しのび逢い(1968)

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

リー・ロングレイとヒュー・レナードのコンビによる脚本を、この作品がはじめてというケビン・ビリングトンが監督したメロドラマ、撮影は、ジェリー・フィッシャー、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当している。出演は、「華氏451」のオスカー・ヴェルナー、新星バーバラ・フェリス、ヴァージニア・マスケル、ドナルド・サザーランド、アラン・ウェブなど。製作はデイヴィッド・ドイッチェ。

1968年製作/イギリス
原題:Interlude

ストーリー

サリー(B・フェリス)とステファン(O・ウェルナー)は、何年かぶりで、あるパーティで偶然再会した。二人は、想い出の糸に引かれるように、二人がお互の愛を埋めつくしたことのある家へ足をむけた。過ぎ去った日々が、二人の胸には去来した。--その頃、サリーは、かけ出しの新聞記者で、ステファンは、今をときめく世界的な指揮者だった。サリーが始めてステファンにあったのは、インタビューで彼を訪れたときであった。その時、ステファンは病気ということになっていたが、サリーは彼の仕事ぶりを見てその病気説が嘘だったとスクープした。そのおかげで、ステファンは、仕事につけなくなってしまった。が、そんな彼を、妻のアントニア(V・マスケル)も、親友ローレンスもなぐさめてはくれなかった。ステファンはサリーに電話をかけ、二人は会った。幾度か会っているうちに、サリーは、音楽家らしい感情の豊かさを秘めているステファンにひかれていく自分を感じ、一方、ステファンは、音楽のない空虚な心を、サリーが満たしてくれるのを感じていた。二人は人目を気にすることのない美しい港町ライへ出かけ、ユリの咲きみだれる湖畔で、古い城の庭でそれぞれの愛をたしかめあい、自然に結ばれていった。しかし、そんな二人の愛にも破局は来た。妻のアントニアが、二人の仲を気づいた時、二人の、つかの間の、しかし激しく美しかった、間奏曲のような愛の楽章は終りを告げたのだった。--二人にとっては、なつかしい部屋。が、今そこにはあの時の愛を証すものは何もなくガランとしていた。ただ、二人の心には、かすめ去った激しい愛の想い出だけが、古いシミのように残っていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「しのび逢い(1968)」以外にこんな作品をCheck-inしています。