モンブランの怒り

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

オーストリーの山岳メロドラマ一九五一年作品。主演女優のダグマー・ロムはオスロの本年度冬季オリンピックで入賞したスキー選手でもある。総指揮はフランツ・ホフマン。脚本と監督はハラルト・ラインル、撮影ワルター・リムル、音楽はジュゼッペ・ベッチェというスタッフ。出演者はロムをはじめ、ディートマール・シェーンヘル、バルドゥル・ホーエンバルケン、オスカー・ジマら。

1951年製作/オーストリア
原題:Nacht am Mont Blanc

ストーリー

モンブランの氷河地帯で若いフィゴ中尉(D・シェーンヘル)は、阿片密輸のギャング団を逮捕しようと、部下とともに活躍していた。彼にはモニカ(D・ロム)という許婚があったが、見むきもしなかった。たまたまモニカの所に学校時代の男友達ハンス(B・ホーエンバルケン)が訪れ、二人はスキーでフィゴの所へ出かけた。だが途中モニカは足を挫き、ハンスは彼女をホテルに運んだ。夜更けまで二人が語り合ううち、ハンスはモニカに惹かれるようになったが、彼女に許婚があることを打明けられて、夜半一人ホテルを去った。その夜ホテルに殺人事件があり嫌疑はハンスにかかった。フィゴもハンスを犯人と思って追跡した。モニカは二人のあとを追い、誤って氷河の亀裂におちこんだ。フィゴとハンスは力をあわせて彼女を救助し、ハンスの殺人犯の疑いは解けたが、フィゴはハンスがモニカを愛していることを知った。二人の男は決闘に及ぼうとするが、モニカがハンスへの思慕を捨て、フィゴのもとへかえったので、すべては無事解決した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く