トウルクシブ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ロシアのヴォストーク・キノ(東方映画製作所)から生産された映画で、すべて真実の材料を用い、脚色及び監督はヴィクトル・トウリン氏が当り、撮影は南方をイエ・エヌ・スラヴィンスキー氏、北方をベ・ヴェ・フランツィソン氏が担任した。トゥルケスタンとシベリアをつなぐトゥルシクブ鉄道建設の経済的意義を主題としたものである。(無声)

1929年製作/ソ連
原題:Turksib

ストーリー

中央アジアのトゥルケスタンは全ロシアの需要を充すに足る多量の綿を生産し得る土地であったが、残念なことには文化から隔絶されているために食糧を得る途に乏しく、暑熱に喘ぐこの地に時たま貴重な水が流れて来ても彼等は綿畑よりも先に穀物畑を湿さねばならなかった。このトゥルケスタンに穀物を送ればそこの畑からは無尽蔵な綿が採れるのだ。そこで豊かに穀物の穰るシベリアとトゥルケスタンの間に一四四五キロに亘る鉄道が敷設されることになる。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く