オードクール総長

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ロジェ・フェルディナンの戯曲を、ジャン・ドレヴィルが映画化したもので、台詞は作者フェルディナン自身が執筆、アリ・ポールが主演している。撮影はルネ・ギャヴォー、装置はR・G・キーニョンである。

1940年製作/フランス
原題:Le President Haudecoueur

ストーリー

エークザン・プロヴァンスの控訴院の検事総長オードクール(アリ・ポール)は、厳格な人物で、人びとから尊敬されると同時に恐れられていた。彼は妹(ジャンヌ・プロヴォー)を不幸にし、従弟(ジャマラ)や司祭(ロベール・ピザーニ)の忠言を退け、その上、息子ピエール(セシル・グラーヌ)の恋も認めようとはしなかった。しかし彼の家にカナダの美しい未亡人ブラウン夫人(ベティ・ストックフェルド)が宿泊するようになってから、彼の心は次第に明るさに向き、やがてブラウン夫人に恋を感じるようになった。けれども夫人には他に許嫁があった。オードクールは人を許すことを知るとともに、失恋の痛みも知るのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く