アルプス山の鬼

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ドイツ、アンボス映画の本邦における第二回目の封切である。山麓の一村落を背景としロイスルという男を主人公として、その地に起こる色々の出来事やその地の人々の生活を描いている。「氷原の点血」のベック氏が出演している。無声。

1921年製作/ドイツ
原題:Der Todessturz von Watzmann

ストーリー

禁猟を犯して鹿を狩っていたロイスルという男が愛人ヴロニの為に改心し、遂には主人の息子の身代りとなってウァッツマン山で惨死する。これに種々の事件を加えたるもの。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く