オードレー夫人の秘密

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

十九世紀にイギリスの生んだ閨秀作家の一人M・E・ブラッドン嬢の世界的に有名な小説『オードレー夫人の秘密』は小説としては各国語に翻訳され、英米に於いては四十年間も舞台劇としての名声を持続して居る。無声。

1920年製作/イギリス
原題:Lady Audley's Secret

ストーリー

貧困で酒飲みの父マルドン大佐の娘ヘレンは、虚栄に憧れ金持の青年ジョージ・タルボーイと結婚した後、ジョージの父の厳しい反対に逢って、彼はオーストラリアの金鉱に、「財産を得なければ帰って来ない」と云残して去る。再び窮迫のどん底に陥ったヘレンはルシー・グレアムと変名してドウスン医師の家に雇われる。此処で彼女はマイケル・オードレーと云う妻を失った老齢の貴族と逢い、彼の申し出に応じてオードレー夫人と成った。その後成功したジョージが帰国して来た。困った末にオードレー夫人は様々の悪策を試み遂にはジョージを殺害しようとしたが、失敗した結果毒を仰いで死んでしまった。オードレー卿の娘アリシアと甥のロバートとは夫人の秘密を知って居る只二人であったが、死が夫人の罪を潔めた事とて、口をつぐんで何も云わなかった

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く