爆弾乱れ飛ぶ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

グゼレビー社が製作した映画で「王城鬼バルサモ」「マリア・マグダレナ」等の監督者として知られているラインホルト・シュンツェル氏が監督した。マリア・カムラデリ嬢、アルウィン・ノイス氏、アルバート・ベネフェルト氏等が出演している。無声。

1924年製作/ドイツ
原題:Wind-Force 9 Windstarke 9

ストーリー

サムソン兵器工場主ジョン・サムソンは娘メエベルを一人残して急死した。遺言状が紛失したので遺言状作成前の覚書を楯にとってサムソンの甥フラナガンはメエベルに結婚を迫った。其の覚書にはフラナガンとの結婚を条件としてメエベルが遺産全部を得るべき旨が認めてあったのである。しかしメエベルはフラナガンを嫌い彼の手を逃れて旅立ったが、ついに彼に捕らわれ危機に陥った。勇敢な若者が出現してメエベルは救われ亡父の遺言状をもフラナガンの手から奪取された。フラナガンは秘密に貯蔵していた火薬の爆発によって自滅した。メエベルはかの若者と共に幸福を得た。若者は亡父のお気に入りのパッターソンの息子だった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く