にフォンに惹かれていく。そして、空虚な心をもてあましたタンは、自分自身の偽装誘拐を思いつき決行、身代金の運搬人に指名されたフォンは、彼女のいる小屋へと向かう。チャオもこの事件がきっかけで組織に追われる身となってしまい、やむなくタンの許へ向かった。組織の追っ手が小屋を取り囲み、激しい銃撃戦となる。チャオ、タンが息絶え、彼らの屍を後に、フォンは一人去っていくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る